• HOME
  • コラム
  • 就活
  • パナソニックの就職難易度は高い?採用大学や学歴フィルターを徹底解説
パナソニック 就職難易度

パナソニックの就職難易度は高い?採用大学や学歴フィルターを徹底解説

  • パナソニックに入社したいけど、中堅大学でも内定はもらえるの?
  • パナソニックの就職難易度はどれくらい高いのだろう?
  • パナソニックに入るには、どんな準備をすればいいんだろう?

このような悩みを持つ就活生は少なくないでしょう。

結論として、パナソニックの就職難易度は高いと言えます。しかし事前準備をしっかり行えば、中堅大学であっても十分内定を勝ち取れる可能性がありますよ。

この記事では、パナソニックの就職難易度や採用実績大学、選考対策まで詳しく解説をします。本記事を読めば、パナソニックの就職難易度や内定の可能性が分かり、今からやるべきことが明確になりますよ。

パナソニックの就職難易度は数ある企業の中でも高い

パナソニック 就職難易度

パナソニックの就職難易度は、数ある企業の中でも高い傾向にあります。Eduaの「企業入社難易度ランキング2021」よると、パナソニックの就職難易度は8位であり、電気・電子メーカーの分野でトップ10に入っています。

引用:朝日新聞Edua

総合電気メーカーの分野でもランキング上位に位置していることから、パナソニックの就職難易度は高いといえるでしょう。そのため、パナソニックの内定を勝ち取るには、しっかり選考対策を行う必要があります。

パナソニックはどんな企業?

パナソニック 会社概要

引用:パナソニック

この章では、パナソニックの会社概要と主な業務内容・職種について紹介します。

選考が始まる前に、会社概要や業務内容について理解を深めておきましょう!

会社概要

パナソニックは大阪府守口市に本社を構えている、業界3位の国内大手電気メーカーです。家電用電化製品の印象が強いですが、住宅関連機器や車載用機器、情報通信機器も取り扱っており、B2B事業など幅広い業務を行っている企業です。

また、パナソニックは2022年4月1日付より、「パナソニック株式会社」から「パナソニックホールディングス株式会社」となり、持株会社体制へ移行しました。

企業名パナソニック株式会社
住所大阪府門真市大字門真1006番地
代表取締役津賀一宏
設立1935年(昭和10年)12月15日
資本金2,587億円
従業員数25万3,540名
パナソニックグループ会社数523社
事業内容家電、住宅、車載、ファクトリー向けソリューションといったBtoB事業、BtoC事業

参照:パナソニック ホールディングス会社概要

主な業務内容・職種

パナソニックの職種は主に、「事務系」「技術系」「クリエイティブ系」の三つに分かれています。以下が主な職種と業務内容になります。

事務系営業・マーケティング
経理
人事
法務
知的財産
調達
広報・宣伝
ロジスティクス
生産管理
カスタマーサービス 
技術系研究開発
生産技術
SE
技術経営
知財
情報システム
調達
品質管理 
クリエイティブ系デザインコンサルティング
サービスデザイン
プロダクトデザイン
UIデザイン
ライティングデザイン
デザインエンジニアリング
広告クリエイティブ 

上記表からも分かるように、パナソニックでは数多くの職種で採用を行なっています。

パナソニックの新卒採用について

パナソニック 新卒採用

採用大学は大手総合電気メーカーとだけあって、難関校出身者の割合が高いです。特にパナソニックの採用大学で多いのが、大阪大学、同志社大学、立命館大学、京都大学、神戸大学などの関西の大学です。

ここでは、以下3点について紹介していきます。

  • パナソニックの採用人数
  • 採用実績のある大学
  • 学歴フィルターの有無

採用人数

採用人数は2021年度は700名、2022年度の採用予定人数は大学・大学院卒が800名、高専・高校卒が300名の計1,100名と昨年度並の採用を行う予定です。

職種で違いはありますが、事務系・技術系だけで全体の8割を占めており、採用男女比については男性が7割、女性が3割ほどであると考えられます。

また、今までのパナソニックではグループで一括採用を行い、入社後に配属先を決めていました。しかし現在は、入社後の配属先の職種も確約して募集を行う、コース別採用も行っています。

