• HOME
  • コラム
  • 就活
  • 24卒の就活はやばいって本当?内定に近づく対策や抑えるべきポイントを解説
24卒 就活 やばい

24卒の就活はやばいって本当?内定に近づく対策や抑えるべきポイントを解説

  • 24卒の就活がやばいと聞いたことがあるけど、実際どうなの?
  • やばいなら、何から始めたらいいのかな?
  • 就活を成功させたいけど、具体的な対策方法が分からないな……

このように、24卒の就活について疑問や不安を抱えていませんか?実は、「24卒の就活が、かなりやばい」という状況ではありません。

しかし、やばくはないですが、就活の対策は重要ですよ!どんな状況であれ、就活を成功させる人もいれば、うまくいかない人もいます。

この違いは、今からできることを知り、就活対策に取り組んできたかどうかです。

この記事では、24卒の就活がやばいのか、あなたが行動に移すべきことや具体的な就活対策についても分かりやすく解説していきます。 

最後まで読めば、24卒就活の現状が分かり、本格的に就活を始めるために動き出せるようになりますよ!

24卒向けのおすすめ就活サービス

就活キャリア

就活キャリアに登録すれば、以下のサポートが受けられます。

-就活に関する相談やエントリーシート(ES)の添削

-自己分析から書類選考、面接対策まで一貫してサポート

企業選びから内定までトータルでサポートします!

カンタン30秒で登録できる!/

結論:「24卒の就活がやばい」とは一概にいえない

24卒の就活はやばいといえない

早速、結論ですが、「24卒の就活がやばい」とは一概にはいえません。

リクルートワークス研究所の大卒求人倍率調査によると、2022年(23卒)は1.58倍です。

100人の就活生に対して、158社の求人があるということですね。

コロナの影響で21卒における求人倍率は、1.53倍、22卒では1.50倍とやや低調でしたが、23卒では1.58倍ということで回復傾向が続いています。

就職氷河期の2000年卒における求人倍率は0.99倍ということからも、「24卒の就活がやばい」とは一概にいえません。

また、コロナによって一部企業の新卒採用がとまっておりましたが、復活してきていますよ!

たとえば、全日本空輸株式会社(ANA)が24卒採用において、客室乗務員(CA)の新卒採用を4年ぶりに再開します。

経済を揺るがすような大きな出来事が起こらなければ、24卒でも採用の回復傾向が続くと考えられるでしょう。

大卒 求人倍率

引用:リクルートワークス研究所『大卒求人倍率調査』

24卒の就活はやばくはないが抑えるべきポイント3つ

24卒の就活で抑えるべきポイント

「24卒では採用の回復傾向が続くことは分かった。それなら、なんで24卒の就活はやばいと言われているのかな?」

上記の質問に答えるために、ここからは24卒の就活がやばいといわれる理由について解説します。

24卒の就活はやばくないですが、抑えるべき3つのポイントがありますよ!

1.より早期化が進む

日本経済新聞によると、24卒の就活はさらに早期化する見通しです。

大学3年生に進級すると、すぐに就活の準備を始めている学生も増えています。

一部の大学では、業界研究の学内イベントを前倒ししている動きもありますよ。

株式会社ディスコは、2022年9月後半時点に24卒学生を対象とした就活意識調査を実施しました。

本調査によると、約9割もの24卒学生が一日以内のインターンシップに参加したと回答しています。インターンに参加した時期として多いのが、大学3年生の7月から9月。

この結果からも、就職活動の早期化が進んでいることが分かりますね。

早期化が進む中では、就活の準備が遅れてしまうと「気がついたらエントリーが終わっていた……」ということに陥るかもしれません。

つまり早めの就活対策が、24卒では一段と求められているのです。

なお、24卒の採用スケジュールや具体的な対策について知りたい人は、こちらをご覧くださいね!  

