ホワイト業界 文系

文系のあなたにおすすめのホワイト業界9選!探し方から内定を得るコツまで解説 

  • 文系の自分が働きやすいホワイト企業から内定をもらい、入社したい
  • 文系におすすめのホワイト企業が多い業界ってあるの?

このように悩んでいませんか?しかし、文系の人にとって働きやすいホワイトな業界はありますが、その業界の全ての企業がホワイトなわけではありません。

ホワイト業界といってもホワイト企業の割合が比較的多いだけで、企業ごとに見極めることが大切ですよ。

そこでこの記事では、文系のあなたにおすすめのホワイト業界と、ホワイト業界・企業に当てはまる特徴や探し方まで紹介します。

この記事を読めば、ホワイト業界・企業の特徴や見極め方がわかり、内定を得る確率を上げられますよ。

一般的なホワイト企業とは

一般的なホワイト企業

ホワイト企業といっても、一般的にどのような特徴があるのでしょうか?まずは、一般的なホワイト企業の特徴を紹介します。

一般的なホワイト企業の特徴

  • 給与が高い
  • 残業が少ない
  • 福利厚生が充実している
  • 有休を取得しやすい
  • 離職率が低い
  • 女性も活躍している

上記の特徴の詳細は後述しますが、一般的には上記のように社員が働きやすい環境が整っている会社がホワイト企業といえます。

そして、ホワイト企業が比較的多く存在する業界のことを、ホワイト業界と呼んでいます。

どれだけ社員のことを考えているかが大切で、上場企業や大企業=ホワイト企業とは必ずしも言い切れませんよ。 

文系学生が働きやすいおすすめのホワイト業界9選

文系学生におすすめのホワイト業界

「文系の私でも働きやすいホワイトな業界ってあるのかな?」と考え、ホワイト業界を知りたい人が多いと思います。

さっそく、文系学生にとって働きやすいおすすめのホワイト業界9選を紹介します。

おすすめのホワイト業界9選

  1. 化学業界
  2. インフラ業界
  3. 医薬品業界
  4. 自動車業界
  5. 食品業界
  6. 航空・海運業界
  7. 私立大学職員
  8. 地方公務員
  9. 独立行政法人

