無い内定 NNNT

【24卒】無い内定(NNT)の人によくある原因、特徴や対策を解説

  • 就活がうまくいかず、今の無い内定の状態から脱したい
  • すでに周りの友達は内定をもらっているのに、自分だけ内定がない……

このように悩んでいませんか?今無い内定の状態で、焦る人も中にはいるでしょう。

ただ、無い内定の人には共通で当てはまる原因があるため、原因別に対策していくことで内定を得る確率をぐっと上げられます。

そこでこの記事では、無い内定の人によくある原因とその対策、内定を得るために取るべき行動、就活に取り組む際の心構えを解説します。

この記事を読めば、なぜあなた自身に内定がないのかわかり、無い内定から抜け出すための対策や行動ができるようになりますよ。 

24卒向けのおすすめ就活サービス!

就活キャリア

就活キャリアに登録すれば、以下のサポートが受けられます。

-就活に関する相談やエントリーシート(ES)の添削

-自己分析から書類選考、面接対策まで一貫してサポート

企業選びから内定までトータルでサポートします!

\今すぐ内定獲得!/

目次

就活では納得できる一社から内定を得ることが大切

無い内定 納得できる1社

初めに伝えたいのが、就活は納得できる1社から内定をもらうことが大切で、無い内定の状態がやばいわけではありません。

すでに内定を持っている人の中には、志望企業ではないけれど、とりあえず内定をもらえたから保持しているだけの人もいます。

内定を複数持っていても、結局はその中から1社しか選べません。今無い内定の人は、納得できる1社から内定を得ることを目標に、就活に取り組んでいきましょう。

無い内定とは

無い内定とは

無い内定とは、内定をもらえていない状態のことを指します。

頭文字を取って「NNT」と就活生の間で呼ばれることもあり、主にSNSや掲示板などでよく見かけることが多い造語です。

いつまでに無い内定だとやばいのか

結論としては、内定式が行われる大学4年の10月までに無い内定の状態だと、危機感を覚えなければならない状況といえます。

基本的に企業は、内定式までに自社の採用が充足するよう採用スケジュールを立てて、採用活動を行っています。

そのため、多くの企業は大学4年の10月までに学生に内定を出し終え、採用終了になるのです。

10月以降は募集する企業の数がぐっと減るため、無い内定の人は、危機感を持って就活に臨みましょう。

無い内定者の割合

引用:就職プロセス調査(2023年)|就職未来研究所

上記の就職未来研究所が行った内定率の調査から、2022年度の無い内定者の割合を時期ごとに出してみましょう。

時期

無い内定の割合

2月

約91%

4月

約72%

6月

約32%

8月

約15%

10月

約8%

12月

約5%

無い内定者の割合を時期別に見ると、大学3年の2月の段階で9%はすでに内定を持っているものの、91%の学生はまだ無い内定の人が大半です。

しかし、大手の選考が始まる大学4年の6月では、7割の学生が内定を持ち、無い内定者のほうが少ない状態になっています。

内定式が行われる10月時点では、無い内定の割合が7.6%とほとんどの学生が内定を持っている状況。

上記を踏まえると、現状の就活では大学4年の6月時点で無い内定の状態であれば、周りよりも内定獲得が遅いと考えられます。

そのため、6月を過ぎても内定がなければ、内定獲得に向けて早めに行動することが大切ですね。

無い内定の人によくある9つの原因と対策

無い内定の人とすでに内定を持っている人の違いは、どこにあるのでしょうか?

無い内定の人によくある原因と、その対策を9つ紹介します。

無い内定の人によくある原因と対策9つ

  1. 自己分析が不足している
  2. 企業研究が足りない
  3. 自己PRやガクチカ、志望動機の内容が不十分
  4. グループワーク・グループディスカッションの対策ができていない
  5. Webテスト対策ができていない
  6. 面接対策ができていない
  7. 受ける企業が少ない
  8. 大手ばかりにこだわっている
  9. 最低限のビジネスマナーができていない

