• HOME
  • コラム
  • 金融
  • 三井住友銀行の就職難易度を発表!学歴フィルターや内定を勝ち取る対策4つ
三井住友銀行 就職難易度

三井住友銀行の就職難易度を発表!学歴フィルターや内定を勝ち取る対策4つ

  • 三井住友銀行の就職難易度ってすごく高そうだけど、どれくらい高いんだろう?
  • どういう人が採用されやすいんだろう?
  • 自分に内定が取れる可能性はあるかな?

このような悩みがある方もいるのではないでしょうか?

結論からいえば、三井住友銀行の就職難易度はかなり高い部類に入ります。誰もが知る上位校の大学からの内定実績が高いですが、中堅の大学でもしっかり対策をすれば内定を勝ち取れる可能性はあります。

この記事では、三井住友銀行への就職難易度や三井住友銀行から内定を得るための対策について解説します。この記事を読むことで、三井住友銀行に就職できる可能性を判断でき、内定獲得に有利な情報がわかりますよ

三井住友銀行について

三井住友銀行

会社名株式会社三井住友銀行
設立年月日1996年6月6日
本社所在地東京都千代田区丸の内1丁目1番2号
代表取締役(頭取)高島 誠
事業内容銀行業、リース業、海外事業
資本金17,709億円
総資産2,279,647億円
従業員数27,851人

引用:三井住友銀行 会社概要

三井住友銀行は、日本三大メガバンクの1つに数えられる国内トップクラスの銀行で、2001年にさくら銀行と住友銀行が合併して誕生しました。

東京丸の内に本社オフィスを構えており、国内に454支店、海外に19支店をもっています。総資産約230兆円で、従業員数約3万人に昇る大企業になります。

グループ会社にはなりますが、銀行業務だけでなく、リース業や海外での投資・融資業務なども手がけています。上記の情報を見ると、かなり大規模な組織であることがわかりますね!

三井住友銀行の就職難易度は高い

三井住友銀行 就職難易度

では、三井住友銀行の就職難易度は高いのでしょうか?

結論としては、三井住友銀行の就職ハードルはかなり高いといえます。

朝日新聞の「企業入社難易度ランキング2020」によると、金融業界の中では上位2位にランクインしています。

ここでは、下記の観点から詳しく解説します。

  • 過去の採用大学実績
  • 採用倍率
  • 入社難易度の上昇

過去の採用大学の実績

さっそく三井住友銀行の2021年度の採用大学・人数について見ていきましょう。

関西採用人数
関西学院大学30人
関西大学13人
同志社大学27人
大阪大学40人
立命館大学11人

 

関東採用人数
早稲田大学47人
慶応義塾大学70人
立教大学17人
法政大学14人
青山学院大学10人
中央大学15人
明治大学27人
東京大学23人

引用:大学通信

上記の表からわかるように、三井住友銀行の過去の採用大学には、難関大学が多くを占めており、競争率が高いことが見てとれます。特に、慶応大学と早稲田大学の採用人数が多く、MARCH、関関同立以上の大学がボリュームゾーンになっていますね。

中堅大学からも入社はできますが、強い熱意と対策が必須になるでしょう。

採用倍率

続いて、採用倍率を見ていきます。下記の表は三井住友銀行の過去3年分の新卒採用者数です。

2018年803名
2019年667名
2020年622名

引用:株式会社三井住友銀行の採用情報(初任給/従業員/福利厚生)|リクナビ2023

見てのとおり、かなりの人数を毎年採用していることがわかります。

ここで採用倍率を見てみましょう。

採用倍率:応募者数÷採用予定人数=26,546人÷301人=88倍

昨年の数字ですが、採用倍率はおよそ88倍という計算結果になりました。採用人数は多いもののエントリー数も多いため、就職難易度は高いといえるでしょう。

また、募集職種ごとに採用倍率は異なります。それぞれ見ていきましょう。

総合職

三井住友銀行が新卒で募集している職種は、総合職とリテール職の2つがメインです。それぞれ採用人数が違うため、倍率も異なっています。

総合職は市場営業や企画など幅広い業務に携われる職種であり、全国転勤や海外赴任もある三井住友銀行の花形職種です。

一方のリテール職は、個人のお客様に対応する業務で、転勤も基本的にありません。

クオンツコースとデジタライゼーションコース

理系の一部学科を対象にしたクオンツコースと、デジタライゼーションコースと呼ばれる別の採用区分もあります。金融工学やシステム関連の専門知識をもっている学生が対象で、そもそも応募できる人数が少なく倍率も高くない印象です。

入社難易度の上昇

引用:EduA「企業入社難易度ランキング

上記のグラフによると、三井住友銀行は金融系企業の中で入社難易度が2番目に高いというデータが出ています。三井住友銀行の新卒採用数は年々減少傾向にあるものの、学生からの人気が依然として高いため、入社難易度が上がっています。

難関大学からの採用が増えており、学歴がより重要になっています。

三井住友銀行の学歴フィルター

学歴フィルター

続いて、三井住友銀行に学歴フィルターは存在するのか考えていきましょう。

結論からいうと、学歴フィルターはあるとは言い切れませんが、高学歴の学生に採用が偏っていることは明らかです。過去の採用大学のところで見たように、三井住友銀行の内定者の大学には早慶や旧帝大が多くいます。

