• HOME
  • コラム
  • 金融
  • MARCHから保険業界へ就職するためには!?各大学就職データと人気企業ランキング

MARCHから保険業界へ就職するためには!?各大学就職データと人気企業ランキング

「保険業界は学歴フィルターが厳しい?MARCHでは落ちるかも」
「保険会社に就職したいけど、どこの企業が人気なんだろう」

各大学の就職データを見ると、MARCHから保険業界への就職決定者は非常に多いです。

しかし、MARCHでは学歴フィルターに引っかかると思っている方も多いでしょう。

この記事では、MARCHから保険業界への就職が難しいと思われている理由と各大学の保険業界への就職データ、保険業界の人気ランキングをご紹介します。

最後まで読めば、MARCHから保険業界へ行く自信がつき、自分が今すべ木就活対策が分かるでしょう!

1.MARCHから保険業界への就職が難しいと思われている理由

MARCHから保険業界への就職が難しいと思われているのは、学歴フィルターが原因です。

  1. 就活においてのMARCHという学歴の立ち位置
  2. 大手企業においてはMARCHの学歴は通用しない

ここから、就活においてのMARCHの立ち位置と学歴がどこまで通用するかを解説します。

(1)就活においてのMARCHという学歴の立ち位置

就職活動において、MARCH出身者の立ち位置は4番目になります。

東大・京大・一橋・東工大
早稲田・慶応・大阪大学
上智・東京理科大・地方国立大学
MARCH・関関同立
日東駒専・産近甲龍

ハイキャリアの就活においては、MARCHは確かに上位ではありません。

そのため、世間では「MARCHは就活勝ち組ではない」という風潮が強いのです。

(2)大手保険会社においてはMARCHの学歴は通用しない

特に大手企業は就職希望者が多いので、学歴を用いて足切りをおこなっている企業も少なくありません。

超大手になると、私立大学でいえば早慶大学、国立で阪大以上で学歴を絞り込むため、MARCHでは食い込めないケースもあります。

確かに超大手のかんぽ生命や外資系の「MS&MDインシュアランスグループホールディングス」などは、MARCHからでは厳しいです。

しかし、後ほど紹介する就職データにおいて、MARCH生の保険業界への就職決定数は多いことがわかります。

つまり一部の保険業界においてMARCHが学歴として通用しないため、保険業界全体で「MARCHは就職が難しい」という誤解が生じただけに過ぎません。

日本の就活と学歴の関係については、こちらの記事でさらに詳しく解説しています。

【日本は学歴社会?】データでみる就活と学歴の関係性や学歴社会への対策

2021.05.10

2.MARCHから保険業界への就職決定者は多い

MARCHから保険業界への就職決定者は多いです。

  1. 明治大学の保険会社への就職データ
  2. 青山大学の保険会社への就職データ
  3. 立教大学の保険会社への就職データ
  4. 中央大学の保険会社への就職データ
  5. 法政大学の保険会社への就職データ

実際に大学が発表している就職決定率と、就職先の保険業界の企業を紹介します。

MARCHから保険業界への就職数や内定先企業の情報を得て、自分の目指す保険会社をイメージしましょう。

(1)明治大学の保険会社への就職データ

明治大学の保健会社への就職データを発表します。

まず、2020年のデータを参照すると、就職決定率は全体で94%程度。

中でも保険会社へ就職決定した学生がかなり多かったです。

企業名人数
明治安田生命保険相互会社38名
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社27名
東京海上日常火災保険株式会社22名
日本生命保険相互会社18名
住友生命保健相互会社14名
第一生命保険株式会社12名

2021年3月卒業者は7,153名で就職者数は5,477名、保険業界に進んだのは全体の11.8%です。

つまり、就職決定者の10名に1人は保険会社へ就職しています。

(2)青山大学の保険会社への就職データ

青山大学の保険会社への就職データをまとめました。

最新の就職データによると、就職決定率は91.7%。

企業名人数
日本生命保険相互会社30名
明治安田生命保険相互会社19名
東京海上日常火災保険株式会社16名
住友生命保健相互会社14名
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社10名
東京海上日常火災保険株式会社22名
第一生命保険株式会社10名
損害保険ジャパン株式会社7名
朝日生命保険相互会社6名
SOMPOひまわり生命保険株式会社5名
大樹生命保険株式会社5名
東京海上日動あんしん生命保険株式会社5名

