• HOME
  • コラム
  • 就活
  • 就職活動の効果的なやり方・進め方とは?やるべき準備と対策も解説
就職活動 やり方

就職活動の効果的なやり方・進め方とは?やるべき準備と対策も解説

  • 就職活動はやるべきことが多く、何から手を付けたらいいかわからない
  • 就職活動ってどうやればいいかわからない……。正しいやり方や進め方ってあるの?

このように、就職活動をどのように進めていけばいいかわからず不安になっていませんか? 

まずは、大まかな就活スケジュールを把握し、自己分析や企業研究、エントリーシートの作成、面接対策と進めていくことが大切です。

そこでこの記事では、就職活動のやりと進め方、他の就活生と差を付ける方法を紹介します。

この記事を読めば、効果的に就活を進めるうえで準備すべきことやライバルに差を付ける方法がわかり、自信を持って就職活動を進められますよ。

24卒向けのおすすめ就活サービス!

就活キャリア

就活キャリアに登録すれば、以下のサポートが受けられます。

-就活に関する相談やエントリーシート(ES)の添削

-自己分析から書類選考、面接対策まで一貫してサポート

企業選びから内定までトータルでサポートします!

\今すぐ内定獲得!/

就活の進め方がわからない人はまず全体像を把握しよう!

就活の全体像を把握する

就活の進め方がわからない方は、まず就活の全体像を把握しましょう。

就活は、主に以下の2つのフェーズに分かれています。

準備期間(大学3年4月〜大学3年2月)

  • 自己分析
  • 企業研究・業界研究
  • OB/OG訪問
  • インターンシップ

就活本番(大学3年3月〜)

