• HOME
  • コラム
  • 就活
  • 【24卒】早期選考とは?開始時期や実施企業の探し方、内定を得るための準備を解説
早期選考

【24卒】早期選考とは?開始時期や実施企業の探し方、内定を得るための準備を解説

「早期選考っていつからやっているの?」
「早期選考はライバルも少なく、受かりやすいって本当?」
「早期選考を行っている企業ってどこで見つけたらいいの?」

このように悩んでいませんか?

近年、企業が優秀な学生を獲得するために、早期選考を行っています。

就職活動解禁日である大学3年の3月前に選考をしており、2月に内定を取っている学生も見られます。

あなたも早い段階で、志望している企業の内定を獲得し、安心して残りの学生生活を送りたいでしょう。

本記事では、早期選考を受けようと考えている24卒の学生向けに、企業の探し方や必要な準備、早期選考のメリット・デメリットについて紹介します。

この記事を読めば、早期選考での内定獲得に向けた企業選びや選考の準備を把握でき、就活を早期に終えるために動き出せるようになりますよ

24卒向けのおすすめ就活サービス

就活キャリア

就活キャリアに登録すれば、以下のサポートが受けられます。

-就活に関する相談やエントリーシート(ES)の添削

-自己分析から書類選考、面接対策まで一貫してサポート

企業選びから内定までトータルでサポートします!

カンタン30秒で登録できる!/

早期選考とは

早期選考

早期選考とは、就活解禁日前に実施されている選考のことです。

早期選考の特色として、以下の3つがあります。

  • 大学3年の3月より前から始まる選考のこと
  • 早期選考の開始時期は企業・業界によって異なる
  • 万全な選考対策ができているなら、受かりやすい

それぞれ詳しく解説しますので、早期選考についてよく知らない人は、ぜひ読んでみてください。

大学3年の3月より前から始まる選考のこと

早期選考は、「大学3年生の秋冬(10月から2月の間)に行われる選考」のことです。

主にエントリーシートの提出から最終面接を実施し、3月までに内定が出ます。

通常の就活は、政府が定めた就職・採用活動日程のルールに基づき、就職活動の広報解禁が3月1日、選考解禁が6月1日となっています。

しかし、就職・採用活動日程のルールは罰則がないため、早期で選考を実施している企業も少なくありません。

とくに、大学3年の夏〜冬にかけて行われるインターンシップに参加した学生が、早期選考を受けていますよ。

内閣府の調査によると、インターンシップ参加後に参加者の約5割が早期選考の案内をもらっていることがわかりました。

引用:内閣府 令和3年度委託調査事業 学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査 調査結果報告書(概要版)|内閣府

インターンシップに参加した優秀な学生を獲得するために、企業は早い段階で選考を実施しています。

早期選考の開始時期は企業・業界によって異なる

現在、さまざまな企業が早期選考を実施しており、業界によって選考の開始時期は異なります

たとえば、以下のような企業で早期選考が開催されているので見てみましょう。

早期選考が開催されている企業

  • 外資系企業:大学3年の12月までに内定が出る企業がある
  • IT企業:大学3年の12月までに内定が出る企業がある
  • ベンチャー企業:大学3年の1~2月に内定が出る企業がある

上記の企業は、インターンシップに参加した学生に対して早期選考を案内し、優秀な人材に内定を出していることが多いです。

なお、以下のような業界でも、企業によっては6月前に選考を始めています。

6月前に選考を実施している業界

  • 商社業界
  • 金融業界
  • マスコミ業界
  • 人材業界

企業によってそれぞれ選考の開始時期は異なるので、志望度の高い企業を受けたい人は、日々の情報収集が欠かせません。

万全な選考対策ができているなら受かりやすい

早期選考は、大学3年の夏時点で万全な選考対策ができている人におすすめの選考です。

12〜2月に選考が行われるため、ほとんどの学生が就活への準備ができておらず、早期選考前に対策をしていれば受かる確率が高くなります。

リクナビの調査によると、4年の4〜6月が面接で忙しいと感じた人が多く、3年の10〜2月に面接で忙しかったと回答している人は、5%未満でした。

引用:いつ、何をやる?就活の流れを解説!|リクナビ

つまり、早期選考で忙しいと感じる人は本選考より少ないので、事前にしっかり対策をしていれば、本選考より内定をもらいやすいのです。

また、早期に就活をしている時点で優秀な就活生であると企業から評価されます。

中小企業やベンチャー企業は早めに優秀な人材を獲得したいので、早期選考に参加した学生は本選考より採用されやすいです。

ただし、就活の準備がしっかりできてない学生が参加しても、内定が取れないので気をつけましょう。

早期選考を行っている企業の受け方・探し方6つ

早期選考企業 探し方

早期選考を行っている企業を見つける方法について、以下の6つがあります。

早期選考を行っている企業の受け方・探し方

  1. インターンシップに参加する
  2. リクルーター面談を利用する
  3. OB/OGから紹介してもらう
  4. 早期選考イベントに参加する
  5. 逆求人型の就活サイトを利用する
  6. 就活エージェントを利用する