過去に採用実績のある大学 

以下の表にパナソニックの過去に採用実績のある大学をまとめました。

国立大学東京大学京都大学
大阪大学神戸大学
名古屋大学東北大学
北海道大学九州大学
東京工業大学筑波大学
電気通信大学千葉大学
岡山大学広島大学 
私立大学早稲田大学慶應大学
上智大学同志社大学
立命館大学関東学院大学
関西大学東京理科大学
明治大学中央大学
法政大学日本大学
近畿大学 

パナソニックは本社が大阪府門真市にあるため、関西圏の学生からの応募が多く、例年阪大、京大、関関同立の採用が多いのが特徴です。

採用大学ランキングトップ10は、以下の結果になりました。

順位大学人数
1大阪大学54
2早稲田大学48
3同志社大学44
4立命館大学42
5京都大学35
6神戸大学34
7東京理科大学23
8九州大学22
9名古屋大学20
10関西学院大学19
10慶應義塾大学19

引用:DIAMONDonline

有名大学や国立大学からの採用が多く、就職難易度の高さが伺えます。上記以外の大学が内定を得るためには、入念な準備が必要でしょう。

パナソニックに明確な学歴フィルターはない

結論としてパナソニックに明確な学歴フィルターは、存在しないと考えられます。

過去の採用実績を見ると、有名大学や国立大学からの採用が多いため、「パナソニックには、学歴フィルターが存在する」と考える方も多いでしょう。

しかし、過去の採用大学には中堅以下の大学も存在するため、入念な事前準備とポテンシャルによっては十分内定の可能性があります。

注意点として、過去の採用大学から推測するに産近甲龍・日東駒専レベルがボーダーといえます。それ以下の大学で採用がないとはいえませんが、突出したスキルや経験がないと難しいでしょう。

学歴フィルターについて気になる人は、以下の記事を参考にしてください!

就活の学歴フィルターはどこから?学歴の差を超えて内定を勝ち取る方法を解説

2021.05.03

パナソニックの新卒採用の倍率は200倍以上

パナソニックは採用倍率を公表していませんが、大手求人サイトの数字を参考にすると約200倍となります。

計算式として、2022年度を例にすると、「プレエントリー候補リスト登録人数(62,109名)÷採用予定人数(312名)=約200」と導き出せます。

これほど倍率が高い理由として、パナソニックのネームバリューから多くの学生がエントリーを行っていることが挙げられます。

しかし、先ほどの採用実績から中堅大学でも十分採用の可能性はあるため、採用倍率に恐れず挑戦していくことが大切です。

そのために、学歴以外で差を見せられるようにインターンシップへの参加や、OB/OG訪問などの事前準備を徹底的に行いましょう。

パナソニックの新卒採用の選考フロー

パナソニック 新卒採用 選考フロー

ここでは、パナソニックの新卒採用の選考フローと面接内容について解説します。

主なパナソニックの選考フローは以下の通りですが、年度によって選考フローが変わることもあります。下記通りに進まないこともあるため、詳細は採用ページやナビサイトなどをご確認ください。

ステップ1エントリーシート提出
ステップ2書類選考
ステップ3適性検査受験
ステップ4面接(複数回)
ステップ5内々定

主にパナソニックの職種は3つあり、それぞれで選考フローや内容、求められていることに違いがあります。

また、パナソニックは通年採用を実施しており、技術職・事務系・クリエイティブ系のどれも募集を行っています。

パナソニックに入社するには?やるべき5つのこと

ここでは、就職難易度が高いパナソニックへの入社のためにやるべき5つのことをまとめました。

内定を得るためには、自分の志望企業の理解を深めることがとても大切です。そのために、インターンシップへの参加やOB/OG訪問などを積極的に行いましょう。

また、グローバル展開をしていることもあり、英語のスキルがあると就活を有利に進められます。

1.インターンシップに参加して早期選考に進む

インターンシップに参加することで、早期選考に進める可能性があります。

パナソニックはさまざまなインターンシップを開催しています。インターンシップに参加して評価されると、リクルーターがつき早期選考に繋がることがあります。

リクルーターがつくと模擬面接や面談を経験できたり、通常よりも多くの社員と関われたりします。

インターンシップに参加すれば、就職後の理想とのギャップの差を埋められたり、企業に対して入社意欲も伝えられたりします。インターンシップで自分のことをうまくアピールできれば、企業側からしても採用したい人材に映るでしょう。