  • 企業説明会
  • 筆記試験
  • ES提出
  • 面接

基本的な流れとしては、まず準備期間に就活に関する情報収集を行ない、大学3年の3月が近づくにつれて選考対策を進めていきます。

そのため、「就活の準備をまだ何もしていない……」という人は、自己分析や企業研究・業界研究などから手をつけましょう。

しかし、最近の就活は早期化してきています。

実際に合同説明会などを開催している株式会社DYMの調査によると、90%もの学生が「就活が早期化していると感じる」と回答しています。

就活状況アンケート

引用:2021卒学生 最新就活状況アンケート 調査報告|DYM株式会社

また、「就活のスタート時期に戸惑っている」と回答した人は49%であるため、今後は前倒しして準備を進めたほうがいいでしょう。

就職活動はいつから?一般的な就活スケジュールの流れ

就職活動の一般的なスケジュール

新卒における就活は、例年3月から採用情報が解禁され、6月から選考が開始されるスケジュールとなります

ただし上記は、経団連が定めた採用スケジュールに沿って採用活動を行う企業のスケジュールです。

実際のところ、経団連に参加していない企業は3月の本番開始以前から選考を始めており、中にはすでに内定を出している企業も存在します。

こちらの記事で、詳しい就活スケジュールや最近の就活の傾向ついて紹介しているので、気になる人はあわせて見てみてください。

【24卒就活スケジュール】何から始めればいい?今からできることを解説

2022.07.06

一般的な新卒就活のやり方・進め方

一般的な就活のやり方

就職活動のやり方・進め方に正解はありません。しかし、一般的にどのような流れでやるべきか知りたい人も多いでしょう。

では、一般的な就活のやり方・進め方について詳しく紹介します。

一般的な就活のやり方・進め方

  1. 自己分析
  2. 業界・企業研究
  3. エントリーシート、適性検査、グループディスカッション対策
  4. 面接対策
  5. 内定

やることはたくさんあるので、早めに準備・対策すればスムーズにスタートダッシュできますよ。 

1.自己分析

採用情報解禁となる3月より前の就職活動の準備期間に、自己分析を進めましょう。

3月以降は、エントリーシートや筆記試験、面接などで忙しく、自己分析をじっくり行う時間がありません。

したがって、3月以前の準備期間にある程度済ませておくことがとても重要です。

自己分析とは、簡単にいってしまえば自分のやりたいことや強み、企業との適性を探る作業。

すべての就活の出発点ともされており、この作業を通して自分の進むべき方向性やキャリアを大まかに決めます。

大手就活支援サイトの就活ジャーナルの調査では「就活開始前にやっておけばよかったと後悔していること」に、自己分析を挙げている人が48%いました。

自己分析の調査 就職ジャーナル

引用:先輩たちに聞きました。就活準備、十分にできた?|就職ジャーナル

また、キャリタス就活の調査では「2月の行動予定」で「自己分析や選考試験対策をする」と回答している人は、61.0%にのぼります。

2月1日時点の就職意識調査

引用:2月1日時点の就職意識調査|キャリタス就活

どんなに遅くとも大学3年の2月までには自己分析を終えておきましょう。

自己分析のやり方はさまざまありますが、よくあるやり方として過去の経験を振り返って自分の強みや価値観を洗い出し、まとめるやり方があります。

中学生から大学生までの経験の中から長所や短所、自己PRなどでアピールできるポイントを探していきましょう。

ただ自己分析といっても、どうやればいいかわからない人もいるでしょう。

こちらの記事で、効率的な自己分析のやり方を紹介しているので、あわせて見てみてください。

【必見】自己分析のやり方徹底解説!就活に使える自己分析を行おう!

2021.03.29

2.業界・企業研究

業界・企業研究も、3月の採用情報解禁までにある程度済ませておくことが大切です。

自己分析の結果を元に、自分の適性や能力を活かせる業界や、自分の目標に合う企業はどんなところかを知るために行います。

業界研究では、その業界の構造や今後の課題を調べます。目的としては、主に以下の2つが挙げられます。

  • 業界の中から、自分がやりたいことを実現させてくれる企業を絞り込む
  • 企業ごとの特徴や強みを理解することで、志望動機に説得力を持たせる

たとえば「自動車に関わる仕事に就きたい!」といっても、自動車業界には部品メーカーや組み立てメーカーなどのさまざまな業種が存在しますよね。

組み立てメーカーといってもトヨタやホンダなど多岐に渡ります。

そのため、企業ごとの違いを理解しておかないと「数ある企業の中からなぜ弊社を選んだのか?」と突っ込まれてしまうのです。

業界研究が終わったら、次に企業研究を行います。

企業研究では、自分が興味を持っている企業がどういった事業を展開しているのか、またどういった制度を導入しているのかを調べます。

業界・企業研究のポイント

業界研究は、自分の可能性を狭めないためにも「業界地図」などを活用して幅広く行いましょう。

企業研究は、すべての業界を調べるのは膨大な時間がかかってしまうため、興味のある業界に絞って行ってください。

会社の規模や事業内容、企業理念などを一通り調べ、企業が求める人物像と自分の能力・価値観がマッチしているかどうかを見極めることが大切です。

さらに、業界内での位置づけや、競合他社と比較してどのような強みと弱みを持っているかまで理解できると、志望動機の作成や面接対策にも活かせます。

企業研究の手段としては、インターンシップ、会社説明会、合同企業説明会、OB/OG訪問などがありますよ。

こちらの記事で、企業研究のやり方や意識しておくべきポイントを紹介しているので、気になる人は参考にしてみてください。

すぐできる!企業研究のやり方と意識すべきポイント3つを徹底解説

2023.01.20

3.エントリーシート、適性検査、グループディスカッション対策

面接に進む前の段階でよく実施されるエントリーシート(ES)、適性検査、グループディスカッションの対策を行いましょう。

採用が解禁される3月以降は、選考で忙しくなり注力しづらくなるため、上記の対策は3月よりも前に済ませておくのがベストです。

特に、エントリーシートと適性検査の対策は時間がかかるため、計画的に準備する必要があります。

エントリーシート

エントリーシートについては、自己PRやガクチカ、強み・弱み、志望動機など定番の質問は、ある程度内容を固めておきましょう。

特に志望動機は、自己分析と企業研究をどれだけやったかによってクオリティーも変わるので、しっかり行うことが大切。

文章が完成したら、時間を置いて再度見たり、第三者に添削してもらったりすることでブラッシュアップしていき、完成度を高めましょう。

しかし、エントリーシートがうまく書けないと困っている人もいるでしょう。

こちらの記事で、通過率9割越えを叩き出すエントリーシートの書き方を紹介しているので、あわせてご覧ください。

【通過率9割超】お祈りされないエントリーシート(ES)の書き方を徹底解説!