上記の受け方・探し方を実践することで、早期選考を受けられる機会を増やせるので、ぜひ参考にしてみてください。

1.インターンシップに参加する

早期選考を受けられる可能性が高い企業として、インターンシップを実施している企業があります。

インターンシップは、数日から数ヶ月間程度、就活前に企業で職業体験をすることです。大学3年の夏や秋冬に多くの企業で開催されています。

就活生が業界や企業の理解を深めるためのイベントですが、選考のひとつとしてインターンシップを実施している企業も少なくありません

インターンシップで企業から高い評価を受けた人には、早期選考のルートに招待や選考ステップの一部免除などの特典を受けられますよ。 

また、インターンシップに参加していないと本選考を受けられない企業もあります。希望している企業があれば選考ステップを調べ、インターンシップの参加が必要かどうかを確認しましょう。

こちらの記事で、長期インターンシップと短期インターンシップの探し方について紹介しているので、気になる人はあわせて見てみてください。

【参加必須】インターン探し方ガイド!就活初心者におすすめのサイト6選

2021.04.26

2.リクルーター面談を利用する

リクルーター面談とは、企業の人事部から依頼された社員が実施する面談です。カフェやレストランなどで行われ、雑談を交えながらラフな雰囲気で面談します。

一見リラックスして受けられるように見えますが、しっかりと企業への志望度や熱意を伝えなければなりません。

面談では、リクルーターがあなたのことを評価しており、自社に必要な人材かを判断しているためです。

リクルーターから高い評価を得られれば、面談中または面談後に早期選考の案内が来ます。

企業によっては、志望度の高い人材に対してリクルーターが就活のサポートをしてくれるので、内定を取りやすくなる場合もあります。

リクルーターに評価されるためにも、謙虚な姿勢で気を抜かずに面談に参加しましょう

3.OB/OGから紹介してもらう

志望度の高い企業にOB/OGがいれば、紹介で早期選考に参加できる場合もあります。

リクルーター面談のように、OB/OGからあなたが企業に必要な人材だと判断された場合、早期内定をもらえるチャンスを得られるのです。

OB/OGと会う方法として、キャリアセンターで連絡先を聞くことをおすすめします。OB/OG訪問をすることで、企業にあなたのことが認知され、内定獲得に近づけるでしょう。

また、最近では、社員が友人や知人を紹介する「リファラル採用」を取り入れている企業もあります。

先輩や友人のつてを辿ることで、早期選考や特別な選考ルートに案内されることがあるので、志望している企業に知人がいないか周りに聞いてみましょう。

OB/OG訪問のやり方についてわからない人もいるでしょう。

OB/OG訪問の具体的なやり方や質問すべき項目をこちらの記事で紹介しているので、気になる人は見てみてください。

【OB訪問に絶対行くべき理由】メリット・質問リスト30選

2021.05.10

4.早期選考イベントに参加する

早期選考を念頭に置いた、合同説明会である「早期選考イベント」への参加も、ひとつの手段ですよ。

早期選考イベントは就活生向けの人材サービス会社が主催のイベントで、早期選考を実施している複数の会社に出会えます。

一般的な合同説明会よりも少人数で行われるため、企業の採用担当者と接する機会が多いのがメリット。

イベントによっては、説明会中にグループディスカッション選考が実施されます。

複数の会社があなたのことを評価し、自社に適切な人材だと一社以上に判断されると、その企業から次の選考の案内が来るでしょう。

早期選考イベントは、ベンチャー企業の参加が多いのが特徴です。

しかし、ベンチャー企業に興味のない人でもグループディスカッションの練習になるので、志望度の高い会社を受ける前に参加することをおすすめします。

こちらの記事で、グループディスカッションの対策方法やNG行動について紹介しているので、参加する前に見ておきましょう。

【グループディスカッション対策】対策方法と評価項目各6つを紹介

2021.04.15

5.逆求人型の就活サイトを利用する

逆求人型就活サイトに登録することで、企業から早期選考の案内が来ることもあります。

逆求人型就活サイトとは、企業があなたのプロフィールを見て、説明会や選考の案内をするタイプの就活サイトのこと。

ベンチャー企業や中小企業が多く存在していることから、あなたから企業を探さなくても、早期選考のチャンスを獲得できます。

早期選考を効率的に受けたいのであれば、最もおすすめな方法です。

ただし、現在逆求人型の就活サイトが複数あるため、「どれを選べばいいのかわからない」という人もいるでしょう。

もしサイト選びに悩んでいるのであれば、「OfferBox」を検討してみてはいかがでしょうか?