【24卒就活スケジュール】何から始めればいい?今からできることを解説

2022.07.06

2.コロナ禍が続き、ガクチカエピソード作りに苦戦する傾向に

24卒の就活生が抑えるべき2つ目のポイントが、コロナ禍が続いている影響でガクチカが作りにくくなっていることです。

コロナのせいで、あらゆる活動が制限されていますよね。

ゼミ活動や部活動、留学やアルバイトなどが一部制限されたことで、「面接でアピールできるガクチカがない……」という学生が多いです。

その事情を考慮してくれる企業もありますが、「制限されていた中で何をしたのか」とガクチカを徹底的に深掘りしてくる企業もあります。

だからこそ、あなただけのガクチカをアピールできるよう面接対策を行うことが重要となるでしょう。

こちらの記事で、ガクチカがないときの対処法やガクチカを手早く作る方法を紹介しているので、あわせてご覧ください。

ガクチカがない学生必見!例文とエピソードの作り方と伝え方を徹底解説

2022.04.05

3.Webと対面の両方の選考対策が求められる

次に、Webと対面の両方の選考対策が求められるということです。

よくある企業の選考フローは、以下の通りです。

  • 説明会/Web実施
  • 一次面接/Web実施
  • 二次面接/Web実施
  • 最終面接/対面実施

途中まではWebによる選考ですが、最後は対面による選考を実施するケースが多いです。

  • 身振り手振りが伝わりにくいWeb面接では、表情を意識する
  • 対面での面接では、面接官の指示があるまで座らない

Webと対面それぞれに、抑えておくべきポイントがあります。両方の選考対策を行いましょう。

24卒の就活生が行動に移すべきこと5つ

就活生 行動に移すべきこと

抑えるべき3つのポイントが分かったところで、ここからは24卒の就活生が移すべき行動について紹介します。

どんな行動をしていけばいいのかチェックすることで、落ち着いて就活対策を進められますよ!

では、具体的な行動を5つに厳選して紹介します。

24卒の就活生が行動に移すべきこと5つ

  1. インターンシップに参加する
  2. 複数の就活サイトへの登録を済ませておく
  3. 多くの会社説明会に参加する
  4. エントリーシートを書いてみる
  5. OB/OG訪問をして企業理解を深める

それぞれ解説します。

1.インターンシップに参加する

一つ目が、インターンシップに参加することです。

インターンシップへの参加には、以下の3つのメリットがありますよ!

  • 内定に直結するケースがある
  • 業界や企業の理解につながる
  • 縦と横の新しい人脈が広がる

インターンシップにて人事から気に入ってもらうと、内定に直結する可能性があります。

内定まではいかなくとも、早期選考に案内されることもあるでしょう。

また、インターンシップに参加することは企業分析にもつながります。

企業の説明会に参加したりホームページを確認したりしても、なかなかイメージがわかないですよね。

インターンシップで働く経験を通して、業界や企業の理解が深まりますよ!

最後に、縦と横の人脈が広がることです。インターンシップでは、複数の社員や就活生と交流します。

働くことについて気軽に相談できる社員や、一緒に就活を頑張る同期と知り合えるのは大きなメリットでしょう。

ぜひインターンシップに応募してみましょう。

といっても、インターンシップをどこで見つければいいかわからない人もいるでしょう。

こちらの記事で、インターンシップ探しにおすすめのサイトを6つ紹介しているので、探す際の参考にしてみてください。

【参加必須】インターン探し方ガイド!就活初心者におすすめのサイト6選

2021.04.26

2.複数の就活サイトへの登録を済ませておく

就活を効率的に進めるために、複数の就活サイトへの登録をおすすめします。

ここでは、3種類の就活サイトを紹介します。

  • 就活サイト
  • 逆求人型サイト
  • 就活エージェント

それぞれの特徴について、順番に紹介します。

就活サイト

就活サイトでは、多くの企業のインターンシップや本選考にエントリーできるのが特徴です。

マイナビとリクナビは豊富な求人数を誇り、定番な就活サイトですよ!

また、最近伸びているのがワンキャリア。ワンキャリアでは、実際に内定を獲得した先輩の自己PRやガクチカを確認できるのが特徴です。

これら3つの就活サイトに登録しておくと、インターンシップや説明会情報が届きます。

志望企業の採用情報を見落とさないためにも、今からでも登録しておきましょう。

逆求人型サイト

逆求人型サイトは、企業からスカウトをもらうことができます。

具体的なスカウトの流れは、以下の通りです。

  • 逆求人型サイトに自己PRを登録する
  • 自己PRが多くの企業に確認される
  • 一部の企業からあなたにスカウトが届く

コロナ禍でオンライン就活が進んだことによって、企業との出会いの機会が少なくなっています。

そのため、既存の就活ナビサイト以外にも、逆求人型サイトの利用が大切ですよ!ナビサイトでは会えない企業にも、逆求人型就活サイトでは会える可能性が広がります。

特に5年連続、学生利用率No.1を獲得しているOfferBoxがおすすめですよ。

OfferBoxを利用している企業数は約13,000社で、ベンチャー企業から大手企業、外資企業と多くの企業が活用しています。

OfferBoxをうまく活用して、内定獲得を目指しましょう!