上記9つの中で興味が持てる業界があったら、その業界について詳しく調べてみましょう。

それぞれ解説します。

1.化学業界

文系学生におすすめのホワイト業界の一つが、化学業界です。

化学業界とは、スマートフォンや電化製品、化粧品などの製品が完成する中で使われる中間材料を作っている業界です。

化学業界のほとんどはメーカーで、合成や分解などの化学反応を利用して製品を開発・製造・販売しています。

化学業界は参入障壁が高く、安定した経営を実現しやすい業界であるため、働きやすく文系の人におすすめですよ。

化学技術は、開発や製造に膨大な時間がかかり、高い技術力や知識が求められます。

したがって、一度新商品が開発されれば長く取引され、長期的に利益を生み出し続けてくれます。

その結果、安定した業績を維持しやすく、待遇の良さにもつながっていますよ。

化学業界の企業はほとんどがBtoB企業なので、土日休みで新規開拓営業の割合も少なく働きやすい環境の会社が多いですね。

化学業界の企業例

  • 三菱ケミカル
  • 三井化学
  • 帝人
  • 東レ
  • 日東電工
  • 旭化成

2.インフラ業界

インフラ業界も文系学生にとって非常におすすめできる業界です。

インフラ業界とは、人が生活するのに欠かせないものを扱う業界で、電力・ガス・鉄道などが挙げられます。

電気やガスはお風呂に入ったり、料理したりするのに欠かせないものであり、電車や新幹線は通勤や通学、お出かけなど移動する際に欠かせないもの。

もし鉄道やガス、電力などがストップしてしまったら生活が成り立たなくなってしまうため、景気に左右されることなく、安定的な経営ができます。

インフラ業界は厳しいノルマもないため、年功序列で長期に渡って在籍すれば、高い給料が期待できるでしょう。

インフラ業界の企業例

  • 東京電力
  • 関西電力
  • 東京ガス
  • JR東日本
  • JR西日本
  • 東急電鉄
  • 小田急電鉄
  • 相鉄ホールディングス

3.医薬品業界

医薬品業界は、文系の学生にとてもおすすめの業界です。医薬品の開発・製造・販売を手掛ける業界で、開発には高い技術力や膨大な投資が必要。

また、医薬品の取り扱いには国からの認可が必要なため、参入障壁が高い業界といえます。

今の日本は高齢化社会で、さらに今後もその状態が続くため、医薬品の需要が高くさらなる需要が見込まれます。

継続的な需要から経営が安定している企業が多いため、年収水準が高い企業が多く、文系だけでなく理系学生からも人気の高い業界ですよ。

医薬品業界に就職する際に文系の人は、営業職や事務職に就くのが一般的です。

医薬品の扱いには専門的な知識が必要となるため、入社してから覚えることも多く、勉強は必須ですよ。

医薬品業界の企業例

  • 武田薬品工業
  • 中外製薬
  • アステラス製薬
  • オリンパス
  • 第一三共
  • 塩野義製薬
  • エーザイ
  • 日本ケミファ

4.自動車業界

自動車業界も文系の人にとっておすすめの業界です。

自動車業界とは、自動車やバイク、バスなどの製造に関わる企業が多く、以下のような分類に分けられます。

  • 素材メーカー
  • 部品メーカー
  • 完成車メーカー

また、自動車の修理やメンテナンス、レンタカーなど自動車に関連したサービスも多く、それらを含めて広く自動車業界と捉える場合もあります。

自動車産業は日本の基幹産業と呼ばれており、電動化や自動運転など今後もますます発展する可能性が高い業界の一つ。

工場で組み立て作業員として働いている人がとても多く、他の業界に比べて労働組合の強さが有名で、待遇が大きく下がる心配はありません。

自動車業界の企業例

  • トヨタ
  • ホンダ
  • 日産
  • スバル
  • デンソー
  • アイシン精機
  • ヤナセ

5.食品業界

食品業界は、ホワイト企業の割合が高く文系の人にもおすすめできます。

なぜなら、食は私たちにとって生きていくうえで欠かせないものであるため需要が安定しており、新規参入がしづらいからです。

たとえば、一つの食品を製造するのにも工場や多くの人員の確保が必要となり、多額のコストがかかるため参入障壁が高くなっています。

サントリーや森永乳業など食品業界の企業は就活生に幅広く知られており、有名企業に入社するのはかなり難しいので、しっかりとした対策が必要ですよ。

ちなみに、食品業界と飲食業界は異なります。飲食業界は、いわゆるファミリーレストランや居酒屋、カフェなどの店舗型のお店などのことを指します。

飲食業界は食品業界と似ていますが、参入障壁が低く、競争の激しい業界となります。

食品業界の企業例

食品業界の企業例

  • 味の素
  • キリン
  • 山崎製パン
  • カルビー
  • 明治
  • 森永乳業
  • 江崎グリコ
  • エバラ食品

6.航空・海運業界

続いて、文系学生におすすめの業界が航空・海運業界です。

航空業界は飛行機を使って人や物資を国内外に運び、価値を提供している業界です。海運業界も船で人や物資を運び、日本の貿易や観光産業を支えています。

航空・海運業界は事業を行うために国からの認可が必要となるため、参入障壁がかなり高いのが特徴ですね。

それにより、新規参入が少なく競争が起こりづらいので、経営も労働環境も安定しています。

現在は新型コロナウイルスの影響により需要が低下していますが、コロナが落ち着けば、需要も安定し経営状況も良くなるでしょう。

航空業界を志望する文系の人は多いですが、海運業界を志望する人は多くないので、穴場といえますね。

航空・海運業界の企業例

  • 全日本空輸(ANA)
  • 日本航空(JAL)
  • スターフライヤー
  • 成田国際空港
  • 日本郵船
  • 商船三井
  • 川崎汽船
  • 明治海運