OfferBoxは無料の逆求人型就活サイトです。

企業がオファーできる就活生の数が制限されているため、本当に企業が望んでいる人材にしかオファーできないような仕組みになっています。

プロフィールを作成するだけで、選考のオファーが届くので、ぜひ登録してみてください。

\今すぐ内定獲得/

6.就活エージェントを利用する

就活キャリア

就活エージェントは、プロの就活アドバイザーがマンツーマンであなたをサポートしてくれるサービスです。非公開求人の紹介もしており、あなたにぴったりの企業を提示してくれるでしょう

「早期選考をしている企業を教えてほしい」と伝えれば、エージェントが見つけてくれるため、探す手間が省けます。

また、選考にエントリーした場合、エントリーシートの添削や面接の練習も行ってくれるため、内定の確率を上げられます。

しかし、「就活エージェントといっても、多くてどれを選べばいいかわからない」という人もいるでしょう。選び方に悩んでいるなら、「就活キャリア」を利用してみませんか?

就活キャリアには、国家資格保有者や元人事担当者のアドバイザーがいて、あなたの内定獲得を徹底サポートします。

就活相談はオンラインで行っているため、全国どこからでも受け付けています。無料で利用可能なので、まずは気軽に相談してみてください。

カンタン30秒で登録できる!/

早期選考のメリット5つ

早期選考 メリット

早期選考には、主に以下の5つのメリットがあります。

早期選考のメリット

  1. 早期に内定を獲得できて余裕が生まれる
  2. 落ちたとしても弱点を見直して本選考に臨める
  3. 内定を獲得できたら卒業まで自由な時間が得られる
  4. 選考が一部免除される可能性もある
  5. 優秀な仲間と出会える

メリットを知ることで、あなたが早期選考を受けた方がいいかを判断できるので、ぜひ読んでみましょう。

1.早期に内定を獲得できて余裕が生まれる

早期選考で一社でも内定を獲得できれば、今後の就活に余裕が生まれます

他に志望している会社の内定を取れなくても、卒業後に入社できる企業があるので、安心して次の会社に挑めるでしょう。

「とにかく一社でも内定が欲しい」という理由で、複数の企業をエントリーする必要もなくなるため、志望度の高い企業の選考だけに力を入れられます。

また、内定を持っていることは面接でのアピール材料になります。

面接で「内定を持っているか?」という質問をされたときに、「はい」と答えられると他の企業も欲しいと考えている人材であることがわかるためです。

内定を一社取るだけで、今後の就活へのモチベーションが大きく変わるので、ぜひ早期選考に参加してみましょう。

2.落ちたとしても弱点を見直して本選考に臨める

早期選考で落ちても、面接のパフォーマンスを改善してその企業の本選考に臨めば、内定をもらえる可能性があります。

最初の面接は失敗がつきものです。練習ではうまく話せても、本番で頭が真っ白になることや敬語をちゃんと使えなくなることもあるでしょう。

また、想定していなかった質問に答えられないこともあるかもしれませんが、実際の面接で得られる失敗は、次の面接での糧になります。

自分の失敗を見直して、本選考に挑戦すれば、早期選考よりも良い面接の受け答えができますよ。

早期選考で練習することで、本選考での内定の確率が上がるため、志望度の高い企業が早期選考と本選考を実施していたら両方受けてみましょう。

ただし、早期選考で落ちると本選考にエントリーできない企業もあるので、事前に調査してください。

3.内定を獲得できたら卒業まで自由な時間が得られる

早期選考で志望度の高い企業の内定を獲得できれば、卒業まで自由な時間ができることもメリットです。

残りの学生生活を旅行や遊びに使え、充実した学生生活を送れるでしょう。

卒業研究のある人は研究に打ち込めますし、入社前にスキルを身につけたい人は資格勉強に励めます。

単位を取って大学を卒業さえできれば、自由に時間を使えるので、就活を早く終わらせたい人は早期選考がおすすめです。

4.選考が一部免除される可能性もある

早期選考では、優秀な就活生を早く獲得するために、書類選考や一次面接などの選考が免除される可能性があります。

とくにインターンシップに参加した人が免除される傾向があります。

マイナビが「インターンシップの経験が内々定獲得に役に立った内容」について調査したところ、次のようなことがわかりました。

  • インターンシップの経験が内々定獲得に役に立った人の28.1%が「採用選考の一部が免除になった」ことが役に立ったと回答
  • インターンシップの経験が内々定獲得に役に立った人の46.0%が「早期選考に進めた 」ことが役に立ったと回答

