就活 早く終わらせたい

【最短1カ月】就活を早く終わらせる方法とおすすめの業界を紹介

  • 就活を早く終わらせて、残りの学生生活を充実させたい
  • 就活は大変だし、なるべく早く終わらせて精神的に楽になりたい
  • そのために早く内定が出る業界・企業を知りたい

このように「就活を早く終わらせたい」と考えていませんか?

就活は大変ですが、人生を左右する大きなイベントで、避けては通れません。

ただ、就活を長く続けるよりも満足のいく内定を早期に得て、早く就活を終わらせたいですよね。

そこでこの記事では、以下のことを解説します。

この記事の内容

  • 就活を早く終わらせる方法
  • 内定を獲得しやすい業界
  • 就活が早く終わる人の特徴

この記事を読むと、就活を早く終わらせられる方法や内定が出やすい業界がわかり、内定に向けてすぐに動き出せますよ。

24卒向けのおすすめ就活サービス!

就活キャリア

就活キャリアに登録すれば、以下のサポートが受けられます。

-就活に関する相談やエントリーシート(ES)の添削

-自己分析から書類選考、面接対策まで一貫してサポート

企業選びから内定までトータルでサポートします!

\今すぐ内定獲得!/

就活を早く終わらせるためには早めの準備が大切

就活早く終わらす準備

就活を早く終わらせるためには、早期から準備と対策をすることが大切です。

では就活を早く終わらせている学生は、どのくらい早く内定を得ているのでしょうか?

引用:就職プロセス調査(2023年卒)|就職未来研究所

就職未来研究所が2023年に行った調査によると、23卒学生の13.5%は、大学3年の2月時点ですでに内定を獲得していることがわかります。

また3月時点では、22.6%の学生が内定を得ています。

早期に内定を得たとしても、より志望度の高い企業から内定を得たいと考え、就活を継続している人もいるでしょう。

しかし、就活を早く終わらせて残りの大学生活を楽しんでいる人も、十分いると考えられます。

24卒以降は就活の早期化がさらに進むとされているため、さらに早く内定を得る人がいてもおかしくないでしょう。

就活を早く終わらせる方法【早期内定が欲しい人のために】

就活を早く終わらせる方法

就活を早く終わらせて残りの大学生活を謳歌したいと考える人のために、就活を早く終わらせる方法を紹介します。

就活を早く終わらせる方法

  1. 早くから選考を開始している企業を受ける
  2. 内定が出やすい業界・企業を受ける
  3. 内定直結イベントに参加する
  4. 業界を絞って大手にこだわらずに受ける
  5. スカウト型就活サイトを利用する
  6. 就活のプロに相談して短期内定を狙う

上記の方法一つに絞るのではなく、複数の方法を併用していくことをおすすめします。

では、順番に見ていきましょう。

1.早くから選考を開始している企業を受ける

早くから選考を開始している企業を受けることで、内定を早期に得られ、就活を早く終わらせられます。

具体的には、外資系企業やベンチャー企業、その他経団連に所属していない企業が早くから選考を開始しているため、狙い目です。

業界的には、IT業界や広告業界、テレビ業界なども例年早くから選考を開始する傾向にあります。

「早くから選考を開始している企業」=「簡単に内定がもらえる企業」ではないため、自己PRや志望動機など、しっかり対策を行いましょう。

2.内定が出やすい業界・企業を受ける

内定が出やすい業界・企業を受けることは、就活を早く終わらせるための鉄則の方法です。

内定が出やすい業界・企業とは、つまり、人手不足の業界や大量採用を行っている企業などです。

たとえば、警備業界や製造業、運送業などが挙げられます。職種の観点で見ると、エンジニアや販売職、飲食店スタッフなども人手不足の状況が続いています。

人手が足りない理由はそれぞれの業界・企業で異なりますが、人手不足の業界・企業は内定が出やすく、就活を早く終わらせることが可能になります。

次の章で企業からの需要が高く、内定を得やすい業界を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

3.内定直結イベントに参加する

内定直結イベントに参加すれば、すぐに内定を獲得できる可能性があります。

内定直結イベントとは、企業と学生の双方が「内定」を目的として一度に複数の企業が集まり、説明会と選考がセットで行われる就活イベントのこと。

就活を続けているけどなかなか内定を得られない人には、おすすめのイベントです。

しかし、学生と企業のお互いが時間をかけて見極めない分、入社後にミスマッチを起こしてしまうこともあります。

そのため、内定直結イベントだけに頼るのではなく、他の手段と併用して行動していくようにしましょう。

4.業界を絞って大手にこだわらずに受ける

就活を早く終わらせるには、業界を絞り、大手にこだわらず中小企業も受けることが有効です。

世の中にはたくさんの種類の企業がありますが、業界を絞らず受けていると、企業研究や志望動機の作成などに膨大な時間がかかってしまいます。

それにより、同時進行で複数企業の選考を受けても良い自己PRや志望動機が作れず、内定を得られないという悪循環につながります。

逆に業界が絞れていることで、面接官に刺さる自己PRや志望動機を作りやすくなり、同時進行で受けやすくなるでしょう。

また、内定を早期で得るには、大手企業にこだわらずに中小企業を受けることも重要です。

大手企業は倍率が高く、自分より優秀な人も多く応募しているため、なかなか内定を得られず、就活が長引く原因になります。

中小企業にもあなたに合った優良企業は多くあるため、ぜひ目を向けてみましょう。

5.スカウト型就活サイトを利用する

逆求人型の就活サイトを活用することで、早期内定を得られやすくなります。逆求人型とは、企業側からあなたに「選考を受けてみませんか」と連絡が来るタイプの就活サイトのことです。