青山大学の卒業者の総数は4,018名で、そのうち大手保険会社へ就職したのが149名です。

全ての就職先企業の名前が開示されているわけではないので、その他保険会社・損保会社への就職者も多いと思われます。

(3)立教大学の保険会社への就職データ

立教大学の保険会社への就職データをまとめました。

全体での就職決定率は79.9%、進学が4.6%と未報告・その他が多いので、他の大学と比較するとやや低い印象です。

立教大学は、就職決定人数を発表していませんでしたが、以下の企業への就職者が多いことが分かりました。

立教大学の保険会社への就職データ

  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • 日本生命保険相互会社
  • あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
  • 明治安田生命保険相互会社
  • 三井住友海上火災保険株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • 住友生命保険相互会社

(4)中央大学の保険会社への就職データ

中央大学の保険会社への就職データをまとめました。

全体で就職者は74.5%、その中での就職決定率は98%とかなり高い数値です。

中央大学からは、以下のような保険会社への就職者が多いことが分かりました。

企業名人数
日本生命保険相互会社6名
第一生命保険株式会社5名
東京海上日動火災保険株式会社5名
明治安田生命保険相互会社6名
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社5名
アフラック生命保険株式会社2名
AIG損害保険1名

中央大学が発表したデータによると、卒業生のうち88名が保険・金融業へ進んでいます。

人数は記載されていませんが上記の表以外にも、以下のような保険会社への就職が多かったようです。

中央大学から就職決定した保険会社一覧

  • かんぽ生命保険
  • 東京海上日動あんしん生命保険株式会社
  • 朝日生命保険相互会社
  • SOMPOひまわり生命保険株式会社
  • 富国生命保険相互会社
  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • 損害保険ジャパン株式会社

(5)法政大学の保険業会への就職データ

法政大学のホームページによると、2021年5月時点での就職決定率は95.6%です。

卒業者の上位就職先を見ると、明治安田生命保険相互会社に25名との記載がありました。

その他人数の記載はありませんが、以下のような保険会社への就職決定者がいます。

法政大学から就職決定した保険会社一覧

  • あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
  • 東京海上日動あんしん生命保険株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • 日本生命保険相互会社
  • 住友生命保険相互会社

3.MARCHから内定率の高い保険業界就職先企業ランキング

MARCHから内定率の高い保険業界就職先企業ランキングを発表します。

  1. 明治安田生命保険相互会社
  2. あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
  3. 東京海上日動火災保険株式会社
  4. 住友生命保健相互会社
  5. 第一生命保険株式会社
  6. 日本生命保険相互会社
  7. 朝日生命保険相互会社
  8. 損害保険ジャパン株式会社
  9. SOMPOひまわり生命保険株式会社
  10. 東京海上日動あんしん生命保険株式会社

各大学の就職データをもとにして、内定率の高い人気保険業界の企業を紹介します。

(1)明治安田生命保険相互会社

明治安田生命保険相互会社は、MARCHからの内定率・就職希望者が多い保険会社です。

平均年収780万円と年収水準は高く、採用者の比率で女性が多いのも特徴。

MARCH出身者のOB・OGも多く、学閥的に入社後も人間関係を築きやすい職場と言えるでしょう。

企業名明治安田生命保険相互会社
本社東京都千代田区丸の内2-1-1
設立1881年(明治14年)7月9日
従業員数48,179人(うち営業職員「MYライフプランアドバイザー」37,027人)
(2021年9月末現在)
総資産42兆8,915億円 (2021年9月末現在)
平均年収780万円
平均年齢32歳
新卒採用数男性:165名
女性:680名
採用サイトアクセスはこちらから

(2)あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社は、MARCH問わず就職希望者が多い損保会社です。

メガ損保の1つであり、平均年収は659万円と高い水準。

MARCHからの就活決定者も多く、人気の企業の1つです。

企業名あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
本社東京都渋谷区恵比寿1-28-1
設立1918年6月30日
従業員数13,775名
総資産3兆7,452億円
平均年収659万円
平均年齢42歳
新卒採用数男性:115名
女性:173名
採用サイトアクセスはこちらから

