一次面接 落ちる やばい

一次面接で落ちるってやばい?よくある原因と突破するコツを解説

  • 一次面接で落ち続けてしまい、やばいと感じている
  • でも、一次面接で落ち続ける原因がわからない
  • 一次面接で落ちるフラグや受かるサインってあるの?

このように、一次面接で落ち続けていると、このまま内定がもらえないのではないかと心配になりますよね。

一次面接で落ちる人には共通の原因があります。そのため、次面接では何が評価されるのかを理解し、その原因をなくせば通過する確率をぐっと上げられますよ。

そこでこの記事では、一次面接で落ちる人に共通する特徴や評価されるポイント、一次面接を突破するためのコツを紹介します。

この記事を読めば、あなたが一次面接で落ち続ける原因と落ちないための対策がわかり、一次面接の通過率を大幅に上げることができますよ。

24卒向けのおすすめ就活サービス

就活キャリア

就活キャリアに登録すれば、以下のサポートが受けられます。

-就活に関する相談やエントリーシート(ES)の添削

-自己分析から書類選考、面接対策まで一貫してサポート

企業選びから内定までトータルでサポートします!

\今すぐ内定獲得!/

一次面接で評価されるポイントを知り対策することが大切

一次面接で落ち続ける学生が通過できるようになるためには、一次面接で評価されるポイントを知り、その対策をすることが大切です。

一次面接は最初の面接となりますが、誰でも受かるほど簡単なわけではありません。

また、志望度の高さもしっかりと見られるので、油断せず対策していく必要があります。

一次面接を突破する確率を上げるためにも、これから紹介する一次面接の特徴や評価されるポイントを理解し、悔いのない就職活動にしていきましょう。

一次面接の特徴3つ

一次面接 特徴

はじめに一次面接の特徴を抑えておきましょう。

一次面接の特徴3つ

  1. 面接官は若手であることが多い
  2. 集団面接が実施されることが多い
  3. 基礎的な質問が多い

特徴を理解しておくことで、対策すべき部分を知ることができますよ。

では、それぞれ解説します。

1.面接官は若手であることが多い

一次面接の面接官は若手であることが多く、年齢が近い分、話しやすいと感じるでしょう。

若手とはいっても会社の選考基準に従って評価されるので、油断せずしっかりアピールする必要がありますよ。

また、一次面接は企業にとっても重要な面接ですが、採用に直結する面接ではないため、「二次面接に進ませていい学生か」という観点で評価します。

そのため、基本的なマナーができていない人や志望度が低そうな人は、落とされやすい傾向にあります。

2.集団面接が実施されることが多い

一次面接では、なるべく多くの応募者と会うために、複数人の選考を同時に行う集団面接が実施されることが多いです。

この集団面接は、学生3〜6人を一つのグループとして行われるのが一般的で、応募者が多い人気企業ほど取り入れているケースが目立ちます。

一人一人の持ち時間が個人面接よりも短い分、しっかりアピールしていくことが大切です。

3.基礎的な質問が多い

一次面接は、面接でよく問われる基本的な質問が多いことも特徴です。

たとえば、以下のような質問です。

  • あなたの自己PRを教えてください
  • あなたの学生時代に頑張ったことを教えてください
  • 志望動機は何ですか?
  • 長所と短所を教えてください
  • 挫折経験について教えてください
  • 他社の選考状況を教えてください

