• HOME
  • コラム
  • 就活
  • 就活のストレスが限界!原因7つと限界を迎えたときの対処法7つを解説
就活 ストレス 限界

就活のストレスが限界!原因7つと限界を迎えたときの対処法7つを解説

  • 就活のストレスが限界を迎えそうでやばい
  • このまま就活を継続したほうがいいのか、休んだほうがいいのかわからない

このように悩んでいませんか?就活は何かとストレスが溜まることが多いので、定期的にストレスを解消して継続することが大切です。

就活のストレスが限界を迎えそうな場合は、無理をせずに一度休息を取って心身を休めましょう。

そこでこの記事では、就活でストレスを感じてしまう原因や限界を迎えたときの対処法、限界を迎えたまま就活を継続した場合の影響を紹介します。

この記事を読めば、なぜ就活でストレスを感じるのか、限界を迎えたときの対処の仕方がわかり、あきらめずに内定獲得まで達成できるようになりますよ。

24卒向けのおすすめ就活サービス

就活キャリア

就活キャリアに登録すれば、以下のサポートが受けられます。

-就活に関する相談やエントリーシート(ES)の添削

-自己分析から書類選考、面接対策まで一貫してサポート

企業選びから内定までトータルでサポートします!

カンタン30秒で登録できる!/

就活でストレスを抱える自分を責めないこと

就活でストレスを抱える自分を責めない

「就活でストレスに押しつぶされそうになっている自分が情けない」と、思ってはいませんか?

就活は誰しもがストレスを感じるものなので、ストレスを抱える自分を責める必要はありません。

就活で感じるストレス画像引用:2023年度卒業の就活生が就活で感じる最大のストレス|マイナビニュース

実際に、2023年卒学生を対象に行われた就活のストレス調査では、就活生がさまざまなストレスを感じていることがわかっています。

数あるストレスの中でも、内定が出ないことから生まれる将来的な不安を感じることへのストレスが約34%と最も高いです。

続いて、面接を受けること自体へのストレス、企業選びがうまくできないことへのストレスが上位に来ていますね。

このように就活生は、さまざまなストレスを抱えながら就活を行っているため、就活でのストレスにどのように向き合い、対処するかが大切です。

これから紹介する、就活でストレスを感じる原因やその対処法を参考に、どうストレスと向き合っていけばいいのか考えていきましょう。

就活でストレスを感じてしまう原因7つ

就活でストレスを感じる原因

就活をする中で、どのような原因からストレスを感じてしまうのでしょうか?

そこで、就活でストレスを感じてしまう原因を7つ紹介します。

就活でストレスを感じてしまう原因

  1. 忙しくとにかく時間がない
  2. 自己分析でつまずいている
  3. 周りの就活生と比較し劣等感を感じてしまう
  4. 親からのプレッシャーがある
  5. 不採用通知が続いている
  6. 行きたい業界・企業がわからない
  7. 内定がなかなか出ない

ストレスの原因がわかれば、具体的にどう対処すればいいかがわかるようになりますよ。

それぞれ解説します。

1.忙しくとにかく時間がない

就活でストレスを感じやすい原因に、忙しくてとにかく時間がないことが挙げられます。

バイトや日々の学生生活に加えて就活をするとなると、遊ぶ時間がないほど忙しくなるため、ストレスが溜まり、体調不良にもなりやすいもの。

遊ぶ時間や睡眠時間を削っているのにもかかわらず、内定がもらえなかったり、うまく面接で話せなかったりすると余計にストレスを感じるでしょう。

就活はゴールの見えない戦いで、いつ終わらせられるのかもわかりません。そんな中、多忙なスケジュールで動いていると、限界を感じるのも無理はないでしょう。

忙しくて限界を感じたら、一度休息を取ることをおすすめします。1〜2日程度なら周りの就活生に差を付けられることはありませんよ。

2.自己分析でつまずいている

自己分析がうまくできず、つまずいている状態は、ストレスを感じるはずです。

自己分析は自分の強みや価値観を洗い出し、就活軸を作る際に不可欠で、自己PRやガクチカ、志望動機などを作る際に欠かせません。

そのため、自己分析がうまくいかないと、ESの作成や面接でうまくアピールできず、次の選考になかなか進まないといった状況に陥りやすくなります。

このように、自分をうまくアピールできないことがストレスの原因につながるのです。

自己分析がうまくいかないときは、自己分析診断ツールを使う手もあります。

こちらの記事で、就活に使える自己分析診断ツールを紹介しているので、気になるものがあれば試してみてください。

【就活攻略】本当に就活に使えるおすすめの自己分析診断ツール3選!