しかし、三井住友銀行を含め「学歴フィルターがある」と公言している企業はありません。ただ学歴フィルターが存在すると考えたうえで、選考に臨むほうが精神的なダメージは少なく済むでしょう。

【日本は学歴社会?】データでみる就活と学歴の関係性や学歴社会への対策

2021.05.10

三井住友銀行の年収は高い

三井住友銀行 年収

次に、三井住友銀行の年収を紹介します。

年収リサーチによると、三井住友銀行の平均年収は758万円です。30歳時点の年収に絞って見ると、約620万円という結果でした。

以下の表で、同業他社の30歳時点での平均年収をまとめています。

三菱UFJ銀行587万円
横浜銀行580万円
山口銀行543万円
三菱UFJ信託銀行541万円
静岡銀行537万円

三井住友銀行の年収は、同業他社と比べると高い傾向にあり、学生から人気が高い理由の1つといえます。

三井住友銀行の新卒採用の選考フロー

採用選考フロー

三井住友銀行の採用選考フローについて解説します。

総合職とリテール職の選考フロー
エントリーシート→適性検査・SPI→個別面接(複数回)→内々定

書類選考からSPI、複数回の面接を経て内定になります。

人によって選考フローが異なることもあるため、他人の選考状況に惑わされないようにしましょう。クオンツコースとデジタライゼーションコースは、大学院修了者のみ応募可能で総合職とは選考フローが異なります。

三井住友銀行から内定を勝ち取る対策4つ

三井住友銀行 内定対策

三井住友銀行から内定を獲得するための対策を4つ紹介します。

内定を勝ち取る対策

  1. 志望度を測る質問にきちんと答える
  2. 適性検査対策をしっかり行っておく
  3. ライバルとの差別化を意識したアピールをする
  4. 実現したいキャリアプランを伝える

それぞれ解説していきます。

1.志望度を測る質問にきちんと答える

1つ目は、志望度を測る質問にきちんと答えることです。

志望動機があいまいでは、面接官に熱意は伝わりません。

「なぜ数ある銀行の中でも三井住友銀行なのか?」を、明確に自信をもって説明できるようにしましょう。

志望動機が思いつかない人は、企業や個人のビジネス課題を解決するという銀行の役目を中心に組み立てていくとよいでしょう。

以下に志望度を測る質問例を載せておきます。

志望度を測る質問例

  • なぜ金融業界なのか?
  • 金融の中でもなぜ銀行なのか?
  • 銀行の中でもなぜ三井住友銀行なのか?
  • 入社してどんな仕事をしたいか?

上記の質問に自信をもって話せるよう準備しておきましょう。

2.適性検査対策をしっかり行っておく

適性検査対策をしっかり行っておくことも大切です。三井住友銀行の適性検査の足きりは高く設定されています。三井住友銀行では、内定期間中から入社後も多くの資格取得を求められます。

また、人々の大事なお金を扱う仕事だからこそ計算能力やある程度の地頭が最低限必要とされています。これらのことから足きりが高く設定されているので、しっかり対策しておきましょう。

3.ライバルとの差別化を意識したアピールをする

ESや面接時の自己PRでは、ライバルとの差別化を意識してアピールしましょう。

SMBCは、挑戦者の集団です。言い換えると、自分の成し遂げたいことを実現するための情熱とチャレンジ精神を一人ひとりが持っている企業です。若手や中堅が組織の中で個性を埋没させることなく、どんどんチャレンジする。もちろん失敗も多い。その失敗から自身の経験値を高めて、また新たなチャレンジをする。その繰り返しの中で、人として、銀行員として成長しながら成功体験を掴んでいます。

引用:三井住友銀行『未来への取り組み

上記のメッセージや三井住友銀行の採用メッセージ「いい子になるな、いい個になれ」とあるように、個性やチャレンジ精神がある人材を求めているのがわかります。

だからこそ、ライバルとの差別化を意識して自分の個性やチャレンジ精神をアピールすることが内定獲得に重要となっています。

4.実現したいキャリアプランを伝える

最後は、実現したいキャリアプランを自信をもって伝えることです。

実現したいキャリアプランを過去の経験から紐づけて答えることで、より説得力が増します。それによりライバルとの差別化だけでなく、入社意欲や熱意がより伝わりやすくなるでしょう。

三井住友銀行はチャレンジ精神を大事にしているので、若いうちからさまざまな仕事に関わるチャンスがあります。ぜひ、将来実現したいキャリアプランを話し、熱意をアピールしましょう。

三井住友銀行の内定を掴み取ろう!

三井住友銀行の採用大学や採用倍率、学歴フィルターの有無、年収、選考の対策について解説しました。就職難易度についてより理解が深まったと思います。三井住友銀行への就職は簡単ではありませんが、応募してみないことには何もわかりません。

三井住友銀行に入社したいと思った人は、紹介した内定獲得のための対策を実践して入社を勝ち取ってくださいね。

【銀行がなくなる!?】金融業界の今後や抱える課題を徹底解説!

2021.03.29

関連記事一覧