上記の質問は、どの業界・企業でも問われるので、しっかり回答を準備しておくことが大切ですよ。

一次面接で落ち続けている人の中で、基本的な質問の回答の準備ができていない人は、準備をしてから面接に臨みましょう。

こちらの記事で、一次面接でよくある質問や意識すべきポイントを紹介しているので、気になる人は参考にしてみてください。

【1次面接突破】意識するポイント2つとよくある質問4選と対策

2021.04.15

一次面接で落ちる割合

一次面接 落ちる割合

結論、一次面接で落ちる割合は企業によって変動するため、一概にはいえません。

また、一次面接で落ちる割合を計測した公式なデータはありませんが、一次面接を通過する割合は一般的に平均30%といわれています。

上記の数字を見て「思ったより低いな」と感じる人は多いでしょう。

一次面接は二次面接、最終面接よりも多くの学生が集められるため、かなりの人数が絞られる傾向にあり、通過率は意外と低いのです。

一次面接で落ちる人に共通する特徴9つ

一次面接で落ちる人に共通する特徴を9つ紹介します。

一次面接で落ちる人に共通する特徴9つ

  1. 清潔感がなく第一印象が良くない
  2. 面接での正しいマナーが身についていない
  3. 声が小さくて覇気がない
  4. コミュニケーション能力が低い
  5. 結論ファーストで話していない
  6. 企業理解が不十分
  7. 自己PR・ガクチカ・志望動機が浅い
  8. 就活の軸が定まっていない
  9. 逆質問に答えられないor質問内容が浅い

自分自身が当てはまっていないか、チェックしてみてください。

当てはまってる項目があれば、改善してから一次面接に臨んだほうが通過率の向上が期待できますよ。

それぞれ解説します。

1.清潔感がなく第一印象が良くない

清潔感がなく第一印象が良くない人は、一次面接に落ちる傾向が高いです。

清潔感や表情、話し方などから第一印象が決まり、第一印象は面接の合否に大きく左右します。

なぜなら初対面での第一印象はインパクトが大きく、その印象を上書きすることが難しいからです。

そのため、あなた自身が面接で下記のようになっていないか確認してみてください。

  • 寝癖が付いたボサボサの髪
  • しわしわのスーツとシャツ
  • 汚れの付いたボロボロの靴
  • 無精ひげ
  • 派手過ぎるメイク
  • 香りの強い香水
  • 挨拶をしていない
  • 背筋が曲がっている

上記のような状態ではやる気がなく感じられ、志望度も疑われてしまうので、最低限の身だしなみは整えて面接に臨むようにしましょう。

2.面接での正しいマナーが身についていない

身だしなみに関連して、面接での正しいマナーが身についていない人も一次面接で落ちる可能性が高いです。

具体的に以下のような行動を取ってしまうと、マナーが悪いと見なされてしまいます。

  • 連絡なしに遅刻する
  • 待ち時間に携帯を触っている
  • 挨拶ができていない
  • 入退室にノックなしで入っている
  • 面接開始の10分前に面接場所に到着する