7.私立大学職員

業界とは異なるかもしれませんが、私立大学の職員も文系の人にとってとても働きやすいホワイトな業界です。

航空・海運業界と同じく認可制となっており、新規参入がしづらく安定性が高いためです。

一定レベル以上の有名大学であれば、今後なくなってしまうなどの心配もなく安定して働けるでしょう。

特に学費の高い私立大学は、待遇と労働環境どちらも充実しているのが特徴です。

サラリーマンとして民間企業に就職するよりも、ハードなノルマや過剰な残業もないので、比較的のんびり働けます。

代表的な私立大学の例

  • 慶応義塾大学
  • 早稲田大学
  • 同志社大学
  • 関西学院大学
  • 上智大学
  • 中央大学

8.地方公務員

業界ではありませんが、地方公務員もホワイトな労働環境のところが多いため、おすすめです。

地方公務員は収入減が税金のため、給与や待遇が安定しています。土日休みが基本なので、プライベートの時間が確保しやすく、有給休暇も取りやすい環境となっています。

公務員は法律で守られているため、大きな不祥事を起こさない限りはクビになることはないので、安定して働けますよ。

安定性を重視する人は、地方公務員を目指すのもいいでしょう。

地方公務員の例

  • 各地域の都道府県庁
  • 各地域の市役所職員
  • 警察官
  • 消防官

9.独立行政法人

こちらも業界ではありませんが、独立行政法人で働くのもおすすめです。 

独立行政法人とは、わかりやすくいうと、国から独立して行政の仕事をする法人のことです。

民間企業が子会社を作り、事業の一部を任せているイメージに近いですね。

政府の管理下にあるので、法人独自の売上に加えて税金も収入源となっているため、経営の安定性が高いことが特徴です。

残業もかなり少なく休みもしっかり取れるので、働きやすい環境で長く働きたい人は、独立行政法人への就職も視野に入れてみましょう。

独立行政法人の例

  • 国民生活センター
  • 大学入試センター
  • 国立美術館
  • 造幣局
  • 国立科学博物館
  • 統計センター
  • 国立印刷局
  • 日本スポーツ振興センター

ホワイト業界・企業に当てはまる特徴8つ

ホワイト業界の特徴

どのような特徴を持っていると、ホワイト業界・企業に当てはまるのか気になる人も多いでしょう。

そこで、ホワイト業界・企業に当てはまる特徴を8つ紹介します。

ホワイト業界・企業に当てはまる特徴8つ

  1. BtoB企業であることが多い
  2. 常に安定した収益が見込める
  3. 参入障壁が高い
  4. 離職率が低い
  5. 有給取得率が高い
  6. 福利厚生が整っている
  7. 残業が多くない
  8. 女性が働きやすい環境が整っている

ぜひ、ホワイト業界・企業を見極める際の参考にしてみてください。

それぞれ解説します。

1.BtoB企業であることが多い

ホワイト業界・企業に当てはまる特徴として、BtoB企業であることが多いです。

BtoB企業とは法人を顧客としてサービスを提供する企業のこと。取引相手が企業のため、一度取引が決まれば長期的な取引が期待できます。

一般の消費者を相手にするBtoC企業に比べて、新規参入が難しく、取引金額も大きいため、安定した経営につながりやすいです。

BtoB企業は取引先の勤務時間が限られるため、土日休みで9〜18時のように決まった勤務時間で働けるのが魅力的ですね。

BtoB企業の多くはメーカーで、優良企業が多く存在します。こちらの記事で、メーカーに就職するなら知っておきたい隠れ優良企業を紹介しているので、気になる人は見てみてください。

