• HOME
  • コラム
  • テレビ
  • MARCHでもテレビ局へ就職できる!上位大学に負けない就活対策と狙うべきテレビ局

MARCHでもテレビ局へ就職できる!上位大学に負けない就活対策と狙うべきテレビ局

「テレビ局は学歴フィルターが厳しく、MARCHは厳しいと聞いたが本当…?」
「どうすればMARCHでもテレビ局へ就職できる?対策を知りたい」

MARCHからテレビ局を志望している学生の方は、学歴フィルターが気になりますよね。

確かにMARCHはテレビ局の就職で、勝ち組には振り分けられませんが、テレビ局に内定をもらった学生はいます。

今回は、MARCHからテレビ局への就職は可能である理由、就職成功させるための7つの方法、MARCHでも比較的合格しやすい地方局や映像制作会社をご紹介。

最後まで読めば、MARCHからテレビ局を目指す上での対策や狙うべきテレビ局・企業が分かります。

1.MARCHからテレビ局への就職は可能

MARCHからテレビ局への就職は可能です。

確かに大手キー局は学歴主義ですが、MARCH出身のテレビマン・アナウンサーも多くいます。

  1. キー局は学歴重視
  2. 過去にMARCHからテレビ局へ就活成功した人物

就職活動を始める前に、「学歴がないから無理だ」と思うのではなく、成功事例をチェックしましょう。

1つずつ説明していきます。

(1)キー局は学歴重視

キー局と言われるテレビ局の採用結果を見ると、確かに早慶上智以上のランク以上の人が多いです。

大手キー局とは、以下のようなテレビ局のことを指します。

大手キー局

  • フジテレビ
  • 日本テレビ
  • TBS
  • テレビ朝日
  • テレビ東京

ここで2021年9月から始まったテレビ朝日の求人の学歴欄を見てみましょう。

1995年4月2日以降出生で、四年制大学を2023年3月卒業見込み、または既に卒業した方。全学部・全学科を募集対象としています。学卒院卒・文理不問。
ただし、「放送総合技術部門」「テクノロジーイノベーター部門」は原則、理系相当学部が対象。

引用元:テレビ朝日

大学のランクの指定や学部の指定は一部の部門を除いてはありません。

また、就職四季報をチェックすると、テレビ朝日の採用人員の中に「法政大学」がいることが分かりました。

MARCHだからとキー局への就職を諦める必要はなく、挑戦する価値は十分あるでしょう。

(2)過去にMARCHからキー局へ就活成功した人物

就職四季報によると、テレビ朝日の採用人員の中に「法政大学」がいることが分かりました。

明治大学生のためのメディア”Meiji Information”によると、明治大学商学部出身の男性が、日本テレビの内定を獲得しています。

大好きなテレビを作る側になりたいとテレビ局を志したそうです。

また、MARCH出身のアナウンサーは男女共に多いことも分かりました。

アナウンサーは容姿も求められるため、女性はMARCHのミスコン出身者も多いです。

男性も爽やかなルックスで、好感度の高い見た目の人が多いでしょう。

MARCH出身のアナウンサー

  • 安住紳一郎アナウンサー(明治大学出身・TBS)
  • 小川彩佳アナウンサー(青山学院大学出身・テレビ朝日入社→現在フリー)
  • 宇賀なつみアナウンサー(立教大学・テレビ朝日入社→現在フリー)
  • 生田 竜聖(中央大学・フジテレビ)

MARCH生は”ミス・ミスターコン”が有名であるだけに、容姿が良い学生が多くアナウンサーになる人も多いです。

このように、過去にもMARCHからキー局への就職を成功させた人はいますが、実績的に多くはなく、難易度は高いでしょう。

2.MARCHでもテレビ局に就職する具体的7つの方法

MARCHでもテレビ局に就職する具体的な7つの方法を紹介します。

  1. キー局ではなく地方局を狙う
  2. 映像制作会社の就職も視野に入れる
  3. SPIの点数を上げる
  4. 語学力など学歴以外のアピールポイントを作る
  5. 制作したい番組のイメージを固めておく
  6. テレビ局関係の人との人脈を作る
  7. 面接対策を徹底する