マナーが悪いと入社意欲があるのかと疑われ、「一緒に働きたい」と思われなくなるため避けましょう。

面接マナーは、入室前にドアを3回ノックし、入室する際は「失礼いたします!」と断って入るなど、一度覚えればできるようなものばかりです。

事前にマナーを覚えてから、面接に臨むようにしましょう。

こちらの記事で、面接で必ず抑えておくべきマナーやポイントについて紹介しているので、気になる人はぜひ見てみてください。

面接マナー徹底解説!入室方法と抑えておきたい3つのポイントを紹介

2021.05.03

3.声が小さくて覇気がない

声が小さくて覇気を感じにくい人も、面接で落とされやすいです。

声が小さいことで自信がない印象を受け、「仕事ができそう」という印象にはならないので、魅力を感じづらいのです。

そのため、普段から声が小さい人は、面接のときだけでも少し声を張って話すよう心がけましょう。

また、背筋を曲げず張ることを意識すれば、覇気を感じさせやすくなるでしょう。

4.コミュニケーション能力が低い

コミュニケーション力が低い人は、一次面接で特に落ちやすくなります。

面接において、コミュニケーション力が低い人というのは、会話のキャッチボールができていない人のこと。

多くの面接官は、学生が質問内容にきちんと答えられていないときに、コミュニケーション力に違和感を持ちやすいです。

そのため、質問の意図を理解し、的確に答えようとする姿勢が大切です。

対策としては、場数を増やして経験を積んでいくことが最も重要ですので、模擬面接などを通して練習しましょう。

5.結論ファーストで話していない

質問に結論ファーストで話していないことも、一次面接でお見送りになりやすい原因の一つです。

面接では、回答の内容だけが重視されるだけでなく、その答え方も重要。

逆に結論がわからず、だらだらと長く話してしまうと、結局何を話しているのかわらなくなってしまいます。

面接では時間も限られているため、聞かれたことを端的に答えることが求められるのです。

対策としては、結論ファーストで伝える癖を付けることです。「●●は何ですか?」と聞かれたら「●●です」と、結論から話すことを意識しましょう。

結論から話すことで、話している途中に「何の質問だったっけ?」と忘れることなく、話せるようになりますよ。

6.企業理解が不十分

一次面接に臨む前に、企業理解が不十分な人も志望度が低いと見なされ落ちる傾向にあります。

一次面接だから「企業についてあまり調べなくても大丈夫だ」と思う人もいますが、一次面接から志望度は見られるので、十分調べる必要があります。

一次面接では、「二次面接に上げていい人か」を総合的に見て判断されるため、志望度が低い人はお見送りになりやすいのです。

対策としては、その企業の業界内での位置づけや他社との違いが明確になるまでやるのがおすすめですよ。

業界内での位置づけや他社との違いが明確になることで、その企業のことがよくわかり、「ちゃんと調べてきてくれているな」という印象につながります。

一次面接だからと油断せず、しっかり企業研究を行いましょう。

企業研究の具体的なやり方や、どこから情報収集すればいいかわからない人もいるでしょう。

こちらの記事で、企業研究の効率的なやり方や意識しておくべきポイントを紹介しているので、見てみてください。

すぐできる!企業研究のやり方と意識すべきポイント3つを徹底解説

2023.01.20

7.自己PR・ガクチカ・志望動機が不十分

自己PR・ガクチカ・志望動機が不十分だと、一次面接で落ちてしまう要因になります。

自己PR・ガクチカ・志望動機は、面接でよく聞かれる定番の質問ですが、これらの作り込みが浅いと落ちる可能性が高くなります。

対策としては、志望企業が求める人材に当てはまるようなアピールをできるようにし、深掘りされたときにきちんと答えられるようにしておくことです。

深掘りされるであろう質問をあらかじめ考えて、回答を準備しておきましょう。

自己PR・ガクチカ・志望動機はどの業界・企業でも聞かれる質問なので、志望企業に向けてしっかり作り込んでください。

ただ、自己PRやガクチカが思い浮かばない人もいるでしょう。こちらの記事で、ガクチカがないときの対処法や手早く作る方法を紹介しているので、あわせて見てみてください。