就活サイトに登録するだけで面接の案内が来るため、選考のチャンスが増えるメリットがあります。

逆求人型就活サイトにはさまざまな種類がありますが、中でも「OfferBox」がおすすめ。

OfferBoxでは、大手からベンチャーまで幅広い企業からオファーが来ます。

オファーを承認すると、企業の担当者と直接メッセージのやりとりができ、説明会や選考に案内してもらえる可能性があるのです。

自己分析ツールのようなプロフィールの作成支援機能も充実しているため、オファー数を増やせるでしょう。

早く内定をもらいたい人は、まずはこちらからOfferBoxの無料会員登録をしてみてください。

\今すぐ内定獲得!/

6.就活のプロに相談して短期内定をもらう

就活キャリア

就活を早く終わらせるなら就活のプロである就活エージェントを利用することも有効です。

就活エージェントは、プロの就活アドバイザーがマンツーマンであなたをサポートしてくれるサービスです。

就活に関する相談やエントリーシートの添削、面接の練習を無料で何度も行ってくれます。

あなたの性格や能力にマッチした企業の紹介もしてくれるため、一人でやみくもに就活するより内定率が上がるでしょう。

しかし、「就活エージェントのサービスが多くてどれを選べばいいかわからない」という人もいると思います。

もし就活エージェント選びに悩んでいるのであれば、「就活キャリア」を選んでみてはどうでしょうか。

就活キャリアは、国家資格保有者や元人事担当者がアドバイザーとなってあなたの内定獲得を徹底サポートします。

就活相談はオンラインで行っているため、全国どこからでも受け付けています。

あなたにマッチした企業も紹介しますので、まずは無料会員登録をしてみてください。

\オンライン相談実施中!/

内定が獲得しやすく就活を早く終わらせられる業界

就活早く終わらせる業界

内定を獲得しやすく、就活を早く終わらせることができる業界はあるのでしょうか?

今回は、内定を得やすい業界の中でも、人手不足で企業からの需要が高く安定している業界を中心に紹介します。

内定を獲得しやすい業界

  1. 建設・建築業界
  2. IT業界
  3. 介護業界

それぞれ見ていきましょう。

1.建設・建築業界

建設・建築業界は、学生からあまり人気のない業界ですが、需要があり安定している業界です。

国のインフラ整備に関わる重要な業界でもあるため、政府から税金が投下されることも多く、不況にも強いです。

また、建設業界の代表的な職種である施工管理職は、「手に職」を付けたいと考える学生におすすめ。

施工管理職は、企業からの需要が高く、未経験からでも十分活躍できます。新しくモノを建設する際にいなくてはならない引く手あまたの職業ですが、人手不足のため、内定も得やすくなっています。