2021.05.07

3.周りの就活生と比較して劣等感を感じてしまう

周りの就活生と比較して、劣等感を感じてしまい、無意識にストレスを感じてしまう人もいるでしょう。

気持ちはとてもわかります。「あの人と比べて自分は全然ダメだ……」と勝手に比べて、自信をなくしてしまいますよね。

しかし、就活で大事なのはあなたに合った企業に就職し、自分の強みを活かして働くことで、周りの人は関係ありません。

とはいえ、周りと比べる必要がなくても無自覚に比べてしまいますよね。そんなときは、過去の自分と比べるのがおすすめ。

過去の自分と比べて成長していれば、就活がうまくいく可能性もアップしていきますよ。

4.親からのプレッシャーがある

親からのプレッシャーを感じることも、就活でストレスが溜まる原因の一つです。

就活は親にとっても関心の高いことなので、「就活はどうなの?」「まだ決まらないの?」と頻繁に聞いてくることもあるでしょう。

そのような場合、迷惑だと思うこともあるでしょうが、親は心配から気になって聞いてくるものです。

ただ、聞かれた側としてはプレッシャーに感じてしまいますよね。

「うるさい!」と感じたとしても、親の意見を聞いてから受け入れるかどうか判断したり、自分がどのように働きたいか伝えたりしてみましょう。

将来に向けて真剣に考えてやっていることが伝われば、就活について聞いてくることが減るかもしれません。

5.不採用通知が続いている

書類選考や面接の不採用通知が続くと、「頑張っているのになんで……」とストレスが溜まります。

中には、心が折れてしまい、「自分は社会から必要とされてない」と感じる人もいるでしょう。それくらい不採用通知は、心にダメージが来るもの。

自信をなくした状態で面接を受けても、自分の魅力を自信を持って話せなくなり、面接を受けてもなかなか通らない負の連鎖につながることもあります。

就活は優秀さだけでなく、企業との相性によっても合否は変わります。

不採用通知が来たとしても「自分との相性が悪かった」と考え、割り切って「次に行こう!」と考えることが大事ですよ。

6.行きたい業界・企業がわからない

行きたい業界・企業がわからないまま就活に取り組むことも、ストレスになります。

行きたい業界・企業や、やりたい仕事がわからないという学生は、実際多いでしょう。

しかし、行きたい業界・企業がすでに決まっている人はいるかもしれませんが、実際はごく一部です。

行きたい業界・企業がないからといって、焦る必要はありません。落ち着いて、就職先を見つけ、応募していきましょう。

どうしても見つからない場合は、自分の趣味や過去の経験から探してみたり、まだ知らない業界・企業、仕事について幅広く研究したりしてみましょう。

こちらの記事で、行きたい企業の見つけ方を詳しく紹介しているので、気になる人は参考にしてみてください。

【24卒】就活で行きたい企業がない学生に向けた働きたい企業の見つけ方

2022.10.19

7.内定がなかなか出ない

「内定が欲しいのになかなか出ない」というのも、かなりのストレスとなる原因です。

「本命企業に落ちた」「内定が一つももらえない」など、内定がないことに関する悩みは就活に付きものですよね。

就活では、良くも悪くも自分を評価されるため、内定がないと「自分は必要とされてない」と感じてしまいます。