2022.04.12

適性検査

適性検査については、主に「性格検査」「言語」「非言語」の3種類に分かれています。

性格検査は特に対策の必要はありませんが、言語と非言語は対策がそれぞれ必要なため、参考書を2〜3周し、問題の傾向と解き方に慣れましょう。

ただし、適性検査といってもいくつか種類があり、企業によって採用している適性検査もバラバラです。

こちらの記事で、主要な適性検査の種類とその特徴について紹介しているので、あわせて見てみてください。

【これだけ押さえればOK】適性検査とは?主な種類5選と4つの受験方式

2022.04.16

グループディスカッション

グループディスカッションについては、一人での対策には限界があるため、セミナーなどに参加し、場数を踏むのがいいでしょう。

参加が難しい場合は友達の相談に乗っているときや、アルバイトなど同年代の学生と話す際に、グループワークを意識して話すこともおすすめですよ。

また、受ける企業の業界知識や時事問題の知識を事前に勉強しておくことで、自分の意見を持ち、具体的な提案ができるようになります。

こちらの記事で、グループディスカッションの種類と種類別の攻略方法を紹介しているので、気になる人はあわせてご覧ください。

【グループディスカッションテーマ解答例】対策法とテーマ3種類

2022.03.16

4.面接対策

続いては、面接対策です。就活では、面接を必ず通過しないと内定を得ることはできないので、最も対策すべきところといえます。

そのため、時期に限らず早めに対策しておくに越したことはありません。

面接は慣れることで、自信を持って臨め、本来の自分を出せるようになるものなので、模擬面接などを通して練習することが必要です。

面接は選考が進むにつれて見られるポイントが異なるので、その点を意識して臨むことが大切。

  • 一次面接:最低限のマナーや身だしなみ、能力
  • 二次面接:業界・企業・仕事への理解
  • 最終面接:熱意や覚悟

選考別で見ると、上記のように評価ポイントが分かれています。

ただ、熱意は一次面接の段階からしっかり見られているため、油断せずしっかり志望度を高めていきましょう。

最終面接については、熱意は当然のこととして、入社する覚悟が求められます。

対策としては、聞かれそうな質問をリストアップして事前に回答を用意し、面接で自信を持って答えられるように何度も練習することです。

このように事前準備がとても大切なので、計画的に対策していきましょう。

面接が苦手だという自覚がある人は、特に対策が必要です。

こちらの記事で、面接が苦手な人向けにパターン別の対策方法や注意点を紹介しているので、あわせて見てみてください。

たったこれだけで面接の苦手意識は克服できます!パターン別対策法を解説

2021.05.03

5.内定

最終面接に合格したら、内定となります。

正確には10月以前の内定は「内々定」と呼ばれ、正式な「内定」が出されるのは、内定式が行われる10月1日以降となります。

内々定と内定の大きな違いは、労働契約が成立しているかどうかです。

内々定は、10月に内定を出すよという口約束のようなもので、労働契約はまだ成立していません。

それにより、法的拘束力が生じないので、内々定であれば企業も学生も自由に内定取り消しが可能です。

しかし、内々定でも正当な理由がない一方的な内定取り消しは、企業イメージのダウンにつながるため、簡単に内々定を取り消されることはありません。

就職未来研究所の内定率調査

引用:就職プロセス調査(2023年)|就職みらい研究所

また、就職みらい研究所の2023年に行った内定率の調査によると、大学4年の6月には、すでに73.1%の大学生が内定を獲得しています。

したがって、経団連が定めたルールに捉われず、早め早めに行動していくことが早期内定につながりますよ。

就活解禁までに準備しておくこと6選

就活解禁までの準備

就活解禁される大学3年の3月になってから準備するのでは、就活に間に合わないため、事前に準備しておくことが大切です。

そこで、就活解禁までに準備しておくことを、6つ厳選して紹介します。

就活解禁までに準備しておくこと6つ

  1. リクルートスーツを購入する
  2. 就活用に身だしなみを整える
  3. 証明写真を撮る
  4. 就活専用のメールアドレスを作る
  5. メールや電話などのマナーを理解する
  6. SPIなどのWebテスト対策をする