(3)東京海上日動火災保険株式会社

東京海上日動火災保険株式会社は、損害保険業を中心に取り扱っている企業です。

火災保険、海上保険、傷害保険などの複数保険を提供し、100年以上の実績があります。

海外事業展開も広げており、グローバルに活躍したいMARCH生におすすめです。

企業名東京海上日動火災保険株式会社
本社東京都千代田区丸の内1-2番1号
設立1879年(明治12年)8月
従業員数17,176人
総資産9兆5,624億円
平均年収670万円
平均年齢43歳
新卒採用数632名(合計)
採用サイトアクセスはこちらから

(4)住友生命保険相互会社

住友生命保険相互会社は、国内4代生保と呼ばれる保険会社の大手です。

総合職入社であれば、30代でも年収1,000万円に達することもあり、高年収を目指す人におすすめの企業。

大手であるだけに難易度は高いですが、安定した収入を得られるでしょう。

企業名住友生命保険相互会社
本社大阪府大阪市中央区城見1-4-35
設立1907年(明治40年)5月
従業員数42,954名
総資産41兆940億円
平均年収670万円(推定)
平均年齢34歳
新卒採用数男性:99名
女性:403名
採用サイトアクセスはこちらから

(5)第一生命保険株式会社

第一生命保険株式会社は、日本で初めて設立された相互保険会社です。

4代生保のうちの1つで、採用人数も2020年度は198名とやや少なめ。

早慶上智・MARCHからの就職内定者が多く、難関ではありますが、MARCH生からも人気の保険会社です。

企業名第一生命保険株式会社
本社東京都千代田区有楽町1-13-1
設立1881年(明治14年)7月9日
従業員数54,829名
総資産600億円
平均年収949万円
平均年齢32歳
新卒採用数198名
採用サイトアクセスはこちらから

(6)日本生命保険相互会社

日本生命保険相互会社は、生命保険をメインにそれに付随する業務を行なっている企業です。

採用を人員を見ても分かる通り、女性が9割を占める会社で、女性の待遇・育休制度が整っているなど、福利厚生面の手厚さも魅力。

MARCHからの採用実績も多く、人気の保険会社です。

企業名日本生命保険相互会社
本社大阪府大阪市中央区今橋3-5-12
設立1889年7月4日
従業員数76,792名
総資産22兆4,441億円
平均年収652万円
平均年齢44.7歳
新卒採用数867名
採用サイトアクセスはこちらから

(7)朝日生命保険相互会社

朝日生命保険相互会社は、第三分野の分野の認知症専用の介護保険等に力を入れている保険会社です。

中堅生保の1つで、MARCHからの採用人員が全体の2割を占めています。

学歴フィルターはほぼないとされていますが、採用人数自体が少数のため、競争率は高いでしょう。

企業名朝日生命保険相互会社
本社東京都新宿区四谷一丁目6番1号
設立1888年3月1日
従業員数18,049名
総資産5兆5,394億円
平均年収628万円
平均年齢45.9歳
新卒採用数96名
採用サイトアクセスはこちらから

(8)損害保険ジャパン株式会社

損害保険ジャパン株式会社は、自動車やバイク保険から旅行保険など幅広い保険を提供しています。

SOMPOグループ内でもトップクラスの売り上げを誇り、グローバル展開も進め、世界30ヵ所以上に拠点がある企業です。

採用人員は200名弱と多めですが、倍率は100倍程度の人気企業であり、難関のためしっかり対策をして挑みましょう。

企業名損害保険ジャパン株式会社
本社東京都新宿区西新宿1-26-1
設立1888年(明治21年)10月
従業員数23,447名
総資産7兆3,896億円
平均年収606万円
平均年齢42.9歳
新卒採用数174名
採用サイトアクセスはこちらから

(9)SOMPOひまわり生命保険株式会社

SOMPOひまわり生命保険株式会社は、SOMPOグループホールディング傘下の保険会社です。

異業種企業と連携したサービスを行うなど、革新的な事業展開を進めているのが特徴。

採用人員のうち33%がMARCH出身者で最も高い割合を占めており、MARCH生も比較的狙いやすい保険会社です。

企業名SOMPOひまわり生命保険株式会社
本社東京都新宿区西新宿6丁目13番1号新宿セントラルパークビル
設立1981年(昭和56年)7月7日
従業員数2,656名(2020年度末)
総資産3兆5,524億円(2020年度末)
平均年収658万円
平均年齢39.3歳
新卒採用数男性:26名
女性:4名
採用サイトアクセスはこちらから