内定を持っている人との差を埋めていけば、内定獲得に近づきますよ。

では、それぞれ解説します。

1.自己分析が不足している

無い内定である原因の一つに、自己分析の不足が挙げられます。

面接官は、あなたの人柄や魅力を知りたがっているため、さまざまな角度からあなたの価値観や考え方を尋ねて来ます。

しかし自己分析が不足していると、回答がしどろもどろになってしまい、評価が下がり、お見送りになってしまうのです。

また、自己分析が甘いことで就活の軸がブレてしまい、その業界・企業を選んだ理由や魅力的な志望動機が伝えられず内定につながりません。

対策:面接でよくある質問の回答を準備する

対策としては、面接でよくある質問の回答をあらかじめ想定して、しっかり回答できるよう準備しましょう。

そのためには、自己分析をしっかり行わなければなりません。

回答をまとめるときは、自分のどんな点が強みで、会社でどう活かせるのかを盛り込み、自分を雇うメリットを具体的に伝えましょう。

もし、うまく回答がまとめられないところがあれば、その部分の自己分析が足りない証拠です。

自己分析は漠然としていて終わりがありませんが、上記のようなやり方で進めていけば、終わりがあるので、効率的ですよ。

こちらの記事で、面接でよく聞かれる質問例とその回答例を紹介しているので、あわせて見てみてください。

面接で聞かれることはたったの4パターン!頻出の質問と回答例8つ

2021.04.05

2.企業研究が足りない

企業研究が足りない点も、無い内定の人によくある原因です。

書類選考や面接では、熱意を確認するため「自社のどの点に興味を持ったのか」「自社についてどれくらい調べてきているか」などを聞く質問が来ます。

企業研究が足りていないと、明確に答えられず「志望度が低そう」という印象を持たれてしまいかねません。

そのため、企業研究が不足していると内定に結びつきにくくなってしまうのです。

対策:企業の位置づけや同業他社との違いを明確にするまで企業研究を行う

対策としては、企業研究を漠然と行うのではなく、企業の位置づけや同業他社との違いを明確にするまで行うことです。

その企業の業界内での位置づけや他社との違いが明確になることで、自分との接点を見つけやすくなり、その企業だけの志望動機を作りやすくなります。

また、将来性や業界全体の課題なども押さえておくと「うちのことをかなり調べてきてくれているのだな」という印象を与えられますよ。

ただ、どのように企業研究をやったらいいか、わからない人もいるでしょう。こちらの記事で、企業研究のやり方や意識すべきポイントを紹介しているので、あわせて見てみてください。