すべて大切なことなので、就活解禁までに一つ一つ準備していきましょう。

1.リクルートスーツを購入する

まずは、就職活動で必要になるリクルートスーツを購入しましょう。

証明写真を撮る際にも必要になるため、できるだけ早めに用意しておくと良いです。

購入する際は、自分の身体に合ったものを採寸してからがおすすめです。

自分の身体に合っていないと、野暮ったく見えたり、不自然に見えたりするので、気を付けてください。

2.就活用に身だしなみを整える

就活用に身だしなみを整えることも、必要な準備として挙げられます。

髪型やメイクなど、印象に大きく関わるところを気にしましょう。

たとえば、男性であればワックスで髪を整え、女性であればメイクをしたり長い髪をゴムなどで縛ったりなどができますよね。

就活では第一印象は合否に関わる大事な部分なので、きちんと身だしなみを整えましょう。

こちらの記事で、女性向けに面接で好印象を与えるメイクについて紹介しているので、あわせてご覧ください。

面接で好印象を与えるメイクは5つのポイントが秘訣!髪型も紹介!

2021.04.07

3.証明写真を撮る

就活解禁の3月までに証明写真を撮っておきましょう。

3月から採用情報が解禁され、履歴書・エントリーシートの提出が求められるようになります。

就活解禁前後は、カメラのキタムラなどの写真館の予約が埋まりやすいため、早めに予約し、写真を撮り終えることがおすすめです。

4.就活専用のメールアドレスを作る

就活専用のメールアドレスを作っておくことも非常に大切です。就職活動の中では、企業とメールでやり取りすることが多くなります。

その際に、普段のメールアドレスでやり取りすると、メールを見落としてしまう可能性があります。

普段のメールアドレスと別に就活専用のアドレスを作ることで、管理がしやすくなり、メールの見落としの防止につながりますよ。

5.メールや電話などのマナーを理解する

選考が進む中で、メールや電話でのやり取りが増えてくるため、マナーを事前に理解しておきましょう。

メールや電話での態度やマナーは、少なからず面接にも影響する可能性があるため、言葉遣いも含め最低限のマナーは把握しておきましょう。

6.SPIなどのWebテスト対策をする

SPIなどのWebテスト対策は、採用情報が解禁になる3月までに対策しておきましょう。

特に応募数が多い企業では、面接に進める人を絞り込むために、Webテストを実施します。

SPIなどのWebテストは問題が独特のため、対策なしでは解くのが難しい試験になっています。

しかし、対策さえすれば難しい試験ではないため、参考書一冊を少なくとも2〜3周ほどやり、問題の傾向を掴んでおくことがおすすめです。

Webテストで落とされてしまうと面接には進めないため、落とされるのはもったいないですよ。

他の就活生と差を付ける方法5つ

他の就活生と差を付ける方法

就職活動は、ある種の競争です。そのため、就活生から「他の就活生と差を付ける方法はありますか?」と聞かれることがあります。

そこで、他の就活生と差を付ける方法を5つ解説します。 

他の就活生と差を付ける方法5つ

  1. 就活の軸を早めに定める
  2. 一度に完璧を目指さない
  3. OB/OG訪問をする
  4. 逆求人型の就活サイトを利用する
  5. 就活エージェントを利用する