2.IT業界

近年、急速に需要が高まっているIT業界も内定を得やすい業界として、おすすめです。

人材ニーズが多く、就活市場の中でも特に売り手市場なのがIT業界です。業界全体として伸びしろがあり、就職後のキャリアアップもしやすいのが魅力。

IT業界は今後も発展し続けるため、どの企業でも優れたIT技術者が求められ、ニーズがなくなることはないでしょう。

また、経済産業省が2019年に行った「IT人材供給に関する調査」によると、2030年にはIT人材が79万人不足するといわれています。

上記の調査からわかるように、IT人材は今とても強く求められていて、内定を得やすい業界となっています。

IT系職種にはプログラマーやエンジニア以外にも、データサイエンティストやプロジェクトマネージャーなどたくさんの職種に分かれています。

あなた自身がIT業界の中でもどの職種として活躍したいのかを、絞っておくといいでしょう。

IT業界の具体的な仕事内容や職種について知りたい人は、こちらの記事をご覧ください。

【ITの仕事内容や職種とは】就活生におすすめの企業と年収も紹介

2021.04.07

3.介護業界

少子高齢化社会が進んでいる日本では、介護業界の需要は年々高まっており、介護サービスの担い手が強く求められています。

しかし、就活生からの人気が低い業界のため、人が集まらず介護サービスの担い手である介護福祉士が不足している介護施設が多くあります。

今では、経験者だけでなく未経験者にも採用枠を広げており、内定を取りやすいと考えられます。

また、介護の選考過程は短い傾向にあり、内定がすぐに決まることもあります。

その理由は、一般的には採用担当者の上司である人事部長や役員などが持つ採用決定権を採用担当者も持っていることが多いからです。

必ずしも「内定がすぐ決まる=ブラック企業」というわけではありません。

就活を早く終わらせるメリット3つ

就活を早く終わらせるメリット

内定を早期に得て就活を早く終わらせるメリットを、紹介します。

就活を早く終わらせるメリット

  1. 残りの大学生活を遊ぶ時間に多く使える
  2. 新生活への準備がしっかりできる
  3. 入社前に仕事の経験を積める

就活を早く終わらせて、残りの大学生活を楽しみたいですよね。

では、それぞれ解説します。

1.残りの大学生活を遊ぶ時間に多く使える

就活を早く終わらせることで、残りの大学生活を遊ぶ時間に多く使うことができます。

就活が早く終われば精神的な負担も減るため、心から楽しめるでしょう。

社会人になれば、まとまった休みを得る機会が少なくなるため、海外旅行など今しかできないことに取り組むのも良いと思います。

2.新生活への準備がしっかりできる

就活が早く終われば、新生活への準備がしっかりできることもメリットの一つです。

新生活に対する準備がしっかりできれば、慌てることなく社会人として良いスタートダッシュを切ることができます。

やっておくべき準備としては、以下のようなものがあります。

新生活に向けてやっておくべき準備

  • 朝型の生活習慣に変える
  • 業務に関する分野の勉強をしておく
  • ExcelやPowerPointを使い慣れておく

特に始業時間が早かったり、勤務場所が遠かったりする場合は、朝早く起きる必要があります。朝型の生活に慣れておくに越したことはありません。

また、業務に関係する分野の勉強をしておくと、同期と一歩差を付けて社会人生活をスタートできます。

あわせてExcelやPowerPointの使い方に慣れ、スキルを高めておくと上司からも一目置かれるでしょう。

3.入社前に仕事の経験を積める

就活が早く終われば、入社前に内定者インターン・アルバイトなどで、実際の仕事の経験を積むことができます。

入社後は、「初めてのこと」が連続して起こるため、頭がパンクしがちです。入社前に少しでも仕事内容を理解していると、慌てることなく社会人生活を始められますよ。

また、入社時に周りの内定者と一歩差を付けられるでしょう。

就活が早く終わる人の特徴3つ

就活早く終わる人

就活が早く終わる人の特徴を3つ紹介します。

就活が早く終わる人の特徴

  1. 早期に就活をスタートさせている
  2. 複数企業の選考を同時に進めている
  3. 知名度だけで企業を選んでいない

上記の特徴の中で、取り入れられそうな部分があれば、ぜひ参考にしてみてください。

1.早期に就活をスタートさせている

まず、就活を早く終わらせている人の特徴として、早くから就活をスタートしていることが挙げられます。

当然ですが、早い時期から本格的に就活を始めている人は、早く内定を獲得し、就活を早期に終わらせられる可能性が高いです。

また、早期から選考を受けて面接の場数を増やすことで、第一志望の企業でより実力を発揮できるでしょう。

選考を早くから開始している業界・企業は、先述しましたが、外資系企業やベンチャー企業、IT業界、広告業界などがあります。

早期から内定を獲得したいなら、上記のような業界・企業に、積極的に応募していきましょう。

2.複数企業の選考を同時に進めている

就活を早く終わらせている人は、1社だけでなく、複数企業の選考を同時に進めています。

複数企業の選考を同時に進めることで、1社ずつ選考を進めるよりも効率が良いのです。

1社ずつ受けるというやり方は、その1社から不合格になってしまうと、また企業探しから始まり、内定を得るまでに時間がかかってしまいます。

就活を早く終わらせたい人は、複数企業の選考を同時に進め、効率的に就活を進めていきましょう。

ただ、同時並行する企業の数が多過ぎて、1社1社への対策がおろそかにならないよう注意してください。

3.知名度だけで企業を選んでいない

知名度だけで企業を選ばず、ベンチャー企業や中小企業なども積極的に受けている人は、就活を早く終わらせている傾向にあります。

逆に知名度だけで企業を選び、選考を受けている人は、就活が長引きがち。

知名度のある有名企業は、多くの就活生が応募し、倍率がとても高くなっています。

そのため、高学歴の学生でも内定を得ることは簡単ではなく、入念な対策が必要になります。

知名度だけで企業選びをすると、なかなか内定がもらえず、結果的に就活が長引いてしまいます。

大手企業以外にも優良企業はあるので、ぜひ視野を広げて中小企業にも目を向けて早期内定を掴みましょう。

就活を早く終わらせられるよう行動しよう

この記事では、就活を早く終わらせる方法や内定が獲得しやすい業界、就活を早く終わらせるメリットについて紹介しました。

上記で紹介したように、内定が出やすい業界を受けることや、就活エージェントの利用など、就活を早く終わらせる方法はいくつかあります。

あなた自身ができそうなところから、取り入れて行動してみてください。

また、24卒以降はこれまで以上に就活の早期が進み、早いうちから内定を掴む人が増えていくため、早めに行動していきましょう。

関連記事一覧