\今すぐ内定獲得/

就活エージェント

次に、就活エージェントでは、就活アドバイザーのサポートを受けられることが特徴です。

  • 「自己分析ってどうやってやればいいのかな」
  • 「面接を乗り越えるコツが知りたい」
  • 「自分の適性にマッチする業界が知りたい」

就職活動には、分からないことや不安がつきもの。

就活の進め方を一つ一つ丁寧に教えてくれるのが、就活エージェントです。

特におすすめなのが、就活キャリア。就活キャリアでは、ES添削や模擬面接、自己分析のサポートなどを行ってくれます。

自分一人では就活対策できなくても、就活キャリアを頼りにすれば安心ですよ。

また、就活アドバイザーがあなたの適性を踏まえて、業界や企業を紹介してくれます。

経験豊富なアドバイザーとのカウンセリング後に、おすすめの企業を教えてくれるのはありがたいですよね。

就活キャリアを無料で活用して、内定獲得につなげましょう。

\オンライン相談実施中!/

3.多くの会社説明会に参加する

あなたの視野を広げるために、多くの会社説明会に参加しましょう。

いきなりですが、あなたが好きなスポーツは何ですか?

サッカー、野球、バスケなど、さまざまな回答が返ってくると思います。

ただし、「キンボールスポーツ」という回答は少ないはず。そもそもどんなスポーツか知らないからです。

キンボールスポーツとは、直径122cmの巨大ボールで得点を競い合う、バレーボールのようなスポーツです。このように聞くと、「なんか面白そう」と感じませんか?

このように、知ることで興味が広がります。これは、就活でも全く同じですよ!

多くの就活生にありがちなのが、最初から知らない業界にアレルギー反応を起こすこと。これは、かなりもったいないです。

企業単体の会社説明会はもちろん、マイナビやリクナビなどが主催する合同企業説明会にて多くの会社説明を聞くと視野が広がるでしょう。

4.エントリーシートを書いてみる

次に、エントリーシートを書いてみることです。

自己PR・ガクチカ・志望動機は、エントリーシートの設問によくありますので、三大質問といわれています。

この三大質問の回答を、一度書いてみましょう。

その際に、重要となるのがPREP法で書くことです。

PREP法

  • Point..結論
  • Reason..理由
  • Example..具体例
  • Point..結論

PREP法を用いた自己PRの例文は、こちらです。 

(P)私は、継続力がある人間です。

(R)自分で始めた物事は、最後までやり切ります。

(E)大学2年生から3年生の1年間、TOEIC高得点獲得を目指して英語を毎日1時間勉強しました。結果的に、TOEIC550点からTOEIC850点まで伸ばすことができました。

(P)この継続力を活かして、貴社に貢献します。

このように、PREP法を用いるだけで説得力のある文章になりますよ!

この点を意識して、エントリーシートの三大質問を埋めてみましょう。

こちらの記事で、能力別・経験別の自己PR例文集を載せているので、自己PRを考える際の参考にしてみてください。

【自己PR例文まとめ】能力・経験別26個と自己PRの必須要素7つ

2022.03.27

5.OB/OG訪問をして企業理解を深め

OB/OG訪問をして企業理解を深めることもおすすめです。企業を知るために、説明会に参加したりホームページを確認したりしますよね。

しかし、これだけでは企業の実態をイメージしづらいのが正直なところでしょう。

そこでおすすめなのが、社員に直接質問できるOB/OG訪問。

企業や業界について質問することで、企業理解が深まるだけでなく、働き方や入社後のギャップなども知ることができますよ! 

こちらの記事で、OB/OG訪問の具体的なやり方や質問リストを紹介しているので、気になる人はあわせて見てみてください。

【OB訪問に絶対行くべき理由】メリット・質問リスト30選

2021.05.10

24卒の就活生が内定獲得のためにやるべき具体的な対策7つ

24卒の内定を掴む対策

「やっぱり内定をゲットできるか不安……」

初めて取り組む就職活動には、上記のように不安を感じることでしょう。

ここからは24卒就活生が、内定獲得のためにやるべき7つの対策を紹介します。

この7つの対策を行うことで、第一志望の企業から内定をもらえる可能性が広がりますよ!