すぐできる!企業研究のやり方と意識すべきポイント3つを徹底解説

2023.01.20

3.自己PRやガクチカ、志望動機の内容が不十分

書類選考や面接で必ず聞かれる自己PRやガクチカ、志望動機の内容が薄いことが無い内定の原因として考えられます。

「御社の製品が大好きだから応募しました!」といった志望動機や根拠となるエピソードがない自己PRは、中身が薄いと面接官から思われてしまいます。

対策:第三者に中身をみてもらう

対策としては、友人や大学のキャリアセンターの人などに見てもらうのがおすすめです。自己PRや志望動機の内容が薄かったとしても、自分ではなかなか気づきにくいもの。

そこで、第三者に客観的に見てもらい、フィードバックをもらうことで改善点が見つかるはずです。 

改善点が見つかってもうまく改善できない場合は、企業研究や自己分析から見直すといいでしょう。

もし、周りに添削してもらえる人がいなければ、就活のプロである就活エージェントに添削してもらうのがおすすめですよ。

4.GW(グループワーク)・GD(グループディスカッション)の対策ができていない

書類選考後によく行われるGW(グループワーク)・GD(グループディスカッション)の対策ができておらず、お見送りになった人もいると思います。

GW・GDは、目的を達成するために周囲とのコミュニケーションや、接し方が主に見られています。

しかし、コミュニケーションが苦手な人は落ちやすい傾向にあるため、しっかり対策を練る必要がありますよ。

対策:GW・GDの進め方や役割、評価ポイントについて理解する

対策としては、GW・GDの進め方や役割、評価ポイントについて理解し、経験を積むことが大切です。

GW・GDの練習ができる就活イベントもあるため、経験を積むために利用してみましょう。

こちらの記事で、GWの進め方や役割、見られる評価ポイントについて解説しているので、苦手な人は参考にしてみてください。

インターンシップでのグループワークとは?テーマ例や評価ポイントを解説

2022.10.28

5.Webテスト対策ができていない

面接に限らず、Webテストの対策がしっかりできていないと、お見送りの原因になります。

特に多くの学生が応募する大企業では、面接前にWebテストでふるいにかけるため、対策しないと面接に進むこともできません。

就活のWebテストでよく使われるSPIや玉手箱は、独特な問題が多く、対策なしでは点数を取りづらいテストです。

まだ対策してない人は、対策をしてからテストに臨むようにしましょう。

対策:参考書を少なくとも2~3周する

企業によって使われるWebテストはさまざまあるため、まずは志望する企業がどのWebテストを採用しているのかを把握しましょう。

Webテストの種類がわかったら、その参考書を1冊購入し、少なくとも2〜3周することで問題の傾向や回答の導き方がわかるようになってくるはずです。

実力はすぐに身につくものではないので、毎日少しずつ勉強することで余裕を持って対策できますよ。

こちらの記事で、Webテストの一つである玉手箱の出題例や対策方法を紹介しているので、気になる人は参考にしてみてください。

Webテスト「玉手箱」を解くコツ!例題と効果的な対策方法を解説

2023.01.28

6.面接対策ができていない

面接対策ができていないために、内定がなかなかもらえない人は多くいるでしょう。

面接は、選考全体の中で最も企業が比重を置いているので、対策・準備をしっかり行っていないとお見送りになる可能性が高いです。

具体的に以下のことができているか確認してみましょう。

  • まっすぐ面接官の目を見て話せているか
  • 面接官が聞こえやすいくらいの声量で話せているか
  • 話し方が暗記っぽくなっていないか

上記は基本的なことですが、特に最後は大切です。暗記っぽいと「自分の言葉で話していない」という印象に映り、人物像が面接官に伝わらなくなってしまうからです。

対策:場数を踏んで面接に慣れる

対策としては、場数を踏んで面接に慣れることが大切です。面接本番は緊張感があり、思うように実力を出せない可能性があります。

そのため、キャリアセンターや就活エージェントなどを利用して模擬面接を行い、面接に慣れていきましょう。

面接慣れしていくことで、伝えたいことがスラスラ話せるようになったり、自信がついたりと面接に通過しやすくなりますよ。

ただ、どうしても面接が苦手な人もいるでしょう。こちらの記事で、面接が苦手な人に向けてパターン別の対策方法を紹介しているので、あわせて見てみてください。

たったこれだけで面接の苦手意識は克服できます!パターン別対策法を解説

2021.05.03

7.受ける企業が少ない

単純に受ける企業が少ないことも、無い内定の原因の一つと考えられます。

受ける企業が少ない人は、受ける業界や職種を限定し過ぎていたり、不安から消極的になっていたりする場合が多いでしょう。

書類選考の通過率は一般的に30%といわれており、10社受けたら3社のみ通過できるようなイメージです。

そして、平均2〜3回の面接を終えたのち、内定となるパターンが一般的。

上記を考えれば、受ける企業が少な過ぎることで、それだけ内定獲得率も狭まってしまいます。

対策:20社程度になるよう、持ち駒を増やす

就活において受ける企業数は平均約20社といわれているので、20社よりも少ない人は、持ち駒を増やすのがおすすめです。

株式会社ディスコが行った就職活動の調査によると、2022年卒の一人当たりの平均応募数は約20社であることがわかっています。

大事なのは、どこでもいいからと闇雲に応募する企業を増やすのではなく、自分の就活軸に合った企業に多く応募すること。

異なる業界を受け過ぎても企業ごとの対策が不十分になり、熱意が伝わらず、内定をなかなか獲得できないという状況につながる可能性が高いからです。