全員が早期選考に進めるわけではありませんが、早めに行動をすることでその分チャンスは増えるので、インターンシップにはなるべく参加しましょう。

2.OB/OG訪問して企業理解を深める

OB/OG訪問ではインターネットや、会社説明会で得られないリアルな情報を直接聞くことができるため、企業理解を深めるのに役立ちます。

インターネットで得られる情報には限界があるうえに、信憑性がなく一方的な意見しか書かれていないこともあるでしょう。

そのため、実際の社員の話を聞けるOB/OG訪問を積極的に行い、企業の雰囲気や事業内容などを詳しく知ることが重要です。

また、社員の話を選考に役立てることができれば、他の就活生と大きな差別化を図れます。

企業側からしてもOB/OG訪問をした学生は、とりあえずエントリーをしたとは見られず、志望意欲のある就活生と思ってもらえるでしょう。

就活では積極的に行動した分内定に繋がる可能性が上がるため、OB/OG訪問を通して企業理解を深めていきましょう。

OB/OG訪問でどんなことを聞けばいいか分からない人は、以下の記事を参考に質問を考えてみてくださいね。

【OB訪問に絶対行くべき理由】メリット・質問リスト30選

2021.05.10

3.英語力を高める

英語力を高めておくことで内定に繋がる可能性があります。

「大手家電メーカーだから英語力は必須なのでは?」と考えるかもしれません。確かにパナソニックはグローバルな企業であり、職種によっては英語力が必須になるところもあります。

事務系の中にはグローバル事業に携わる人を募集している職種もあり、そこではビジネスレベルの英語や中国語が求められます。

しかし、それ以外のところでは必ずしも英語が必須ではありません。ただ、TOEICなどで高得点を保有しているとESに書いてアピールができるので、努力のできる人材と評価してもらえるでしょう。

面接の際になぜ英語を勉強したのかについて、パナソニックの志望動機と合わせて説明できると大きな強みになるでしょう。

4.パナソニックに入社したい明確な志望理由を考える

なぜ他の企業ではなくパナソニックを選んだのか、明確な志望理由を考えておきましょう。

就活生から人気の高いパナソニックでは、1日のうちに何人もの就活生の面接が行われます。その中で面接官の記憶に残るためにも、なぜパナソニックなのかを深堀りして考えておきましょう。

志望理由をしっかり考えておくことで、パナソニックを志望した熱意が伝わり、他の就活生と大きな差別化が図れます。

どうしても思いつかない場合は、就活の軸が定まっていない可能性があるため、もう少し広く考えてみましょう。

例えば、以下のように何度も自分に問いかけて深堀りしていきましょう。

  • どんなことに興味関心があるのか
  • 社会にどんな価値を提供したいのか
  • パナソニックではそれを提供できるのか

面接を受ける前には、上記内容についてしっかり話せるように準備をしてみてくださいね。

志望動機をうまく作れるようになりたい人は、以下の記事もご覧ください!

就活生必見!穴埋め形式で志望動機が書けるテンプレートを紹介

2022.03.04

5.パナソニックが求める人物像を理解したうえで自己アピールをする

パナソニックが求める人物像を理解し、自己アピールをしましょう。

パナソニックが求める人物像は、『大きな夢と高い志を持ちチャレンジし続ける人』『世界で戦える尖った強みを持った人』『新たな価値を創造し変革を起こせる人』の3つです。

この人物像に当てはまっているということを伝えるために、エピソードをアピールするのが良いです。

また、職種によって求められている人物像が違うため、自分が携わりたい職種ではどんな人物が求められているのかをしっかり確認しましょう。

パナソニックグループ全体でいえることと、職種ごとで求められていることのそれぞれをしっかりアピールすることが大切です。

ここも他の就活生と差別化を図れるところなので、具体的に自分の経験からエピソードを考えましょう。

チャレンジ精神についてうまくアピールしたいと考えている人は、以下の記事も参考にどうぞ!

チャレンジ精神を効果的に自己PRするには?例文と注意点を踏まえて解説!

2021.04.23

パナソニックの就職難易度は高いが中堅大学でも内定は取れる!

この記事では、パナソニックの就職難易度から就活を有利に進める方法まで解説しました。

パナソニックでは明確な学歴フィルターを行っていないため、中堅大学であっても事前準備をしっかり行えば、十分内定を勝ち取れる可能性があります。

そのためにも、インターンシップやOB/OG訪問を行い、企業への理解を深めることが重要です。そのうえで、企業が求める人物像かどうかを考え、企業が欲しいと思ってくれる人材を目指しましょう。

関連記事一覧