ただ、就活を通して自分が志望する企業から内定をもらうことが大切で、内定の有無や数で悩んでもあまり意味はありません。

自分の志望する企業から内定を得られるよう、前を向いて取り組んでいきましょう。

限界を迎えたまま就活を継続した場合の3つの影響

就活でストレスを放置する影響

「就活のストレスで限界……」と感じているけど、このまま就活を継続したほうがいいのか、休んだほうがいいのかわからないと悩む人もいるでしょう。

ここでは、限界を迎えたまま就活を継続した場合の3つの影響を紹介します。

限界を迎えたまま就活を継続した場合の影響

  1. やる気と自信がなくなり負の連鎖につながる
  2. 間違った判断をしやすくなる
  3. 精神的な病気につながってしまう

限界を迎えた場合は、上記のようなデメリットがあるので、一度休息を取りましょう。

それぞれ解説します。

1.やる気と自信がなくなり負の連鎖につながる

限界を迎えたまま就活を継続してしまうと、やる気と自信をなくし、内定が遠のく負の連鎖につながる可能性が高いです。

やる気と自信のなさはそのまま面接官に伝わるもの。いくら面接対策をしていても、自信ややる気が感じられなければ、面接に通過するのは難しくなります。

そして、面接に落ちることで、また自信をなくすという負のスパイラルを引き起こします。

2.間違った判断をしやすくなる

限界を感じたまま就活を行っていると、視野が狭まり冷静な判断ができなくなってしまうリスクがあります。

冷静な判断力を失うと、志望していないにもかかわらず、とりあえず内定を得たからと考えて内定承諾し、入社後に後悔してしまうことにつながりますよ。

自分自身のためにも一度休息し、気持ちを落ち着ける必要があります。

3.精神的な病気につながってしまう

限界のまま就活を継続した場合、精神的な病気につながってしまうこともあります。

NPO法人POSSEの調査によると、就活で7人に1人が就活でうつ病に陥っているというデータがあります

精神的な病気は身近なものなので、自分がならないとは限りません。「食欲がない」「なかなか眠れない」など、メンタルが限界だと感じたら就活を一度ストップし、休憩しましょう。

うつ病にかかってしまうと私生活に影響を及ぼしてしまい、治すのも難しいので、注意が必要です。

中には「自分はもしかしてうつ病かも……」と悩む人もいるでしょう。

こちらの記事で、うつ病かどうかを見極めるチェックリストと対処法を紹介しているので、気になる人はあわせてご覧ください。

7人に1人が就活うつ?見極めるチェックリストとできる対処法まとめ

2021.05.01

就活のストレスが限界を感じたときの7つの対処法

就活のストレス対処法

就活のストレスが限界を感じたとき、どのように対処したらいいのでしょうか?

就活のストレスが限界を感じたときの対処法を7つ紹介します。

就活のストレスが限界を感じたときの対処法

  1. 期限を決めて休息を取る
  2. 趣味や好きなことをする
  3. 家族や自分などに話をする
  4. 「自分は自分」と考える
  5. 志望業界・企業、職種を見直す
  6. 内定を得やすい企業を探す
  7. 就活エージェントにサポートしてもらう