ガクチカがない学生必見!例文とエピソードの作り方と伝え方を徹底解説

2022.04.05

8.就活の軸が定まっていない

就活の軸が定まっていないと、志望理由がうまく伝わらず、一次面接で落ちる原因になります。

就活の軸は面接で必ずといっていいほど聞かれる質問であり、就活の軸が定まっていなければ、その企業を志望する理由がうまく伝わりません。

関連がわからないほどたくさんの業界を受けていると、一貫性がなく見えて、志望度に疑問を持たれる傾向にあります。

疑問を解消できないと志望度が伝わらず、お見送りになりやすくなります。

そのため、就活の軸をまだ定めてない人は定め、就活の軸にあわせて志望していることを伝えましょう。

上記を説明できれば、面接官も「なぜこの学生はうちを志望しているか」を理解でき、志望理由が伝わりやすくなりますよ。

ただ、就活の軸の定め方がわからない人もいるでしょう。こちらの記事で、就活の軸の決め方や業界ごとの例文を紹介しているので、あわせて見てみてください。

【就活の軸一覧まとめ32選】内定に繋がる企業選びの軸の決め方と例文

2021.05.01

9.逆質問に答えられないor質問内容が浅い

逆質問に答えられなかったり、質問内容が浅かったりすると、志望度に疑問を持たれる可能性が高いです。

面接の最後には必ず「最後に何か質問はありますか?」と質問が来ますが、これは学生の入社意欲やコミュニケーションスキルを見るために行っています。

そのため「特にありません」「大丈夫です」と言って逆質問を行わないと「うちに興味ないのかな?」と志望度が低いと判断されてしまいます。

また、質問内容がありきたりなもの過ぎても、志望度が低そうと思われてしまう可能性がありますよ。

あなたの意見を織り交ぜながら、逆質問することで、志望度の高さを伝えられるようになります。

  • 公式HPなどで調べてわかることは聞かない
  • すでに聞いたことを繰り返し聞かない
  • 残業や給与などのことは聞かない

上記のような逆質問は、かえってマイナス評価となりやすいため避けましょう。

こちらの記事で、一次面接で使える逆質問や業界別に使えるおすすめの逆質問について紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

【面接の逆質問例23選】必須ポイント2つとNG逆質問3つも紹介

2022.04.14

一次面接でチェックされるポイント4つ

一次面接でチェックされるポイントを4つ紹介します。

一次面接でチェックされるポイント4つ

  1. 基本的な就活マナーがあるか
  2. コミュニケーション能力があるか
  3. 一緒に働きたいと思えるか
  4. どれくらいの入社意欲を持っているか

何を見られているのかがわかれば、アピールすべきポイントもわかり、しっかりと対策できますよ。

それぞれ解説します。

1.基本的な就活マナーがあるか

一次面接では、基本的な就活マナーがあるかをチェックされています。たとえば「入室時に挨拶できているか」「髪型や服装に清潔感があるか」などです。

基本的な就活マナーは、会社に入ってからも必要になるので、一次面接でも重要視されます。

就活マナーに欠けると判断された場合、減点対象になってしまうので、注意してください。

2.コミュニケーション能力があるか

コミュニケーション能力があるかどうかは、一次面接で特に大切です。

面接官は学生のコミュニケーション能力を、会話のキャッチボールができているかで判断しています。

具体的には、質問に対しての回答がズレていないかを見ており、これは話が長過ぎたり、覚えてきたことをそのまま話そうとしたりすると起こりがち。

質問にズレた回答をしていると「コミュニケーション能力が低い」「優秀ではなさそう」と判断され、落とされやすいのです。

3.一緒に働きたいと思えるか

一次面接では、就活マナーや熱意なども含めて「一緒に働きたいと思えるか」という基準で通すか通さないかを判断しています。

特に協調性と「自分で考えて行動できるか」という観点で、面接官は判断している傾向にあります。

仕事は周囲の人と協力し合って行うものであるため、いくら優秀だとしても協調性がなければ活躍できません。

また、他人から指示がないと動けない人よりも、自分で考えて行動する積極性を持っている人のほうが活躍しやすいです。

そのため、面接官は同じ企業の社員として、上記のような観点から一緒に働きたいと思える人を採用したいと考えています。

一次面接だけでなくすべての面接で、協調性を示し、自分で考えて行動できる人であることをアピールすることが大切です。

4.どれくらいの入社意欲を持っているか

どれくらいの入社意欲を持っているかも、一次面接では大切なポイントです。

一次面接だから入社意欲はあまり問われないと思う人もいるかもしれませんが、一次面接から入社意欲の高さはかなり見られています。

企業側は入社意欲が高く、自社で活躍してくれる人材を求めています。

そのため一次面接から志望動機を作り込み、入社後何がしたいかやビジョンを伝え、志望度の高さをアピールしましょう。

一次面接を突破するための8つのコツ

一次面接を突破するための8つのコツについて紹介します。

一次面接を突破するための8つのコツ

  1. 身だしなみを整える
  2. 面接での正しいマナーを身に付ける
  3. 自己分析をして就活の軸を定める
  4. 他社との違いを明確にできるまで企業研究を行う
  5. 自己PR・ガクチカ・志望動機をブラッシュアップする
  6. 会話のキャッチボールを意識する
  7. 面接練習を行う
  8. 就活エージェントに面接対策してもらう