もし、受ける企業が少ないと感じたら、自分の就活軸に照らし合わせて受ける企業数を増やしましょう。

こちらの記事で、就活の軸の決め方や業界ごとの例を紹介しているので、まだ決まっていない人は参考にしてみてください。

【就活の軸一覧まとめ32選】内定に繋がる企業選びの軸の決め方と例文

2021.05.01

8.大手企業ばかりにこだわっている

大手企業ばかりにこだわって受けているのも、無い内定の人にありがちな原因です。

これは、いわゆる大手病です。大手病とは、誰もが知っている大企業にのみこだわって応募してしまうことを指します。

大手企業は給与や福利厚生など魅力的な部分が多く、学生からの人気が高いもの。

その分、選考倍率がかなり高く入社難易度が上がるため、優秀な学生でも入るのは難しくなります。

対策:中小・ベンチャー企業などにも視野を広げて幅広く受ける

対策としては、中小・ベンチャー企業などにも視野を広げて、受けてみることです。

中小・ベンチャー企業といっても、昇進が早かったり、大企業では任せてもらえない重要な仕事を若い時期から経験したりできます。

中小・ベンチャー企業にも多くのメリットがあるので、視野を広げて応募していきましょう。

9.最低限のビジネスマナーができていない

最低限のビジネスマナーができていない点も、無い内定の原因の一つです。

多くの社会人は、社会で働くうえでマナーや礼儀を重んじるため、学生が考える以上にマナーは見られており、評価対象にもなっています。

ビジネスマナーで減点を受けてしまうのはもったいないので、特に面接時のマナーには気を配りましょう。

対策:自分のビジネスマナー・身だしなみを見直す

対策としては、今までの就職活動を思い出し、自分のビジネスマナー・身だしなみが悪かったかどうか全体的に見直しましょう。

身だしなみにおいては、寝癖がついていたり、スーツがしわだらけだったりすると、悪い印象を与えるため、清潔感を意識して身なりを整えてください。

また面接時は、入退室の際の挨拶や座るタイミングなど、知っていれば誰でもできることがほとんどです。

もしわからなければ、事前に自分自身で調べておきましょう。

面接時のマナーについて、手っ取り早く知りたい人もいるでしょう。こちらの記事で、面接時のマナーや抑えるべきポイントについて紹介しているので、見てみてください。

面接マナー徹底解説!入室方法と抑えておきたい3つのポイントを紹介

2021.05.03

無い内定の人が内定を掴むためにやるべき行動4つ

無い内定 行動

無い内定の人が内定を掴むために、やるべき行動を4つ紹介します。

内定を掴むためにやるべき行動4つ

  1. OB/OG訪問を行う
  2. 就活イベントに積極的に足を運ぶ
  3. 逆求人型の就活サイトを利用する
  4. 就活エージェントを活用する

特に就活に苦手意識がある人は、就活エージェントの手を借りながら行うと、内定獲得により近づきますよ。

それぞれ解説します。

1.OB/OG訪問を行う

無い内定の人が内定を掴むためにおすすめなのは、OB/OG訪問です。

OB/OG訪問は会社説明会とは違い、実際に現場で働く社員のリアルな働き方や、やりがいなどの実態を知ることができます。

企業の説明会などでは、表面的な部分しか聞けませんが、OB/OG訪問ではリアルな部分を聞くことができるのです。

そのため、自分の向き・不向きが知れたり、業界・企業研究にも活かせたりなど、多くのメリットがありますよ。

OB/OG訪問に行ったことを面接で話せば、志望度が高いこともアピールでき、選考が有利に働く可能性もあるので、積極的に行っていきましょう。

こちらの記事で、OB/OG訪問のやり方や質問例を紹介しているので、実施する際の参考にしてみてください。

【OB訪問に絶対行くべき理由】メリット・質問リスト30選

2021.05.10

2.就活イベントに積極的に足を運ぶ

内定を掴むためには、就活イベントに積極的に足を運ぶことも大切です。

就活に関するイベントに積極的に足を運ぶことで、就活に対するモチベーションが上がります。

合同企業説明会やOB/OG訪問、就活セミナーなどイベントはたくさんあるので、内定獲得のために積極的に参加していきましょう。

3.逆求人型の就活サイトを利用する

今流行りの逆求人型の就活サイトに登録し、企業からスカウトをもらうという方法で企業を見つけるのもいいでしょう。

逆求人型とは、企業側からあなたに「選考を受けてみませんか」と連絡が来るタイプの就活サイトのことです。

逆求人型就活サイトにはさまざまな種類がありますが、中でも「OfferBox」がおすすめ。

OfferBoxでは、大手からベンチャーまで幅広い企業からオファーが来ます。

オファーを承認すると、企業の担当者と直接メッセージのやりとりができ、説明会や選考に案内してもらえる可能性があります。

自己分析ツールのようなプロフィールの作成支援機能も充実しているため、オファー数を増やせるでしょう。

行きたい企業がなく悩んでいる人は、まずはこちらからOfferBoxの無料会員登録をしてみてください。

\今すぐ内定獲得/

4.就活エージェントを利用する

就活キャリア

就活に苦手意識を感じるなら、就活エージェントのサポートを受けながら就活を行うといいですよ。

内定がない状態での就活は焦りやすく、うまく実力が出せないこともあるでしょう。

就活は一人でやるよりも、周りの助けを借りながら行うほうがうまくいきやすいもの。

就活エージェントは、プロの就活アドバイザーがマンツーマンであなたをサポートしてくれるサービスです。

就活に関する相談やエントリーシート(ES)の添削、面接の練習を行ってくれます。

しかし、「就活エージェントといっても多くてどれを選べばいいかわからない」という人もいると思います。

選び方に悩んでいるなら、「就活キャリア」を利用してみませんか?