上記のような対処法を利用しながらストレスをうまく受け流したり、解消したりして、内定獲得を目指して頑張っていきましょう。

それぞれ解説します。

1.期限を決めて休息を取る

限界を感じたら、期限を決めて休息を取り、気持ちをリフレッシュしましょう。

就活期間中は毎日やるべきことがあり、インターネットやSNSなどで情報を調べるなどして、就活のことを一日中考えている人もいるでしょう。

そうなると、心が休まらず、精神的に疲れを感じてしまいます。

就活のことを考えない期間を作ることで、体力的にも精神的にも落ち着き、考えを整理しやすくなりますよ。

就活は長期戦なので、数日休むだけで周りに差を付けられることはあまりありません。

ただ、あまりに休み過ぎるとかえって就活へのやる気がなくなる可能性が高いので、長くても数日〜1週間程度にしましょう。

2.趣味や好きなことをする

あなた自身の趣味や好きなことをすることで、ストレス解消につながります。

たとえば、以下のようなことがおすすめ。

  • 好きなアーティストの音楽を聴く
  • 身体を動かす
  • 旅行に行く

他にも好きなアーティストの音楽を聴いたり、散歩やジョギングなどで体を動かしたりすることで、気分が晴れてリフレッシュできます。

ストレスを溜めないようにすることで、限界を感じずに済み、就活成功まで頑張れるようになりますよ。

3.家族や友人などに話をする

ストレスを解消するために、家族や友人などに就活に関する悩みを話すこともいいでしょう。

家族や友人であれば、あなたが感じている辛さを受け止めてくれるはずです。

ストレスや不安を溜め込むと、メンタルがボロボロになり、就活だけでなく私生活にも影響を及ぼしてしまいます。

話をできる相手がいなかったら、大学のキャリアセンターや就活のプロである就活エージェントに頼ってみることもおすすめです。

ストレスや不安を取り除く、具体的な解決策をアドバイスしてくれますよ。

4.「自分は自分」と考える

周りと比べず「自分は自分」と考えることで、ストレスを大きく減らせます。

就活状況や目的は一人ひとり異なります。

あなたにはあなた自身の進むべき道があり、あなたが納得のいく企業から内定を得ることが大切で、内定の数や企業の知名度は関係ないのです。

そのため、自分だけ内定が出てないことがあっても落ち込む必要はありません。

周りを気にしないためにも、将来の目標を定めましょう。

目標が定められれば、その目標に向かって突き進んでいけるようになり、周りが気にならなくなりますよ。

5.志望業界・企業、職種を見直す

志望業界・企業、職種を見直すことで、お見送りされることが減り、ストレスを減らせる可能性があります。

就活にストレスを感じる人の中には、なかなか選考を通過できず、企業からたくさんのお祈りメールを受け取っている人もいるでしょう。 

企業に不採用を突きつけられることで、自分を否定された気持ちになり、「社会に必要とされてない」とネガティブになってしまいます。

これまで志望していた業界・企業、職種で落ちていたということは、あなたとの相性が悪かったからかもしれません。

したがって、業界・企業、職種を見直すことで、他にあなたに合う業界や仕事が見つかり、内定が近づく可能性が高いのです。

つまり、あなたと相性の良い企業を選べば選考に通るようになり、ストレスが解消されます。

自分と相性の良い企業を選ぶためにも、改めて自己分析を行い、どの業界・企業、職種なら活躍できそうかを考えてみましょう。

こちらの記事で、おすすめのホワイト業界や優良企業の探し方を紹介しているので、業界や職種選びの参考に活用してみてください。

文系のあなたにおすすめのホワイト業界9選!探し方から内定を得るコツまで解説 

2023.01.17

6.内定を得やすい企業を探す

就活のストレスを解消する策として、内定を得やすい企業を探して内定を獲得し、就活を早期に終わらせる方法があります。

さまざまな業界の中でも人材ニーズが高く、売り手市場の業界は、内定を得やすい業界といえます。

代表的な業界でいえば、建設業界、IT業界、介護業界などが挙げられるでしょう。

ただ準備・対策なしで内定を得られるほど甘くないので、1社1社きちんと準備・対策していきましょう。

こちらの記事で、他にも就活を早く終わらせるための方法を詳しく紹介しているので、気になる人は参考にしてみてください。

【最短1カ月】就活を早く終わらせる方法とおすすめの業界を紹介

2022.09.30

7.就活エージェントにサポートしてもらう

就活キャリア

自分一人で就活を行うのではなく、就活エージェントのサポートを受けながら行うことで、早く内定獲得を目指せます。

就活エージェントは、プロの就活アドバイザーがマンツーマンであなたを内定までサポートしてくれるサービスです。

就活に関する相談やESの添削、面接の練習も無料で行ってくれますよ。

しかし、「就活エージェントといっても多くてどれを選べばいいかわからない」という人もいると思います。

選び方に悩んでいるなら、「就活キャリア」を利用してみませんか?

就活キャリアには、国家資格保有者や元人事担当者のアドバイザーがいて、あなたの内定獲得を徹底サポートします。

豊富な内定支援実績からあなたの希望や適性、能力に合った企業を紹介できますよ!

就活相談はオンラインで行っているため、全国どこからでも受け付けています。

無料で利用可能なので、まずは気軽に相談してみてください。

カンタン30秒で登録できる!/

まとめ

この記事では、就活でストレスを感じてしまう原因や限界を迎えたときの対処法、限界を迎えたまま就活を継続した場合の影響を紹介しました。

就活は何かとストレスが溜まることが多く、定期的にストレスを解消して継続していくことが大切です。

もしストレスの限界を感じたら、紹介した7つの対処法から自分に合うものを試してみてください。

ストレスで苦しいと感じたらうまく受け流したり、解消したりして、内定獲得を目指して頑張っていきましょう。

一人で就活を継続するのが難しいなら、就活エージェントの就活キャリアを頼ってみてくださいね。

関連記事一覧