「一次面接すら通らない」と悩む人は、特に上記の対策を行うことで、通過率を大幅に上げられるでしょう。

まずは、身だしなみやマナーなどで減点されないことが大切です。

それぞれ解説します。

1.身だしなみを整える

一次面接を突破するために、身だしなみを整えるようにしましょう。

特に身だしなみは第一印象に大きく影響するので、スーツや髪型、姿勢に気を付けることが必要です。

男女問わず、前髪が目にかかると暗い印象を与えやすいため、すっきりと整えておくのがおすすめ。

また就活の間は毎日のようにスーツを着るため、シワが付かないよう管理したり、定期的にクリーニングに出したりしましょう。

2.面接での正しいマナーを身に付ける

一次面接で減点されないよう、面接での正しいマナーを身に付けることが大切です。

一次面接では「一緒に働きたいか」という目線で評価されるので、マナーができていない人とは働きたいと思ってもらえずお見送りになりやすいです。

そのため、正しい面接マナーを対策するだけでも落ちる確率を下げられます。

面接での正しいマナーについて一例を紹介するので、参考にしてみてください。

  • 遅刻しない(遅刻する場合は、事前に連絡する)
  • コート類を脱いでから建物に入る
  • 入室前にドアを3回ノックする
  • スマートフォンの電源を切るか、マナーモードにしておく
  • いすに着席する際は、相手に促されてから「失礼します」と言って座る
  • 「~です」「~ます」など適切な言葉遣いをする