(10)東京海上日動あんしん生命保険株式会社

東京海上日動あんしん生命保険株式会社は、東京海上日動グループ傘下の生命保険会社です。

平均年収が714万円と高く、高年収を目指せる企業。

また、採用人数のうち約4割がMARCH出身者で構成されており、学歴フィルターはさほど厳しくないと言えます。

企業名東京海上日動あんしん生命保険株式会社
本社東京都千代田区大手町2-6-4常盤橋タワー
設立1996年(平成8年)8月6日
従業員数2,654名(2020年3月31日現在)
総資産9兆4,918億円
平均年収714万円
平均年齢36歳
新卒採用数男性:23名
女性:26名
採用サイトアクセスはこちらから

4.MARCHから保険業界への就職を目指すときのポイント

MARCHから保険業界への就職を目指すときのポイントを説明します。

  1. なるべく多くの保険会社の面接を受ける
  2. 大手だけを目指さない
  3. SPIの点数を上げる
  4. TOEICなど語学力をアピールする
  5. OB・OGにアドバイスをもらう

保険業界は、高学歴の学生も就職希望者が多く、難易度は高いため対策は必要です。

1つずつ説明していきます。

(1)なるべく多くの保険会社の面接を受ける

MARCHから保険業界への就職を目指すときの1つ目のポイントは、なるべく多くの保険会社の面接を受けることです。

難易度の高い大手保険会社だけに絞ると、内定がもらえない際にプレッシャーになり、残りの試験等にも支障をきたします。

なるべく、多くの保険会社の面接を受けておき、保険をかけるようにしましょう。

(2)大手だけを目指さない

MARCHから保険業界への就職を目指すときの2つ目のポイントは、大手だけを目指さないことです。

大手にこだわりすぎると、学歴フィルターでふるい落とされたり、学歴上位ランクの学生と戦わなければなりません。

また、ネームバリューで就職先を選び、社風や適性をおろそかにすると入社後にギャップを感じて離職という結果になることも。

大手企業も視野に入れつつ、自分がやりがいを感じられる企業を選ぶべきです。

(3)SPIの点数を上げる

MARCHから保険業界への就職を目指すときの3つ目のポイントは、SPIの点数を上げることです。

就職試験では、東京大学などの国立大・早慶と戦うことになります。

SPIの点数を上げて、できるだけ学歴の差を埋めることは大事です。

過去問を解いて、しっかり対策するようにしましょう。

SPIの攻略法については以下の記事でまとめています。

【SPI完全攻略】問題例や攻略法を解説!おすすめ対策本3冊紹介

2021.04.18

(4)TOEICなど語学力をアピールする

MARCHから保険業界への就職を目指すときの4つ目のポイントは、TOEICなど語学力をアピールすることです。

大手保険会社はグローバル展開を進めており、語学力のある学生は重宝されます。

留学経験がある方はエントリーシートでアピールするだけでなく、語学力を数値で測れるTOEICを受けておきましょう。

企業の保険会社の海外展開に役立つ人材とアピールすることで、合格率を上げられます。

(5)OB・OGにアドバイスをもらう

MARCHから保険業界への就職を目指すときの5つ目のポイントは、OB・OGにアドバイスをもらうことです。

保健業界のデータを見ると、MARCH出身者は非常に多く、コネクションは作りやすいはず。

連絡をとって名刺交換をしたり、人事の方に会わせてもらう、または企業内部の話を聞いて面接対策にも行かせます。

MARCHならではの利点なので、保険業界へ就職しているOB・OGに協力を依頼しましょう。

まとめ

MARCHから保険業界への就職決定者は非常に多く、学歴フィルターもさほど厳しくないことがわかりました。

とはいえ、保険業界は就職希望者も多く倍率は高いので、しっかりと対策は必要です。

MARCH出身者は多いので、OB・OG訪問をするのはマスト、そのほかSPIやTOEIC等でアピールポイントを作ってください。

保険業界は、企業にもよりますが安定した年収やグローバル展開により、海外赴任も夢ではありません。

人気ランキングも参考にして、保険業界への就職内定を獲得できるように、準備を始めましょう!

関連記事一覧