メーカーに就職するなら必ず知っておきたい隠れ優良企業20選【探し方も解説】

2022.03.12

2.常に安定した収益が見込める

常に安定した収益が見込める企業は、ホワイト企業である可能性が高いです。

会社の業績が安定していなければ、社員が働きやすいような環境を整えることが難しいからです。

反対にブラック企業は、経営が厳しく安定していないからこそ、社員に対しても還元がなく、サービス残業などを求めてきます。

上記で挙げた9つの業界は、どれも経営が安定している企業が多く存在するため、ホワイト企業の割合が多いですよ。

3.参入障壁が高い

どのような理由であれ参入障壁が高い業界は、ホワイト業界であることが多いです。

参入障壁が高い業界は新規参入が難しいため、ライバルが少なく価格競争が起こりにくいので、業績が安定しやすいことが理由です。

たとえば、航空・海運業界のような国の認可が必要な業界、高い技術力や膨大なコストがかかる食品業界、インフラ業界、医薬品業界が挙げられますよ。

逆に参入障壁が低い業界は、新規参入が簡単でライバルが多くなるため、価格競争や顧客の取り合いが激しくなります。

そうなると企業の利益が下がるので、経営が安定しにくく、社員への還元が難しくなります。

4.離職率が低い

ホワイト企業の大きな特徴に離職率の低さがあります。

離職率が低いということは、職場の雰囲気が良く働きやすい環境である可能性が高いです。

なぜなら、働きやすい環境が整っている企業は「やめたい」と感じる人が少ないため、それが離職率の低さに表れるからです。

もちろん職場環境とは関係なく、家庭や個人の事情で退職する社員も一定数いるでしょう。

しかし全体的に見ると、従業員にとって不満の多い企業であれば離職率が高く、不満の少ない企業であれば離職率が低くなります。

新卒社員の平均離職率は、30%前後といわれているため、平均よりもかなり低ければ、ホワイト企業である可能性が高いです。 

企業の採用ページやマイナビ、リクナビなどで離職率が公表されていることがあるので、興味のある企業の離職率をチェックしてみましょう。

5.有給取得率が高い

ホワイト企業の多くは、有給休暇の取得率が比較的高い傾向にあります。

有給取得率が高いということは、社員のプライベートの充実につながり、結果としてやめたいと感じにくい職場といえます。

つまり有給取得率が高い企業は、従業員を大切にし、休暇の申請を出しやすい人間関係や社風が築けている企業だと推測できますね。

逆に有給取得率の低い企業は、忙しくて人も足りず、休暇の申請がしづらいような働きにくい環境である可能性があるでしょう。

6.福利厚生が整っている

ホワイト企業の多くは、福利厚生が整っています。 

特に通勤手当や家賃補助などが有名です。他にも産休・育休や特別休暇(誕生日、結婚)、書籍購入補助などさまざまあります。

福利厚生が整っていることで、月の出費が抑えられ生活に余裕が出てくるようになるため、福利厚生の充実度は気になるポイントでしょう。

もし業界全体で福利厚生が整っている企業が少なければ、ホワイト企業が少ない可能性があります。

企業の福利厚生は企業のホームページやマイナビ、リクナビなどのナビサイトに載っているので、ぜひ、自分が興味のある企業をチェックしてみましょう。

7.残業が多くない

残業が少ないこともホワイト企業に当てはまる特徴です。

残業が少ないことで、プライベートの時間が確保しやすくなり、社員の離職率も自然と低くなります。

2023年1月6日に発表された厚生労働省の調査によると、一般労働者の時間外労働の平均は14.3時間で、日本全体の残業時間の目安になるでしょう。 

ブラックな体質の企業は人手が不足してることが多く、残業をしないと仕事が終わらないため、必然的に残業しなければならなくなります。

また、ビジネスモデル上、人のマンパワーが要となる仕事は残業が求められる傾向にあります。

残業が多い業界の一例を挙げます。

  • 建設業界
  • コンサルティング業界
  • 広告業界
  • IT業界

上記の業界は人手も多く必要であり、仕事量も多いため、残業が多くなりがちですね。

8.女性が働きやすい環境が整っている

女性が働きやすい環境が整っていることも、ホワイト企業に当てはまります。

産休・育休制度や子育てで忙しい時期のために設けられている、時短制度などがあります。

女性は結婚や出産のタイミングで、キャリアの中断を余儀なくされることがほとんど。

ホワイト企業は優秀な人が長く活躍できるようになってもらうために、女性の働きやすさに力を入れているのです。

また、管理職に占める女性の割合も確認しておくと良いですよ。

業界全体で管理職に就く女性が少なければ、女性にとって働きにくい仕事環境である可能性もあるでしょう。

ホワイト業界の中の優良企業の探し方5つ

ホワイト業界の探し方

ホワイト業界の中でも優良企業を効率的に探したい人も多くいますよね。

ここでは、ホワイト業界の中の優良企業の探し方を5つ紹介します。

  1. 就職四季報をチェックする
  2. 「ホワイト企業認定」から探す
  3. 「健康経営優良法人」から探す
  4. 逆求人型就活サイトでオファーをもらう
  5. 就活エージェントに優良企業を紹介してもらう