就活キャリアには、国家資格保有者や元人事担当者のアドバイザーがいて、あなたの内定獲得を徹底サポートします。

豊富な支援実績から、あなたの希望や適性、能力に合った企業を紹介できますよ。就活相談はオンラインで行っているため、全国どこからでも受けつけています。

無料で利用可能なので、まずは気軽に登録して相談してみてください。

\オンライン相談実施中!/

無い内定で卒業した後の進路について

もし、無い内定で卒業する場合の進路について紹介します。

無い内定で卒業する場合の進路

  1. 留年してもう一度就活をする
  2. 大学院に進む
  3. フリーターになる

もし上記の選択を取る場合、それぞれのメリットとデメリットを把握したうえで、決断するようにしましょう。

それぞれ解説します。

1.留年してもう一度就活をする

無い内定で卒業するのではなく、留年して再度就活を行うという手です。

就職留年のメリットは、選考に落ちた企業でも、もう一度チャレンジできることです。

また、一年間留年したからといっても、特段不利になるわけではありません。

企業は留年しているかどうかに限らず、やる気のある人材や活躍できる人材を採用したいと考えているからです。

しかし、留年した理由について聞かれることが多いため、しっかり答えられるよう準備しておきましょう。

2.大学院に進む

お金はかかるものの、興味のある分野の大学院に進学する道もあります。理系であれば、大学院で学んだ専門知識に期待して採用する傾向があります。

しかし、高額な学費や社会に出るのが遅れるというデメリットもあるため、メリットとデメリットの両方を考えて検討することが大切です。

面接の際には、大学院に進学した理由を聞かれるため、ポジティブな理由で進学するようにしましょう。

3.フリーターになる

やりたいことが決まるまで、フリーターとして働く手段もあります。

フリーターは非正規雇用に分類されますが、自分のやりたいことを確保しやすく、自分に合う仕事を見つけるまで仕事を変えやすいメリットがあります。

ただ、重要な仕事を任されにくかったり、収入が上がりづらかったりなどのデメリットもあるため、フリーターを選ぶ際は慎重にしましょう。

フリーターになってから正社員として就職を目指す場合、「採用してもすぐやめそう」という懸念を面接官から持たれる可能性が高いです。

面接官の懸念を払拭するために、正社員として働きたい理由と仕事に対するやる気をしっかりアピールしましょう。

無い内定の人が就活に取り組む際の心構え3つ

無い内定の人が就活に取り組む際に、意識しておくべき心構えを3つ紹介します。

就活に取り組む際に意識しておくべき心構え3つ

  1. 一人だけでなんとかしようとしない
  2. 不採用だったときにその原因を放置しない
  3. 「就活だけで人生が決まることはない」と考える

上記の心構えを持っておくと、苦しくなったときに楽になりますよ。

それぞれ解説します。

1.一人だけでなんとかしようとしない

無い内定の人が就活に取り組む際に、一人だけでなんとかしようとしないことが大切です。

「企業ごとの面接対策ができていないこと」や「自己PRの内容が不十分」など、今まで内定がなかった原因は、何かしらあるはずです。

その状態で、一人で抱え込んで就活を続けても無い内定の状態が続く可能性があります。

そのため、就活仲間を作って情報交換をしたり、就活エージェントを利用したりなど、他の人の知恵に頼りながら行うほうが内定獲得に近づきますよ。

2.不採用だったときにその原因を放置しない

不採用だったときに、その原因を放置しないことも、内定を掴むために必要なことです。

企業は不採用の理由をわざわざ教えてくれないため、自分で客観的に考える必要があります。

不採用だった理由を放置せず改善していくことで、同じ理由で落とされる負のループを防ぐことができ、内定獲得の可能性が上がりますよ。