引用:マイナビ 2022年卒内定者意識調査|株式会社マイナビ

上記のようにインターンシップに参加すれば、選考の一部免除や早期選考の特典を受けられるため、3月前に内定を獲得できる可能性があります。

5.優秀な仲間と出会える

早期選考に参加する学生は、就活に意欲的で優秀な人が多いです。一緒に選考に参加している学生と仲良くなることで、より就活へのモチベーションを上げられます。

選考ではライバルになりますが、就活に関する情報共有やエントリーシートの添削を一緒にすることで、就活仲間として良い関係を築けるでしょう。

選考に落ちたときもお互いを励まし合えるため、ネガティブ思考から脱却しやすくなりますよ。

逆に、一人で就活をするのはおすすめできません。一人で就活の悩みを抱えてしまうと、思うように内定を獲得できず、負のスパイラルに陥ることがあるためです。

仲間を増やすためにも、インターンシップや説明会に参加し、積極的に声をかけましょう。

早期選考のデメリット4つ

早期選考 デメリット

早期選考のデメリットとして、以下の4つがあります。

早期選考のデメリット

  1. 準備不足に陥りがちになる
  2. 通常の本選考を受けられない可能性がある
  3. 競争率が高い可能性もある
  4. オワハラを受けるリスクがある

早期選考に参加してあとで後悔しないよう、デメリットを理解してから臨みましょう!

1.準備不足に陥りがちになる

早期選考は大学3年の秋から冬にかけて行われるため、ほとんどの学生が就活の準備が整っていません。

準備ができていない状態で選考を受けると、志望度が高い企業に落ちる可能性があります

準備不足のレベルによっては、エントリーシートで「この学生は準備不足だ」と判断されることもあり、面接にすら辿り着けない人もいるでしょう。

「内定を早く取りたいから」と言って選考を受けても、簡単には内定は取れません。仮に内定が取れたとしても、自己分析や企業分析の不足により、あなたの興味のない会社に入社するおそれもあります。

入社したい企業の内定を取るためにも、選考が始まる秋までに自己分析と業界分析をし、エントリーシートや面接に挑める準備をしましょう

自己分析のやり方がわからずまだ始めていない人もいるでしょう。こちらの記事で、効率的な自己分析のやり方について解説しているので、あわせて見てみてください。

【必見】自己分析のやり方徹底解説!就活に使える自己分析を行おう!

2021.03.29

2.通常の本選考を受けられない可能性がある

企業によりますが、早期選考に落ちた場合、本選考を受けられない可能性があります

志望度の高い企業であれ期選考を受けたいと考えている人もいるでしょう。しかし、就活の準備ができていない人の場合、選考に落ちやすいので参加せずに見送ることをおすすめします。

志望度の高い企業の早期選考で落ちると、精神的なダメージも大きいです。モチベーションにも影響するので、無理せずに本選考を受けましょう。

早期選考に参加したい人は、自分の自己分析や業界分析の進捗を把握してから、エントリーするかを判断してください

参加するのであれば、一度きりのチャンスだと思って、本気で選考対策に取り組みましょう。

3.競争率が高い可能性もある

早期選考は企業によって競争率が高い場合があります。選考にエントリーする学生の数は少ないですが、採用枠が限られている企業もあるため、本選考と倍率が変わらない可能性もあるのです。

また、早期選考を受けている就活生の特徴は、しっかりと準備をしている優秀な人が多いこと。

内定を取るために、優秀な人より面接で良い評価を得る必要があるため、人気企業の場合は難易度が非常に高くなります

自分に自信がない人の場合、選考中周りの優秀さに圧倒され、劣等感を感じる可能性もあるでしょう。

早期選考を受けている人が少ないからといって、選考の難易度が下がるわけではないので、注意してください。

4.オワハラを受けるリスクがある

「オワハラ」とは「就活終われハラスメント」の略です。企業が学生に対して、「内定を出す代わりに他社の選考を辞退してほしい」と入社を強要することを言います。

2015年に厚生労働省がオワハラの注意喚起をしたことで話題になりましたが、現在でもオワハラが行われている企業があります。

内閣府の調査によると、2022年卒の就活生の内1割がオワハラを受けたことがわかりました。

引用:内閣府 令和3年度委託調査事業 学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査 調査結果報告書(概要版)|内閣府