他の学生と差を付けるために、一つでもいいので意識して取り組んでみましょう。

それぞれ解説します。

1.就活の軸を早めに定める

就活の軸を早めに定めることで、就活がスムーズに進みやすくなるでしょう。

就活の軸とは、就活を進めていくうえで指針となる自分の軸のこと。

この就活の軸は「なぜうちを志望したのか」を確かめる材料として、面接でも頻出で聞かれる質問の一つです。

就活の軸を早めに定めることで、面接でも説得力の高い志望動機を伝えられるようになります。

ただ、就活の軸を決めるのに苦労している人もいるでしょう。こちらの記事で、就活の軸の例文を業界・職種別に紹介しているので、あわせて見てみてください。

【就活の軸例文10選】そのまま利用可能な業界・職種別の例文

2022.03.11

2.一度に完璧を目指さない

就活では、何事も一度に完璧にする必要はありません。自己分析や自己PR、志望動機などで一度に完璧を目指してしまうと、作るのにとても時間がかかってしまいます。

ある程度やり終えたら、アウトプットしてフィードバックを得て、改善していくという流れで、ブラッシュアップしていくと効果的です。

また完璧を目指しても、うまくいかなかったときに自分を責めてしまいやすいため、精神的にも良くありません。

そのため、就活では一度に完璧を目指さず、徐々にブラッシュアップしていくという意識で何事も取り組むといいでしょう。

3.OB/OG訪問をする

OB/OG訪問をすることで、OB/OG訪問をしていない学生よりも差を付けやすいです。

OB/OG訪問では、インターネットや企業の会社説明会などで把握しきれない、実際の職場の雰囲気ややりがい、具体的な仕事内容などを聞くことが可能です。

日々どのようなマインドで働いているかなどの社会人の視点を聞くことで、会社の実態を把握できたり、自己PRや志望動機に深みを付けたりできます。

OB/OGと連絡を取る手段としては、大学のOB/OGリストをキャリアセンターからもらったり、企業の人事担当者から紹介してもらったりなどがありますよ。

こちらの記事で、OB/OG訪問の具体的なやり方や質問例を紹介しているので、OB/OG訪問を実施する際の参考にしてみてください。

【OB訪問に絶対行くべき理由】メリット・質問リスト30選

2021.05.10

4.逆求人型の就活サイトを利用する

逆求人型就活サイトに登録することで、企業から早期選考の案内が来ることもあります。

逆求人型就活サイトとは、企業があなたのプロフィールを見て、説明会や選考の案内をするタイプの就活サイトのこと。

ベンチャー企業や中小企業が多く存在していることから、あなたから企業を探さなくても、早期選考のチャンスを獲得できます。

早期選考を効率的に受けたいのであれば、最もおすすめの方法です。

ただし、現在逆求人型の就活サイトが複数あるため「どれを選べばいいのかわからない」という人もいるでしょう。

もしサイト選びに悩んでいるのであれば「OfferBox」を検討してみてはいかがでしょうか?

OfferBoxは無料の逆求人型就活サイトです。

企業がオファーできる就活生の数が制限されているため、本当に企業が望んでいる人材にしかオファーできないような仕組みになっています。

プロフィールを作成するだけで、選考のオファーが届くので、ぜひ登録してみてください。

\今すぐ内定獲得/

5.就活エージェントを利用する

就活キャリア

他の就活生と差を付ける方法に、就活エージェントを利用するのもおすすめです。

就活エージェントは、プロの就活アドバイザーがマンツーマンであなたをサポートしてくれるサービス。

就活に関する相談やエントリーシートの添削、面接の練習を行ってくれます。

しかし「就活エージェントといっても多くてどれを選べばいいかわからない」という人もいると思います。

選び方に悩んでいるなら「就活キャリア」を利用してみませんか?

就活キャリアには、国家資格保有者や元人事担当者のアドバイザーがいて、あなたの内定獲得を徹底サポートします。

豊富な支援実績からあなたの希望や適性、能力に合った企業を紹介できますよ。就活相談はオンラインで行っているため、全国どこからでも受け付けています。

無料で利用可能なので、まずは気軽に相談してみてください。

\オンライン相談実施中!/

就活がわからない人によくある悩み3選

就活によくある悩み

「就活のことが良くわからない…」という人によくある悩み3選を紹介します。

就活がわからないと悩む人の多くは、働くことへのモチベーションを失いがちです。

その結果「就活をしないという選択肢もあるんじゃないかな……」という考えに行きつきやすいですが、この選択肢は大きな困難とリスクがつきまといます。

新卒という特権は就活生が想像する以上に強力な武器なので、慎重に決断してください。

なお「他にも就活に関する悩みを抱えている……」という人は、以下の記事を読むと解決策が見つかるかもしれませんよ。

【目的別】就活の相談相手10選!失敗しない相談相手の選び方まで解説

2023.01.10

悩み1:就活のやる気が出ない場合はどうすればよい?