自分で探すのは時間もかかってしまうため、上記の方法で優良企業を効率的に探していきましょう。

それぞれ解説します。

1.就職四季報をチェックする

ホワイト業界の中の優良企業を探す際に、東洋経済新報社が出している就職四季報から企業情報をチェックするのがおすすめです。

就職四季報には、従業員数や離職率、有給消化率、残業時間など企業が開示している情報を中立の立場でまとめられています。

上記のように、さまざまな情報がたくさん載っており、一冊で知りたい情報が網羅されているので、優良企業を見極めるために重宝するでしょう。

一冊2,160円(税込み)と安く、企業研究の際にも役立つので、興味がある人はぜひ購入してみましょう。 

2.「ホワイト企業認定」から探す

優良企業を探す際に、一般財団法人日本次世代企業普及機構(通称:ホワイト財団)が認定した「ホワイト企業認定」から探すのも効果的です。

ホワイト企業認定

画像引用:一般財団法人日本次世代企業普及機構

2023年1月時点では、累計335社が認定を受けており、上記の3つの観点からホワイト企業であるかどうかをチェックしています。

経営的にも安定しており、従業員が安心して働きがいを持って働ける企業が集まっていると考えられますね。

3.「健康経営優良法人」から探す

経済産業省が認定を行っている「健康経営優良法人」をチェックすることで、効率的に優良企業を探せます。

健康経営優良法人制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

引用:健康経営優良法人認定制度|経済産業省

2022年には大規模法人部門で2,229社、中小規模法人部門で12,255社が認定されています。

大企業と中小企業でそれぞれ社会的に評価されている企業が知れるので、優良企業を探す際の参考にしてみましょう。

4.逆求人型就活サイトでオファーをもらう

逆求人型就活サイトに登録することで、あなたを採用したいと考えるさまざまな企業からオファーが来ます。 

逆求人型就活サイトとは、企業があなたのプロフィールを見て、説明会や選考の案内をするタイプの就活サイトのこと。

大手企業だけでなくベンチャー企業も多く存在しており、あなたから企業を探さなくても、優良企業からオファーをもらえ、選考に進めるでしょう。

中には選考の優遇をしてもらえる可能性もあります。

現在は逆求人型の就活サイトが複数あるため「どれを選べばいいのかわからない」という人もいるでしょう。

もしサイト選びに悩んでいるのであれば、「OfferBox」を検討してみてはいかがでしょうか?

OfferBoxは無料の逆求人型就活サイトです。

企業がオファーできる就活生の数が制限されているため、本当に企業が望んでいる人材にしかオファーできないような仕組みになっています。

プロフィールを作成するだけで、選考のオファーが届くので、ぜひ登録してみてください。

\今すぐ内定獲得!/

5.就活エージェントに優良企業を紹介してもらう

就活キャリア

最後に、就活エージェントから紹介してもらうといった方法で優良企業を探すのも効果的ですね。

就活エージェントは、プロの就活アドバイザーがマンツーマンであなたをサポートしてくれるサービス。

就活に関する相談やエントリーシートの添削、面接の練習を行ってくれます。

しかし、「就活エージェントといっても多くてどれを選べばいいかわからない」という人もいると思います。

選び方に悩んでいるなら、「就活キャリア」を利用してみませんか?