早期選考で内定を獲得した人もオワハラを受ける可能性があります。優秀な学生が内定を断って、他の会社に行くのを防ぐためです。

入社を強要された場合、自分だけで悩まず、キャリアセンターのスタッフや周りの人に相談しましょう

早期選考で内定を手にするためにやっておくべき準備3つ

早期選考のための準備

早期選考に参加する前に、早めに以下の準備をしておきましょう。

早期選考で内定を手にするためにやっておくべき準備

  1. 自己分析を行い、就活の軸を定める
  2. エントリーシートの完成度を高める
  3. 志望理由・自己PRを明確にする

具体的にどのようなことをすればいいかも簡単に紹介しているので、ぜひご覧ください。

1.自己分析を行い、就活の軸を定める

早期選考が始まる秋までに自己分析をしましょう。自己分析をすることで、以下のことがわかります。

自己分析でわかること

  • 自分の性格
  • 強み・弱み
  • 将来やりたいこと
  • 自分の行動の傾向
  • 興味のある企業・業界

上記の項目を言語化することで、就活の軸が明確になり、自分に適した会社を見つけやすくなります

企業は自社の経営理念に共感できる人材を探しているため、就活の軸が一致している人ほど採用の可能性が高いです。

早期選考で企業の価値観がマッチしている学生がいれば、採用したいと感じるため、早期内定の確率が上がります。

自分と企業の価値観がマッチすると入社後のギャップも少なくなるため、充実した社会人生活を送れるでしょう。

また、自己分析で自己理解を深めることで、エントリーシートや面接対策にもなります。

とくに面接では、想定外の質問がくることがありますが、自己分析をしていればすっと言葉が出てくるようになりますよ。

ただ就活の軸を決めるのに苦労している人もいるでしょう。こちらの記事で、就活の軸の例文を業界・職種別に紹介しているので、あわせて見てみてください。

【就活の軸例文10選】そのまま利用可能な業界・職種別の例文

2022.03.11

2.エントリーシートの完成度を高める

面接を受けるためには、エントリーシートも重要です。早期選考の時点では、完成度の高いエントリーシートを書ける学生は多くありません。

つまり、早い段階で完成度の高いエントリーシートを書けていると、早期選考で有利になります。

質の高いエントリーシートを書く方法として、書籍やサイトにある事例を見ながら書くことをおすすめします

自己分析で見つかった強みや経験談について、例文の文章の型にはめて書いてみましょう。

望度や熱意が伝わる文章になっているかを確認するために、キャリアセンターや就活エージェントに見てもらうのもひとつの手ですよ。

しかし、エントリーシートがうまく書けずにつまずいている人もいるでしょう。

こちらの記事で、勝てるエントリーシートの書き方を設問別に紹介しているので、あわせて見てみてください。

【設問別例文9つ】勝てるエントリーシートを書くポイントを徹底解説

2021.04.21

3.志望理由・自己PRを明確にする

面接で必ず聞かれる志望理由と自己PRは明確にしましょう。

早期選考の段階では、就活の準備ができていない学生が多いため、明確な志望理由や自己PRを作れていることで面接での評価が高くなります。

また、面接であらゆる質問に対応するために、深堀りもしましょう。たとえば、「この世に発売されていない新しい技術が使われた商品を開発したいため、貴社を選びました」という志望動機を作ったとします。

この場合、「なぜ自社で作りたいのか」「なぜ新しい商品を開発したいのか」などの質問が想定できるでしょう。

深堀りして「なぜ」を考えることで、自己理解も深められるため、面接での質問に対応しやすくなります。

より幅広い質問に対応するために、模擬面接をしてイレギュラーな質問に答える練習もおすすめです。

志望理由をうまく書けない人は、こちらの記事で志望動機のひな型を紹介しているので、あわせて見てみてください。

【志望動機が書けない】7つの要素を使った志望動機のひな型を紹介!

2021.04.18

早めの選考準備で内定を勝ち取ろう!

早期選考は大学3年の3月より前に実施される選考です。外資系やIT企業、ベンチャー企業が実施しており、就活解禁日前に内定をもらえる可能性があります。

早期選考が実施されている時期は、ほとんどの就活生が準備できていません。

選考に参加できる状態の学生が少ないことから、万全な対策をしている学生は内定を取りやすいので、ぜひエントリーしてみましょう。

早期選考で内定を取るためにも、自己分析を徹底し、エントリーシートの完成度を高めることをおすすめします。

自己PRや志望理由の深掘りもすることで、面接であらゆる質問に対応できますよ。

早期に内定を獲得して、残りの学生生活を楽しく過ごしましょう!

関連記事一覧