就活に対するやる気が出ない場合、以下の3つの対処法が考えられます。

就活のやる気がでない場合の対処法

  • 就活の目標をしっかり定める
  • 就職によって得られるメリットを考える
  • 目の前のことに少しでも手を付ける

就活のやる気が出ない人は、自分が社会人になるというビジョンをうまく描けていないことが多いです。

そのため「自分はなぜ頑張らなくちゃいけないのだろうか?」という懐疑心が生まれてしまうのですね。

こういった事態を避けるためにも、前述の自己分析やOB/OG訪問を行ない、自分が将来どういったキャリアを歩むのかをイメージしてくださいね。

また「やらなくちゃいけないことを先延ばしにしてしまう……」と悩んでいる人は、目の前の作業をほんの少しだけでも進めてみるのがおすすめです。

これは心理学用語で「ベイビーステップ」と呼ばれているもので、少しでも手を動かすと脳からドーパミンが分泌され、やる気が引き出されます。

悩み2:「就活をしない」ってあり?

結論から述べると「就活をしない」という選択はあまり推奨できません。

というのも既卒の就職は、新卒の就職よりも圧倒的に難しいからですね。

実際に、マイナビが行った「既卒者の就職活動に関する調査」によると、現役学生の内定率は83.4%もあるのに対し、既卒の内定率はわずか45%しかありませんでした。

既卒の内定率

引用:既卒者の就職活動に関する調査|マイナビキャリアリサーチLab

ただし、上記はあくまで既卒者に対する話です。

進学や海外留学をする場合はこの限りではないので、「就活に失敗しそう……」と不安な場合は思い切って卒業を先延ばしにするのも手です。

悩み3:就活をしない場合ってどんな選択肢がある?

就活をしない場合、主に以下の5つの選択肢が考えられます。

就活をしない場合に考えられる選択肢

進学する      おすすめ度★★★
海外留学する    おすすめ度★★★
フリーランスになる おすすめ度★★☆
起業する      おすすめ度★★☆
留年する      おすすめ度★☆☆

このうち、進学と海外留学は就活しない場合の有力の選択肢となりえます。

勉強する内容や得られるスキルによっては、今後の就活を有利にしてくれる可能性があるため、志望先からの内定を逃した場合はこちらを検討しましょう。

これに対し、フリーランスや起業は自ら経営者となる方法です。

「会社員経験もないのに経営者だなんて」と思われる人も多いですが、最近では新卒フリーランスや新卒経営者も珍しくありません。

ただし、社会人に必要な知識やマナーを独学で学ぶ必要があるため、自分で情報収集したり、率先してビジネススクールに加入したりといった対策が必要。

最後の留年は誰でも手軽に実践できる方法ですが、就活においてはマイナスに作用することが多いので、慎重に決断しましょう。

以下の記事では、就活をしないことのメリット・デメリットを解説しているので、就活しないことを検討している方はぜひ目を通してくださいね。

もう就活したくない24卒必見!具体的な対処法やおすすめ就職サービス

2023.01.14

まとめ

この記事では、就職活動のやりと進め方、他の就活生と差を付ける方法を紹介しました。

記事で紹介した、大まかな就活スケジュールを把握し、自己分析や業界・企業研究、エントリーシートの作成、面接対策と進めていくことが大切です。

ただ、24卒以降の就活はさらに早期化が進んでいるため、早め早めに対策していくことが、早期内定につながりますよ。

もし自分一人で就活を行うのが大変だと感じたら、就活エージェントにサポートしてもらいながら取り組むのがいいでしょう。

あなたの就職活動がうまくいくように応援しています。

関連記事一覧