就活キャリアには、国家資格保有者や元人事担当者のアドバイザーがいて、あなたの内定獲得を徹底サポートします。

豊富な支援実績からあなたの希望や適性、能力に合った優良企業を紹介できますよ。

就活相談はオンラインで行っているため、全国どこからでも受け付けています。

無料で利用可能なので、まずは気軽に相談してみてください。

カンタン30秒で登録できる!/

文系学生がホワイト企業から内定を得るコツ3つ

ホワイト企業から内定を得るコツ

「ホワイト企業から内定が欲しい!」と強く望む人も多いでしょう。

そこで、文系学生がホワイト企業から内定を得るコツを3つ紹介します。

文系学生がホワイト企業から内定を得るコツ3つ

  1. その業界・企業を志望する理由を明確に伝える
  2. 自分が志望する職種について理解を深める
  3. 面接の場数を踏んでおく

ホワイト企業は倍率が高いことが多いので、上記を意識して他の就活生より早く内定を獲得していきましょう。

それぞれ解説します。

1.その業界・企業を志望する理由を明確に伝える

ホワイト企業から内定を得るには、その業界・企業を志望する理由を伝えることがコツです。

面接官は同じ業界でも「なぜ他社ではなくうちの会社を志望するのか」ということを重視しています。

したがって、志望動機として同業他社でも当てはまる理由を伝えてしまうと「他の会社でもいいのでは?」と志望度が低いと思われてしまいます。

採用担当者が求めているのは「自社」への入社意欲が高い学生なので、その業界の中でもなぜ御社なのかを伝えられるようにしましょう。

そのためには、徹底的な自己分析と企業研究が欠かせません。

自己分析と企業研究ができていないと、自分の強みがその企業でどのように活かせるかというアピールの内容が浅くなってしまいます。

企業研究でその企業にしかない魅力を見つけ、求める人物像に当てはまるアピールをできるようになりましょう。

ただ企業研究のやり方がわからない人もいるでしょう。こちらの記事で、企業研究のやり方や効率的に進めるコツを紹介しているので、企業研究の際の参考にしてみてください。

すぐできる!企業研究のやり方と意識すべきポイント3つを徹底解説

2023.01.20

2.自分が志望する職種について理解を深める 

自分が志望する職種について理解を深めることも大切です。

業界・企業研究とあわせてその職種ではどのような業務を行い、どのようなスキルが求められるのかを把握しておきましょう。

職種への理解が深まることで、面接官により刺さるアピールが理解できるようになります。

OB/OG訪問やインターネットで、職種への理解を深めておきましょう。ESや面接でのアピールにも役立ちますよ。

OB/OG訪問をやろうと思っても、やり方がわからない人もいるでしょう。

こちらの記事で、OB/OG訪問の具体的なやり方や質問リスト30選を紹介しているので、あわせて見てみてください。

【OB訪問に絶対行くべき理由】メリット・質問リスト30選

2021.05.10

3.面接の場数を踏んでおく

志望する企業から内定を得る確率を上げるためには、なんといっても面接への慣れが重要です。

面接は、普段ではなかなか経験しないような雰囲気で進み、慣れるまで本来の実力を出すのが難しくなります。

何が質問されるかも本番になってみないとわからないため、慣れていないと自信を持ってハキハキ話せません。

だからこそ、場数を踏み面接独特の雰囲気や進め方に慣れていくことで、本来の実力を発揮しやすくなるのです。

そのため、志望度の高い企業ほど、面接に慣れてから臨むほうが賢いやり方といえますね。

中には、面接が苦手でどうやって乗り切ればいいか不安な人もいるでしょう。

こちらの記事で、面接が苦手な人向けにパターン別の対策方法を紹介しているので、面接対策の参考にしてみてください。

たったこれだけで面接の苦手意識は克服できます!パターン別対策法を解説

2021.05.03

自分に合った企業に就職することが大切

自分に合う企業への就職が大切

就活生のあなたに一番伝えたいことは、自分に合った企業に就職するのが大切だということです。 

一口にホワイト企業といっても、人によって価値観やホワイトと感じる基準は異なります。

ホワイト企業といっても世の中にはいろいろな会社があるため、自分に合った企業を見つけて就職することが大切です。

自分に合った企業を見つけ、その企業に入社できれば、豊かな社会人生活を過ごせるようになるでしょう。

たとえ誰もが羨む企業に入れたとしても、自分の価値観や性格などに合わなければ、辛くなってしまうものです。

まとめ

この記事では、文系におすすめのホワイト業界とホワイト業界・企業に当てはまる特徴、探し方まで紹介しました。

文系学生にとっておすすめのホワイト業界を説明しましたが、ホワイト業界だからといって業界内の全ての企業がホワイトとはいえません。

有給取得率や離職率などの指標を参考にしながら、企業を見極めるようにしましょう。 

また、ホワイト企業といっても自分の価値観や性格に合う企業でなければ、辛くなってしまいます。

自分に合う企業を見つけるという意識で就職先を探すようにしましょう。

関連記事一覧