3.「就活だけで人生が決まることはない」と考える

無い内定の人の中には、「このまま内定がもらえなかったら人生終了だ」と思う人も中にはいると思いますが、就活だけで人生が決まることはありません。

内定はゴールではなく社会人生活のスタートラインであり、社会人生活はそこから何十年と続くマラソンのようなもの。

第一志望の企業に入れなかったとしても、後から努力次第で逆転できる可能性もあります。

無い内定の状態でも、マイナスに考え過ぎるのではなく、今自分ができる最大限の努力で取り組みましょう。

無い内定で心が落ち込んだときのリフレッシュ方法3つ

無い内定 リフレッシュ方法

無い内定の状態が続くと、心が落ち込むことも多いでしょう。そこで、心が落ち込んだときのリフレッシュ方法を紹介します。

心が落ち込んだときのリフレッシュ方法3つ

  1. 趣味の時間を作る
  2. 頑張った後にご褒美を作る
  3. 友人と遊ぶ計画を立てる

自分に合う方法を取り入れて、就活にメリハリをつけて取り組みましょう。

それぞれ解説します。

1.趣味の時間を作る

気分が塞がったときは、趣味の時間を作り、気分転換することが大切です。

就活は多くのストレスや不安にさらされるので、カラオケで歌ったり、サウナで整ったりなど自分の趣味の時間を作り、ストレスを発散しましょう。

気分が落ち込んだ状態で面接に臨んでも、良いパフォーマンスを出しづらいうえに、元気のない印象を与えてしまいます。

また、疲れがなかなか取れない状態なら、一旦就活から離れてみるのも一つの手です。

一週間くらい就活のことは考えないようにし、自分の好きなことや他のことに没頭してみましょう。

ただ、就活はいつかはやらなければならないものなので、就活をスムーズに再開できるよう期限を決めて休むことが大切です。

2.頑張ったあとにご褒美を作る

就活に疲れやストレスを感じたら、頑張ったあとにご褒美を作ることで、モチベーションを上げることができます。

甘いものが好きな人であれば、面接が終わったあとに、ご褒美として甘いスイーツを買って食べるなどがいいでしょう。

他にも「好きなゲームをする」「好きな映画を見る」など、自分なりのご褒美を作り、やる気を上げて就活に取り組みましょう。

3.友人と遊ぶ計画を立てる

無い内定で心が落ち込んだときは、友人と遊ぶ計画を立てることで、気分転換になるでしょう。

就活では、自分と向き合うことが多いため、楽しいことばかりではなく、むしろつらいことのほうが多いかもしれません。

だからこそ、ときには親しい友達やサークルのメンバーと遊び、ストレスを発散しましょう。

就活がうまく進まなくても自暴自棄にならない

就活が進むほど焦りを感じやすくなりますが、うまく進まなくても自暴自棄にならないことが大切です。

内定に近づくためには、選考で落ちてしまう原因を把握し、一つずつ改善していく必要があります。

就活を一人で進めていくのが難しいと感じたら、先ほど紹介した「就活キャリア」を利用してみましょう。

就活に関する相談やエントリーシートの添削、面接の練習を行ってくれて、あなたの内定獲得をサポートしてくれますよ。

無料で利用可能なので、まずは気軽に相談してみてください。

\オンライン相談実施中!/

まとめ

この記事では、無い内定の人によくある原因とその対策や、内定を得るために取るべき行動、就活に取り組む際の心構えを解説しました。

無い内定の人には共通で当てはまる原因があるため、原因別に対策していくことが大切。

就活は一人でやるよりも、周りの助けを借りながら行うほうがうまくいきやすいです。

そのため、内定獲得をサポートしてくれる就活エージェントの利用は特におすすめです。

なかなか内定を獲得できなくても自暴自棄にならず、気分転換も行いながら、今できる最大限の力を発揮して就活を進めていきましょう。

関連記事一覧