では、一つずつ解説します。

  1. 自己分析を行う
  2. 就活の軸を定める
  3. 業界・企業研究を行う
  4. 自己PR・ガクチカを作り込む
  5. Webテストの対策を行う
  6. グループワークの練習をする
  7. 面接を実際に受けて対策を練る

1.自己分析を行う

一つ目が自己分析。自己分析は早めにしておいて損はないです。なぜなら就活を進めるうえで、自己分析が土台となるからです。

自己分析が起点となって、就活の軸・ガクチカ・自己PR・志望動機が作れるようになっていきますよ。

逆にいうと、自己分析が疎かだと、就活の軸も自己PRも中途半端になってしまいます。

「大学時代で一番嬉しかったことは?」

「あなたの性格で好きなところ、嫌いなところは?」

「あなたが一番大切にしている価値」

自分に関する質問には即答できるくらいまで、自己分析を行っておきましょう!

こちらの記事で、おすすめの自己分析診断ツールを紹介しているので、自己分析が上手くできない人は参考にしてみてください。

【就活攻略】本当に就活に使えるおすすめの自己分析診断ツール3選!

2021.05.07

2.就活の軸を定める

内定獲得のために、就活の軸を定めることも大切です。

「就活の軸なんて決められない……」

就活の軸をいきなり決めろと言われても難しいですよね。

ここで重要なポイントは、現時点での就活の軸でいいということです。

  • 自分の専門性を活かしたい
  • 誰もが感動する商品を生み出したい
  • 裁量権のある会社で働きたい
  • グローバルな舞台で活躍したい

就活の軸は、さまざまです。現時点での暫定でいいので就活の軸を作っておくと、書類作成や面接などでも役立ちますよ!

就活の軸をいきなり完璧にしようとせずに、就活を進めていきながらブラッシュアップしていきましょう。

こちらの記事で、就活の軸の例文を業界別・職種別に紹介しているので、就活の軸を作る際の参考にしてみてください。

【就活の軸例文10選】そのまま利用可能な業界・職種別の例文

2022.03.11

3.業界・企業研究を行う

業界・企業研究を早めに行って、知識を増やしておきましょう。業界研究を早めに行うメリットは、以下の通りです。

  • 説得力のある志望動機につながる
  • 面接官とコミュニケーションができる
  • 知らない業界や企業と会うことができる

説得力のある志望動機を作るためには、業界や企業の知識が不可欠です。

「なんとなく御社に入りたい」というよりも、「~という特徴がある業界で~の分野で強みがある御社に入って活躍したい」というほうが、説得力がありますよね。

納得できる志望動機には、業界と企業への理解が必須なのです。また、面接官との円滑なコミュニケーションを図るためにも、業界・企業理解が大切。

面接では、企業の未来像や、業界が抱える課題などについて話し合うことが多いです。

そのときに業界に関する知識がないと、自分の考えを述べることは難しいでしょう。

業界・企業研究を行うもう一つのメリットは、知らない業界や企業と出会えることです。

すべての企業は、他の企業と取引があり、つながっています。

一つの企業を起点に、さまざまな企業や業界を知ることができますよ!新しい企業や業界を知るためにも、業界・企業研究に早めに取り組みましょう。

こちらの記事では、企業研究の効率的なやり方やコツを紹介しているので、気になる人はあわせてご覧ください。

すぐできる!企業研究のやり方と意識すべきポイント3つを徹底解説

2023.01.20

4.自己PR・ガクチカを作り込む

次が、自己PR・ガクチカを作り込むことです。エントリーシートや面接で必ず聞かれる自己PRとガクチカ。面接官からの印象を左右し、内定獲得に大きくかかわる質問です。

エントリーシートには、「部活動で大会に優勝した」「長期留学に行った」など、何か大きな実績を伴う経験を書かないといけないと思っていませんか?

これは大きな勘違いです。

面接官が一番知りたいことは、あなたの人となりや価値観です。エピソードの大きさよりも、あなたの価値観がどのようなものかが重視されるのです。

そのため、自分の人となりが伝わるエピソードを自己PRとガクチカに書きましょう!あなたなりの自己PR・ガクチカを作り込むことが、内定への第一歩でしょう。

自己PRの効果的な書き方を知りたい人もいるでしょう。こちらの記事で、面接官に刺さる自己PRの書き方や注意点を紹介しているので、あわせてご覧ください。

【就活攻略】自己PRの効率的な書き方を徹底解説!自己PRがない人必見!