確かにテレビ局は人気の就職先であり、競争率は高いです。

しかし、ポイントを押さえれば、MARCHからテレビ業界への就職はできます。

それぞれ意識すべきポイントを解説するので、頭に入れておいてください。

(1)キー局ではなく地方局を狙う

MARCHでもテレビ局に就職する1つ目の方法は、キー局ではなく地方局を狙うことです。

大手キー局は、東大などの国立大学出身者、早慶上智生でも難関。

学歴フィルターでふるい落とされる可能性も高く、大手キー局のみを狙うと、内定自体がもらえないリスクもあります。

保険をかける意味でも、大手だけでなく準キー局や地方局も視野に入れるのがベストです。

学歴に自信がないのなら、難易度がやや低い局を狙ってテレビ業界を目指すのも良いでしょう。

MARCHからでも就活内定が決まりやすい準キー局・地方局についてはこちらでまとめました。

(2)映像制作会社の就職も視野に入れる

MARCHでもテレビ局に就職する2つ目の方法は、映像制作会社の就職も視野に入れることです。

テレビ局自体が難易度の高い就職先なので、保険としてテレビに関われる仕事もピックアップしておきましょう。

映像制作の会社であれば、ディレクターなど、制作に直接携わる仕事もできます。

テレビ局だけにこだわらず、制作会社も視野に入れて就職してみましょう。

MARCHからでも就活内定が決まりやすい映像制作会社についてはこちらでまとめました。

(3)SPIの点数を上げる

MARCHでもテレビ局に就職する3つ目の方法は、SPIの点数を上げることです。

学力の高い早慶上智・国立大の学生と競って勝ち残るために、学力のアピールは必須と言えます。

SPIの点数を伸ばすには、過去問を何度も解いて高校までの知識を思い出し、傾向を覚えること。

ランクが高い大学と同程度か上の点数を出せば、MARCHからテレビ局への就職も可能です。

SPI対策や無料で解けるサイトを知りたい方は、こちらの記事も併せて読んでみてください。

SPIの問題を無料ダウンロードできるサイト4選!SPIの対策方法まとめ

2022.03.09

(4)語学力など学歴以外のアピールポイントを作る

MARCHでもテレビ局に就職する4つ目の方法は、語学力など学歴以外のアピールポイントを作ることです。

グローバルに活動できる語学力や留学経験、その他大学時代にボランティアや学生活動をしていた点をアピールしましょう。

先ほど紹介した明治大生からテレビ朝日へ内定を決めた学生は、学生プロジェクトの統括をつとめていました。

そのほか、TOEICなど英語スキルが明確に分けるテストを受けておくのも良いでしょう。

(5)携わりたい番組のイメージを固めておく

MARCHでもテレビ局に就職する5つ目の方法は、携わりたい番組のイメージを固めておくことです。

面接時に「この学生を雇ったら、どんなふうに働いてくれるだろうか?」と面接官にイメージさせましょう。

もちろんまだ働いていないので、具体的な業務内容まで説明する必要はありません。

自分が好きな番組からイメージを膨らませて、入社後にどんな番組を作れるか、どんな風に働くかを決めておきましょう。

(6)テレビ局関係の人との人脈を作る

MARCHでもテレビ局に就職する6つ目の方法は、テレビ局関係の人との人脈を作ることです。

インターンや説明会に参加し、社員に積極的に話しかけて、名刺をもらっておきましょう。

個別質問の時間に、熱意をアピールして名刺を渡せば相手の名刺も受け取れます。

人事があなたを覚えていれば、面接の時にも印象に残りやすくなるでしょう。

(7)面接対策を徹底する

MARCHでもテレビ局に就職する7つ目の方法は、面接対策を徹底することです。

特にテレビ局の面接では、グループ面接が重視される傾向にあります。

1つの番組を作るのに、チーム、制作会社が一体となる必要があるので、コミュニケーションが不得意な人は業界に向いていないと判断されるからです。

面接の受け答えはもちろん、グループ面接の際に自分がどのような役割を担うか、人とのコミュニケーションの取り方を考えておきましょう。

3.MARCHでも比較的合格しやすい地方局・映像制作会社

MARCHでも比較的合格しやすい地方局・映像制作会社を紹介します。

  1. 準キー局
  2. 地方局
  3. 映像制作会社

合格しやすい企業を狙うのも、就活の戦略の1つです。

それぞれ説明します。

(1)準キー局

準キー局とは、大手キー局系に準ずる立場にある放送局のことです。

以下のような放送局が、準キー局と呼ばれます。

準キー局

  • 朝日放送テレビ
  • 毎日放送
  • 讀賣テレビ放送
  • テレビ大阪
  • 関西テレビ放送
  • 中京テレビ
  • 名古屋テレビ
  • CBCテレビ

学歴上位大出身者は、大手キー局志望が多いので、比較的難易度も低めです。

学歴フィルターで弾かれづらく、合格の可能性はあるでしょう。

(2)地方局

地方局を狙って就活を行うのもおすすめです。

人口が少ないので、就職何度は下がります。

地元大学の出身者が志望しているため、学歴フィルターがさほど重視されません。

地方局

  • 北海道テレビ
  • テレビ埼玉
  • さくらんぼテレビじょん
  • 山形テレビ
  • RKB毎日

テレビ局なので人気であることに変わりはありませんが、学歴フィルターを気にしている方は、地元の地方局を受けるのもおすすめです。

(3)映像制作会社

映像制作会社も、視野に入れておきましょう。

就職先として人気の制作会社を紹介しておきます。

映像制作会社

  • AOI Pro
  • 株式会社クリーク・アンド・リバー社
  • 電通コム

ディレクターや編集マン、シナリオライターなど様々な部門があり、テレビ番組の制作にも関わるチャンスがあります。

3.まとめ

MARCHでもテレビ局の就職は可能ですが、大手キー局は上位ランクの学生が多く志願するため、競争率が高いのは確かです。

少しでも合格率を上げるために、SPI対策や学歴以外のアピールポイントの棚卸、志望企業のランクを見直してみましょう。

準キー局や地方局は、大手キー局よりは学歴学重視ではありません。

テレビ業界は難関ですが、しっかり対策をすればMARCHからの合格も目指せます。

記事内で紹介した情報を参考に、MARCHからテレビ局への就職を成功させてください。

関連記事一覧