またこちらの記事では、面接当日に抑えるべきマナーや面接官に好印象を与えるコツを紹介しているので、気になる人は見てみてください。

【面接マナー】新卒就活での最低限のマナー5つと好印象を与えるコツ

2021.04.18

3.自己分析をして就活の軸を定める

一次面接を突破するには、就活の軸を定めることが重要です。

なぜなら面接官は就活の軸を聞くことで、その軸に自社が当てはまっているかどうかを知りたいと考えているからです。

そのため、就活の軸に関する質問はほとんどの面接で聞かれると思っておいたほうがいいですよ。

しかし、就活の軸を定めるには自己分析が不可欠。自己分析をすることで自分自身の価値観や考え方がわかり、明確な就活の軸が定まるためです。

就活の軸が定まることで企業選びに活用でき、面接でも説得力のある志望動機を答えられるようになるメリットがあります。

就活の軸がまだ決まっていない人は、何よりも先に自己分析をして就活の軸を定めましょう。

4.他社との違いを明確にできるまで企業研究を行う

一次面接を突破するためには、他社との違いを明確にできるまで企業研究を行うといいでしょう。

自分に合った企業を選べるようになるだけでなく、その企業だけの志望動機を作れるようになるからです。

その企業の特徴を理解し自分と結び付ければ、より説得力のある志望動機が作れるようになり、内定を得る確率を上げられますよ。

逆に同じ業界のどの企業にも当てはまる内容だと面接官の心にも響かず、突っ込まれたときに答えられなくなってしまいます。

ぜひ、一次面接を突破できず悩んでいる人は、他社との違いを明確にできるまで企業研究を行いましょう。 

業界内での位置づけや他社との違いを明確にするまで企業研究を行うために、企業研究ノートを作ることがおすすめです。

こちらの記事で、企業研究ノートの作り方を紹介しているので、あわせて見てみてください。

【できる就活生はやっている】企業研究ノートの作り方

2021.04.02

5.自己PR・ガクチカ・志望動機をブラッシュアップする

一次面接に通過するために必ず聞かれるといっていい、自己PR・ガクチカ・志望動機のブラッシュアップを行いましょう。

といっても、一人で行うには難しいこともあるでしょう。そんなときは、第三者に添削してもらうのがおすすめです。

たとえば、周りの友人に見てもらうことで有益なアドバイスをくれるかもしれません。

友人に見てもらうのが恥ずかしければ、就活のプロである就活エージェントや大学のキャリアセンターのアドバイザーに見てもらうのも一つの手です。

中には、うまく志望動機を書けない人もいるでしょう。

こちらの記事で、穴埋め形式で志望動機を簡単に書ける方法とテンプレートを紹介しているので、あわせて見てみてください。

就活生必見!穴埋め形式で志望動機が書けるテンプレートを紹介

2022.03.04

6.会話のキャッチボールを意識する

一次面接を突破するために、聞かれた質問にしっかり答え、会話のキャッチボールを意識して会話しましょう。

面接官からの質問にズレた回答をしてしまうと、コミュニケーション能力が低いと判断されてしまいます。

逆に聞かれた質問にちゃんと答えることでコミュニケーション能力が高いと判断され、一次面接を突破できる可能性が高まりますよ。

会話のキャッチボールをうまく成立させるためには、質問に対して結論→理由の順で簡潔に答えることがポイントです。

結論→理由の順に答えられると話の要点がわかりやすく、「会話のキャッチボールがちゃんとできる人だ」という印象を与えられますよ。

会話のキャッチボールができない人は、意外にも多いので、会話のキャッチボールができるだけで通過率を大きく上げられるでしょう。

7.面接練習を行う

一次面接の通過率を上げるには面接練習を行い、対策して臨むことが大切です。

面接練習をすることで、実力が付き一次面接の通過率を高められますよ。効率良く面接の練習をするには、模擬面接がおすすめです。

模擬面接を行うことで、第三者からの客観的な意見をもらうことができ、これまで気づけなかった改善点が見つかります。

友人や就活仲間に頼んで、模擬面接を行ってみましょう。周囲に頼れる人がいなければ、就活エージェントを利用してみましょう。

プロのアドバイザーが良い点や改善点をわかりやすく教えてくれますよ。

8.就活エージェントに面接対策をしてもらう

就活キャリア

もし自分一人で面接対策を行うのが難しければ、就活エージェントに頼ってみましょう。

就活エージェントは、プロの就活アドバイザーがマンツーマンであなたをサポートしてくれるサービスです。

就活に関する相談やエントリーシートの添削、面接の練習を無料で行ってくれますよ。

しかし、「就活エージェントといっても多くてどれを選べばいいかわからない」という人もいると思います。

選び方に悩んでいるなら、「就活キャリア」を利用してみませんか?

就活キャリアには、国家資格保有者や元人事担当者のアドバイザーがいて、あなたの内定獲得を徹底サポートします。

豊富な支援実績からあなたの希望や適性、能力に合った企業を紹介できますよ。就活相談はオンラインで行っているため、全国どこからでも受け付けています。

無料で利用可能なので、まずは気軽に相談してみてください

\今すぐ内定獲得!/

まとめ

この記事では、一次面接で落ちる人に共通する特徴や評価されるポイント、一次面接を突破するためのコツを紹介しました。

一次面接で落ちた人の中には、強いショックを感じた人もいるでしょう。

しかし、一次面接で落ちる人には共通の原因があり、その原因をなくせば一次面接を通過する確率をぐっと上げられます。

この記事で説明した原因を理解し、しっかりその対策を実行することで、一次面接を突破できるようになるでしょう。

一人で面接対策を行うのが難しいと感じたら、就活エージェントにサポートしてもらいながら就活を続けるのがおすすめです。

一次面接の先の選考も見据えて、この記事で紹介した内容を実践してみてくださいね。

関連記事一覧