2021.05.01

5.Webテストの対策を行う

次に、Webテストの対策を早めに行うことです。多くの就活生が陥りがちな落とし穴が、Webテスト対策を後回しにすること。

Webテストの対策よりも、エントリーシート作成や面接対策を優先してしまうのです。就職活動が本格化すると、今よりもっと忙しくなります。

企業説明会に行ったりエントリーシートを提出したりと、どんどんスケジュールが埋まっていくことでしょう。

Webテストの勉強時間を確保しようとしても、難しくなります。

せっかく素晴らしい志望動機を仕上げたとしても、Webテストで落ちてしまうと意味がありませんよね。

一般的な選考フローは、以下の通りです。

  • エントリーシート提出+Webテスト受験
  • 一次面接
  • 二次面接
  • 最終面接

一番最初のWebテストで結果が良くなければ、一次面接にすら進むことはできません。

これまで準備してきたガクチカや志望動機を面接官にアピールする前に、選考に落ちるのはもったいないですよね……。

おすすめの対策としては、エントリーシート作成などと並行して、Webテストの勉強もすることです。

SPIや玉手箱、CAB・GABなど、よく出るWebテストの対策を早めにしていきましょう。

こちらの記事で、代表的なWebテストの一つである玉手箱の効果的な対策法を紹介しているので、気になる人は見てみてください。

Webテスト「玉手箱」を解くコツ!例題と効果的な対策方法を解説

2023.01.28

6.グループワークの練習をする

24卒就活生が内定獲得のために実践すべきなのが、グループワークの練習です。

チーム活動でのあなたの役割を確認するグループワークが、多くの企業の選考フローに導入されていますよ。

グループワークにて行うことはさまざまです。たとえば、社会課題を解決する提案を考えたり、企業の売上向上のためにどうすればいいか考えたりします。

グループワークでは、ありのままのあなたの役割を全うすることが大切。

面接と同様に、実践経験を積むことでグループワークもうまくなっていきますよ!

最初はどうやってグループワークに参加したらいいか戸惑うかもしれませんが、少しずつ場慣れしてきて選考通過率も高くなるでしょう。

とはいっても、グループワークが苦手な人もいるでしょう。こちらの記事で、グループワークが苦手な人に向けて対策法を紹介しているので、気になる人はあわせて見てみてください。

これで安心!グループワークが苦手な人が知っておきたい対策法

2023.01.28

7.面接を実際に受けて対策を練る

最後が、面接を実際に受けて対策を練ることです。

  • 「どんな質問をされるのかな……」
  • 「応募した理由をうまく答えられるかな……」
  • 「緊張で話せなくなったらどうしよう……」

面接はどれだけ対策しても、うまくいくのか不安がつきものです。

そこで実際に、面接を受けることをおすすめします。本番から、自分の苦手な部分や得意な部分が分かりますよ。

また、面接は慣れもありますので、回数を重ねると面接がうまくなっていくものです。

最初は緊張してうまく話せないかもしれませんが、徐々に慣れてくるのが一般的です。

「前回の面接での反省を活かして、次の面接では頑張ろう」のような前向きな気持ちで、どんどん実践経験を積みましょう!

面接でよく聞かれる質問を整理して、回答を明確にしておくことも大切です。

こちらの記事で、面接でよく聞かれる頻出の質問とその回答例を紹介しているので、回答を考える際の参考にしてみてください。

面接で聞かれることはたったの4パターン!頻出の質問と回答例8つ

2021.04.05

就活成功に向けて動き出そう!

この記事では、以下の通り説明してきました。

  • 「24卒の就活はやばい」とは言い切れない
  • より早期化が進む可能性がある
  • インターンシップに参加する重要性が高まる
  • 就活サイトを活用すると効率的に就活を進められる
  • さまざまな企業説明会に参加して視野を広げる
  • 自己分析/ガクチカ作成/面接対策に早めに取組む

就活はやることが多いかもしれませんが、「何をすればいいか全く分からない」と感じることはないでしょう。

この記事で紹介したように、具体的に移すべき行動は明確です。一つずつ、実践していきましょう!

就活がやばい状況にならないためにも、今のうちから就活対策を進めることが大切です。あなたの就活成功を、心から願っています。

関連記事一覧